新着情報更新中! 詳しくはこちら

2021 ヤマハ MT-07 ABS 新型発表! 発売は2021年の春以降!?

スポンサーリンク

ヤマハがMT-07 ABS2021年モデル2020年11月4日に発表しました。2021年は2年ぶりのマイナーチェンジとなり、CP2(クロスプレーン、コンセプトの2気筒)エンジンの特性はそのままで、新しいデザインを採用しています。欧州から発売され、日本での発売は2021年春以降になりそうです。

目次

ヤマハ MT-07 ABS 新型 欧州カラー

ストームフルオ (Storm Fluo)


アイコンブルー (Icon Blue)


テックブラック (Tech Black)

引用元: yamaha motor eu URL https://www.yamaha-motor.eu/gb/en/

欧州モデルのカラーが、そのまま日本で発売されるかは未定です。

2021 ヤマハ MT-07 ABS 新型のスペック

車種名MT-07 ABS
仕様海外
全長×全幅×全高(mm)2085×780×1105
軸間距離(mm)1400
最低地上高(mm)140
シ-ト高(mm)805
車両重量(kg)184
乗車定員(名)2
エンジン種類水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量(cm³)689
最高出力54kW(73.4PS)/8750rpm
最大トルク67N・m(6.8kgf・m)/6500rpm
燃料タンク容量(L)14
変速機形式6速リターン
タイヤ 前120/70 ZR 17M/C 58W
タイヤ 後180/55 ZR 17M/C 73W
ブレーキ形式 前298mmダブルディスク
ブレーキ形式 後245mmシングルディスク
フレーム形式ダイヤモンド
燃費38.4km/L

2021 ヤマハ MT-07 ABS 新型の変更点





引用元:YAMAHA URL https://global.yamaha-motor.com/jp/

・スタイリングの変更(2020年10月28日に発表された、新型のMT-09と共通の新しいデザイン)
・EURO5に対応したエンジンに改良
・エアダクト、排気系の仕様を変更
・一体型の2into1エキパイ・マフラーが採用
・ECU仕様変更
・FIセッティング最適化
・耐摩耗性に優れたバルブシート採用(排気側)
・ミッションのドッグ角変更
・触媒位置の変更
・O2センサー位置の変更
・アルミ製テーパーハンドルを採用(幅が32mm広くなり、高さも12mm高くなる)
・燃料タンクカバー周りのデザインを変更
・フレームカバーをアルミダイキャストから樹脂製に変更
・ニーグリップ部の形状も変更
・バイファンクションLEDヘッドランプ(初のLEDの採用)

まとめ

デザインをはじめ変更点が多く、公式ではマイナーチェンジとされていますが、モデルチェンジ的な感じです。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。



この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる