新着情報更新中! 詳しくはこちら

2021 ホンダ 新型 PCXとリード125 それぞれの魅力を比較してみました!

ホンダの125ccスクーターを代表するPCXとリード125、スペックや機能性、走りの違いや両車の魅力をくらべてみました

PCXリード125は両車とも上質なスタイリングと機能性をもち、人気を二分するホンダの125ccスクーターです。

PCXは2021年モデルが発売され、新eSP+エンジンに新フレーム、トラクションコントロールシステムの初搭載など、さらに進化したモデルになり注目をあつめています。

一方、リード125は2021年モデルの発表はありませんが、2020年に受注期間限定モデルの設定によりカラーバリエーションがふえ、洗練されたスタイリングと実用性の高さで人気を保持しています。

ホンダを代表する、この2つの125ccスクーターの魅力はどこにあるのか?それぞれの特徴や違いなど、個人的見解も含みますが比較してみました。

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後にはPCXとリード125の違いや魅力がわかるはずです。

目次

2021 PCX & リード125 カラーとスタイリング

PCX & リード125 カラー

PCX (2021年モデル)

左からマットディムグレーメタリックキャンディラスターレッド

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

左から

ポセイドンブラックメタリックパールジャスミンホワイト,

マットコスモシルバーメタリック(下)

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

リード125 (2020年モデル)

マットギャラクシーブラックメタリック
受注期間限定モデル:受注期間 2019.12.20~2020.3.31.

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

ツートンカラー
左からパールダークアッシュブルー, ポセイドンブラックメタリック
パールメタロイドホワイト(下)

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

スタンダード

左からキャンディラスターレッド, ランベントシルバーメタリック

パールメタロイドホワイト(下)

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

PCXとリード125のカラーの違いは?
PCXの2021年モデルカラーは、125cc専用色のマットコスモシルバーメタリックをはじめ、全5色展開になりました。

リード125は、2020年の受注期間限定モデルのマットギャラクシーブラックメタリックと、スタンダード&ツートンモデルは全6色展開でカラーバリエーションが豊富なのが特徴です。

PCX & リード125 スタイリング

PCX(2021年モデル) & 右リード125(現行モデル)

PCXとリード125のスタイリングの違いは?
・両車のスタイリングは大きく異なり、PCXは新しいヘッドライトとウィンドスクリーンを装備したゴージャスなフロントカウルが目を引きます。フットスペースも前にも足が伸ばせ、長距離走行でも快適でリラックスした走行ができます。

リード125は、フロントはスクーターらしいシンプルなヘッドライトと、スリムなカウルにポジションランプとウィンカーを備えたシンプルでスマートな印象です。フットスペースは、足元に荷物を置ける便利なフラットボードを採用しています。

2021 PCX & リード125 発売日

*PCX
発売日2021年1月28日

*リード125
発売日2019年10月1日

受注期間限定モデル(受注期間 2019.12.20~2020.3.31.)
発売日2020年1月17日

2021 PCX & リード125 価格

*PCX
価格357,500円(税込)

*リード125
期間限定モデル&ツートンモデル
価格319,000円 (税込)

スタンダードモデル
価格315,700円(税込)

2021 PCX & リード125 スペック

車種名 (型式)PCX125
 (2BJ-JK05)
リード125
(2BJ-JF45)
発売年月2021.1.2019年10月
限定モデル:2020年1月
仕様国内国内
全長×全幅×全高(mm)1,935x740x1,1051,840x680x1,130
軸間距離(mm)1,3151,275
最低地上高(mm)135140
シ-ト高(mm)764760
車両重量(kg)132114
エンジン型式・種類水冷4ストローク
SOHC4バルブ単気筒
水冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cc)124.8124
ボア x ストローク(mm)53.5x55.552.4x57.9
最高出力9.2kW[12.5ps]/8,750rpm8.3kW[11PS]/8500rpm
最大トルク12N・m[1.2kgf・m]
/6,500rpm
11N・m[1.1kgf・m]
/5000rpm
燃料タンク容量(L)8.16.0
変速機形式無段変速式VマチックVベルト無段変速
タイヤ 前110/70-14M/C 50P90/90-12 44J
タイヤ 後130/70-13M/C 63P100/90-10 56J
ブレーキ形式 前220mm油圧式ディスク
+2ピストンキャリパー
油圧式ディスク
ブレーキ形式 後220mm油圧式ディスク機械式リーディングトレーリング
フレーム形式アンダーボーンアンダーボーン
燃費
(WMTCモード値)
47.4km/L50.0km/L
燃費
(60km/h定地燃費値)
55.0km/L (2名乗車時)52.2 km/L (2名乗車時)
スポンサーリンク

2021 PCX & リード125 気になる部分の違いは?

フロント部分とライト類

PCXは、新パネルで防風性の高いウィンドスクリーン5本の光ラインのポジションランプが採用されたフロントフェイス、立体的に光るX字型のテールランプとともにデザイン性・視認性/被視認性をかねそろえ、ロングツーリングにも対応しています。

リード125にはウィンドスクリーンの装備はありませんが、ヘッドライトとポジションランプが独立し、スマートで洗練されたフロントフェイスになっており、シャープでコンパクトなテールランプとともにLEDが採用されています。PCXよりも車幅もせまくフロントが軽いため、切り返しが楽にできます。

メーターとハンドルまわり

*メーター

PCXは、左右にウィング状に広がる反転液晶デジタル表示のメーターです。ワイドな画面で大きなフォントのスピードメーター、その下のバーグラフのタコメーター、走行距離やトリップメーター、燃料計などの必要な情報を見やすく表示します。

リード125は、アナログ表示のスピードメーターを中心にデジタル表示には燃料系と時計、オド、トリップメーターなどをシンプルに表示し、エンジンオイル交換時期の設定機能もついています。

両方とも形は違いますが、ウィンカーは緑のライト表示でわかりやすく消し忘れ防止になります!

*ハンドルまわり

・PCXとリード125には、バッテリーの充電状態が低下している場合に、自動的にオフとなる機能などが追加されたアイドリングストップ機能が装備されています。

アイドリングストップ機能とは?
信号待ちなど停車時の燃料消費、騒音、排出ガスを抑え、燃費アップと同時に環境にもやさしいシステム。
右ハンドルのスイッチでシステム稼働のON/OFF切り替えができ、電子制御式ACGスターターによって、アイドリングストップモードの停車時からでも静かでスムーズな発進が可能です。

また、バッテリーの電圧を監視し、電圧が一定以下の時は自動でシステム稼働をOFFとする機能を備えています。

PCXはクロムメッキのハンドルバーには、ラバーマウントされたハンドルホルダーが採用されています。手に伝わる振動を軽減し快適な走行に貢献しています。

シート & ラゲッジボックス、そのほかの装備

*シートとラゲッジボックス
PCXのシート長時間の走行に対応できるように、座面の自由度とクッション性があります。シート下のラゲッジボックス30Lを確保し、ヘルメットホルダーが2か所ついています。

リード125のシートはワンタッチで開けられるシートオープナースイッチが設けられています。長時間の走行に対応できるクッション性はあまりないようですが、日常使用では問題のない乗り心地です。

シート下のラゲッジボックスは37Lを確保し、フルフェイスのヘルメットが2個、B4サイズのバッグも収納できる余裕のスペースで、普段の通学やビジネスユースを中心に考えられています。

*その他の装備
PCX
フューエルタンクの容量は8.1Lで、タンクふたには給油時にタンクキャップを固定できるような便利なスペースがもうけられています。

・バイクに近づくとイグニッションとシート、およびオプションの35Lトップボックスのロックが解除され、離れると再びロックされるスマートキーを装備しています。

・500mlのペットボトルが収まるハンドル左下のフロントインナーボックスには、USBType-C充電器を内蔵。スマホに直接充電ができ、ほかの機器への給電にも利用可能です。

リード125
・メーター下の中央には、買い物袋やバックをさげられるリング状の大型フックを装備し、足元のフラットボードにも荷物を置けるスペースを確保されているのは、リード125ならではの利便性です。

・フック下にはスライド開閉式の燃料タンクリッドを配置。シャッター付キーシリンダー連動でワンタッチで開けられ、給油が楽にできます。

ワンタッチ開閉式のフロント左側のインナーボックスには、500mlのペットボトルがおさまり、スマートフォンが充電できる12Vの電源ソケットを装備しています。

リアキャリアが標準装備されています。

PCXは先端の装備を搭載し幅広い目的に対応しています。リード125は日常使用をメインに実用的な装備となっていますが、ラゲッジボックスの大容量とリアキャリアの装備のおかげで、荷物をたくさん積めるのはリード125の魅力です!

エンジン

*PCXのeSP+エンジン
・PCXは、2バルブから4バルブヘッドになった水冷単気筒eSP+エンジンを搭載。これまで以上にパワフルでスムーズな走りを実現し、低燃費・環境性が向上しています。ボア径を拡大しストロークをショート化され、最大トルク回転数が上がっています。

そのため発進から鋭い立ち上がりで、メリハリのあるキビキビとしたスポーティーな走りと、軽量で高剛性の新フレーム採用により乗り心地も改善され、日常からロングツーリングでも快適な走行を楽しめます。

*リード125のeSPエンジン
・リード125は、水冷4ストロークOHC単気筒 eSPエンジンを搭載し、PCXと同様に静かで低振動優れた燃費・環境性を保持しながら低・中速域に強い出力特性で街乗りに最適な設定になっています。

足まわり

PCXの足まわり
フロントは14インチ、リア13インチのタイヤを採用し、剛性バランスの取れたサスペンションとともに凸凹路面での衝撃吸収性のよさと安定した走りを実現しています。

ブレーキディスクがリアにも採用され、1チャンネルのフロントにABSを装備ホンダ セレクタブルトルクコントロールシステム(HSTC)を新たに採用したことで、十分な制動性と安全性が高くなっています。

*リード125の足まわり
フロントは12インチ、リア10インチのタイヤを採用。せまい場所でも切り返しがしやすく、PCXよりもコンパクトで車重が軽いため取り回しも楽です。

・ブレーキはフロントにはシングルディスクを採用。左ハンドルレバーの操作で、前後輪に制動がかかるHonda独自のブレーキシステム”コンビブレーキを搭載しています。

PCXフロントにABS装備とともにトラクションコントロールシステムがはじめて導入され制動性が高くなり、さまざまな路面状況やロングツーリングでも安定性と安心感があります。

リード125はPCXほどの足まわりの装備はありませんが、街乗りや日常の使用では十分な制動性があり、取り扱いやすくハンドリングのイージーさが利点です!

2021 PCX & リード125 足つき

PCX 足つき 

👆ツイッター上でのPCX(旧モデル)の足つき情報になります。シート高は764mm(旧モデルも同じ)です。

リード125 足つき

身長:158㎝.股下:73cm

👆ツイッター上でのリード125の足つき情報になります。シート高は760mmです。

2021 PCX & リード125 燃費

PCX 燃費

新型PCX125の燃費は47.6㎞/L(WMTCモード値)とされ、旧モデルより若干落ちています。タンク容量は8.1Lになります。航続距離をWMTCモード値で計算すると、航続距離は約385㎞になります。

リード125 燃費

リード125の燃費は50.0㎞/L(WMTCモード値)とされ、タンク容量は6.0Lになります。航続距離をWMTCモード値で計算すると、航続距離は約300kmになります。

両車両とも通勤に使ったり、普段使用からツーリングまで十分な燃費です。

スポンサーリンク

2021 PCX & リード125 最高速度

PCX 最高速度

旧モデルのPCX125の海外動画ですが、最高速度メータ読みで67mph(107km/h)ぐらいです。動画開始から21秒付近で到達しています。新モデルも同程度と思われます。参考程度に観てください

リード125 最高速度

海外動画ですが、最高速度メータ読みで110㎞/hぐらいです。GPSで106㎞/hぐらいですね。動画開始から52秒付近で到達しています。参考程度に観てください

2021 PCX & リード125 おすすめカスタム

おすすめのカスタムパーツ(バイクカバー含む)は以上になります。汎用の商品もありますので、購入される場合は再度確認してくださいね。

まとめ

ホンダを代表する125ccスクーターのPCXとリード125は、スタイリングも装備も異なる両車ですが、どちらもユーザーの目的に存分に応えてくれるバイクです。

通勤など日常使用を中心に週末にもちょっと遠乗りも楽しむならば、実用性の高いリード125なのか?普段使いはもちろん、ロングツーリングでも快適に走りたいなら、やはりPCXかな?と、迷いますね。

迷ったらまずは試乗ですね!乗り心地やサイズ感は店頭で確かめたいところです。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。





スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる