新着情報更新中! 詳しくはこちら

2021 ヤマハ YZF-R3とYZF-R25 新型 カラー スペックなど最新情報です!

2021年モデルのYZF-R3YZF-R25のカラーやスペックなどの基本情報、中古情報やおすすめのカスタムをお伝えします

2015年にグローバルモデルとして初登場したヤマハのYZF-R3、前年に登場したYZF-R25はともに車格とスタイリングは同一ですが、排気量(YZF-R3:320ccYZF-R25:249cc)と6段リターンギア比の違いがあります。

YZF-R3は市街地から高速道路まで幅広いシーンでゆとりの加速フィールを楽しめるモデルで、YZF-R25はパワフルな出力性でもあつかいやすい、”毎日乗れるスーパースポーツ”という位置づけになっています。

2019年モデルはカウルデザインの変更や倒立フロントフォークの採用など、大きくマイナーチェンジを受け、2020年モデルはカラーやグラフィックの変更を受けています。

そして早くも2021年モデルが発売となりますが、ニューカラーの登場でさらにスポーティさに磨きがかかった印象です!

YZF-R3YZF-R25の2021年モデルのカラーやスペックなどの基本情報、中古情報やおすすめのカスタムをお伝えします。

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後にはYZF-R3とYZF-R25のことがかなりわかるはずです。

目次

2021 YZF-R3 / YZF-R25 ABS カラー

左からYZF-R3、YZF-R25
シアンメタリック6 (シアン) 新色


マットダークグレーメタリック8 (マットダークグレー) 新色


ディープパープリッシュブルーメタリックC (ブルー) 継続色

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURLhttps://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

・2021年モデルのカラーは両車とも3色展開ですが、2020年モデルのマットシルバーとマットブラックがなくなり、シアンメタリックマットダークグレーメタリックがニューカラーとして加わり、ディープパープリッシュブルーメタリックは継続色となりました。

シアンメタリックは、ボディのグラフィックと赤のホイールが目立ち、これまでにない斬新なカラーリングでよりスポーティな印象になっています。

2021年モデルからABS非搭載モデルはなくなり、YZF-R3/YZF-R25ともにABS標準装備モデルのみになります。

2021 YZF-R3 / YZF-R25 発売日

発売日2021年1月15日

2021 YZF-R3 / YZF-R25 価格

*YZF-R3 ABS
価格687,500円(税込)

*YZF-R25 ABS
価格654,500円(税込)

2021 YZF-R3 / YZF-R25 スペック

車種名 (型式)YZF-R3 (2BL-RH13J)YZF-R25 (2BK-RG43J)
発売年月2021.1.2021.1.
仕様国内国内
全長×全幅×全高(mm)2,090x730x1,1402,090x730x1,140
軸間距離(mm)1,3801,380
最低地上高(mm)160160
シ-ト高(mm)780780
車両重量(kg)170170
乗車定員(名)2
エンジン種類水冷4ストローク
DOHC4バルブ直列2気筒
水冷4ストローク
DOHC4バルブ直列2気筒
総排気量(cm³)320249
最高出力31kW[42PS]/10,750r/min26kW[35PS]/12,000r/min
最大トルク29N・m[3.0kgf・m]/9,000r/min23N・m[2.3kgf・m]/10,000r/min
始動方式セルフ式セルフ式
点火装置形式トランジスタ式トランジスタ式
燃料タンク容量(L)1414
変速機形式常時噛合式6速リターン式常時噛合式6速リターン式
変速比1速:2.500 2速:1.823 3速:1.347
4速:1.086 5速:0.920 6速:0.800
1速:2.666 2速:1.882 3速:1.454
4速:1.200 5速:1.037 6速:0.920
タイヤ 前110/70R17M/C(54H)
(チューブレス)
110/70-17M/C(54S)
(チューブレス)
タイヤ 前140/70R17M/C(66H)
(チューブレス)
140/70-17M/C(66S)
(チューブレス)
ブレーキ形式 前油圧式シングルディスク油圧式シングルディスク
ブレーキ形式 後油圧式シングルディスク油圧式シングルディスク
フレーム形式ダイヤモンドダイヤモンド
燃費
(WMTCモード値)
27.6km/L27.2km/L
燃費
(60km/h定地燃費値)
41.3km/L (2名乗車時)37.7km/L (2名乗車時)
スポンサーリンク

2021 YZF-R3 / YZF-R25 気になる部分

フロント部分とライト類

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURLhttps://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

・ヤマハ MotoGPマシンの最高峰、YZF-R1を彷彿とさせるフロントマスク鋭い目つきのヘッドライトが戦闘的な印象になっています。

・フロントマスクのM字型センターダクトは、走行風をラジエーターに送り込むことで冷却効果に貢献します。
また、カウルに装着されたクロスレイヤードウィングにより、走行風を後方に逃がし空気抵抗を減らすことで、エンジンを効果的に冷却します。

サイドカウルの後方にもウィングが設けられ、ダウンフォースをもたらします。

ヘッドライト、テールランプはLED採用ウィンカーはクリアレンズ仕様で、明るさと視認性・被視認性ともに十分に確保されています。

ハンドルまわりとメーター


引用元:YAMAHA バイク・スクーターURLhttps://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

YZR-M1を思わせる肉抜き加工を施したハンドルクラウンは、アルミ鋳造製

エンジンスタートとキルスイッチが兼用になっているMT-07と同様のコンパクトなスイッチボックスハザードランプも装備し、クラッチ操作も軽く操作しやすくなっています。

・メーターは、バーグラフタイプのタコメータースピードメーター、燃料計、シフトタイミングインジケーターなどすべて液晶フルデジタル表示で、必要な情報をわかりやすく表示してくれます。

ライディングポジション
ハンドルはトップブリッジ下にマウントされ、2018年モデルと比較すると22mm低く設定されていますが、比較的手前に位置しているため、きつい前傾姿勢にならずに自然で楽なライディングポジションがとれます。

・スポーツ走行の際はステップの位置が少し後方にあったほうがよいという意見もあります。100km/h以上の高速ロングツーリングは少しきついかもしれませんが、低~中速域での走行での扱いやすさと快適性優れたハンドリング性能を発揮します。

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURLhttps://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

フレームと倒立フォーク

ダイヤモンドフレームの採用により、Φ35mmのメインフレームは軽量かつ優れた剛性バランスを持ち合わせています。

Φ37mm径インナーチューブの倒立式フロントフォークは高剛性で、バネ下重量の軽減化に寄与しています。
これにより旋回時やブレーキング時のハンドリングが良好で、フロントタイヤの接地感がよくなっています

タンクとシート

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURLhttps://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

・樹脂タンクカバーの形状はシャープで、ニーグリップしやすい窪みのあるデザインになっています。キャップ位置も2018年モデルよりも20mm低くなっていることでストレートでの伏せやすさホールド性スポーティな走行に貢献しています。

・スリム形状のシート高は780mmに抑えられていて、足つき性も良好です。

エンジン

*上写真はYZF-R25になります。
引用元:YAMAHA バイク・スクーターURLhttps://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

YZF-R3のエンジン特性
320cm³水冷DOHC直列2気筒4バルブエンジンを搭載

倒立フォークとラジアルタイヤのバランスが良く路面接地感がアップ、コーナリング走行でも軽快でハンドリングと良好な乗り心地を実現しています。

・全回転域でのレスポンスがよく、市街地での低~中速走行から高速域でのスポーツ走行まで、オールラウンドに楽しめるのがYZF-R3の魅力です。

YZF-R25よりももう少しパワーが欲しい、ワインディングでの積極的な走りを楽しみたい人にはYZF-R3がおすすめです!

YZF-R25のエンジン特性
249cm³水冷DOHC直列2気筒4バルブエンジンを搭載

・”毎日使えるスポーツバイク”として市街地での走行を中心に、乗りやすさと扱いやすさにフォーカスされているので、低~中速域での安定した走りと快適性を実現しています。

・直進でのパワフルな立ち上がりをみせるCBR250RRなどのSSと比べるとパワーは劣りますが、レスポンスの良さ高回転域での加速性が良いため、ワインディングではキビキビとした走り軽快なハンドリング性を発揮します。

SSビギナーには扱いやすくて乗りやすいバイクです!

足まわり

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURLhttps://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

・左右非対称のテーパー形状のロングリアアーム路面追従性の高さを確保し、リアモノクロスサスペンションとともに乗り心地の良さと幅広いライディングシーンに柔軟に対応します。

ブレーキは、フロントはΦ298mmディスクと片押し式2ピストン、リアはΦ220mmディスク片押し式1ピストンのブレーキを採用ABSを標準装備しています。

YZF-R3とYZF-R25の足まわりの違い👇

YZF-R3はラジアルタイヤYZF-R25はバイアスタイヤを装備

左はYZF-R3のヒールプレート、YZF-R25(右)は軽量化のため肉抜き加工
が施されています。

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURLhttps://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

2021 YZF-R3 / YZF-R25 燃費

YZF-R3の燃費は走り方にもよりますが実燃費で約25~30㎞走ります。タンク容量は14Lになります。単純計算で、航続距離は約350~420㎞になります。

YZF-R25の燃費は走り方にもよりますが実燃費で約20~30㎞走ります。タンク容量は14Lになります。単純計算で、航続距離は約280~420㎞になります。

普段使用からーリングまで十分な燃費といえそうです。

2021 YZF-R3 / YZF-R25 足つき

👆ツイッター上でのYZF-R3 / YZF-R25の足つき情報になります。シート高は両車780mmです。

2021 YZF-R3 / YZF-R25 最高速度

YZF-R3の最高速度(サーキット走行)はメーター読みで180㎞/h(動画再生から1分57秒付近)になります。実速度は165㎞/hです。参考程度にご覧ください

YZF-R25の最高速度(サーキット走行)はメーター読みで177㎞/h(動画再生から2分32秒付近)になります。実速度は164㎞/hです。参考程度にご覧ください

YZF-R3 / YZF-R25 中古情報

YZF-R3中古は2018~2020年モデルの走行距離5000㎞以内で総支払額58~65万ぐらいです。(2021.1月 グーバイクさんでの検索情報です)

新車だと687,500円(税込)+αです。(定価購入の場合)

YZF-R25中古は2018~2020年モデルの走行距離5000㎞以内で総支払額55~65万ぐらいです。(2021.1月 グーバイクさんでの検索情報です)

新車だと654,500円(税込)+αです。(定価購入の場合)

👇グーバイクさんの検索リンクになります。
https://www.goobike.com/index.html?_ga=2.228935964.1020477933.1594561294-1700473822.1594561294
※グーバイクさんのリンクは許可を得て貼っております(アフィリエイトリンクではありません)

バイク買取情報に興味あるかたはこちらへどうぞ👇
https://scrambler-life.com/2021-bike-king/

2021 YZF-R3 / YZF-R25 カスタムパーツ

おすすめのカスタムパーツは以上(バイクカバー含む)になります。汎用の商品もありますので購入するときは確認してくださいね。

2021 YZF-R3 / YZF-R25 カスタムマフラー

まとめ

YZF-R3とYZF-R25は排気量の違いはあっても、2019年モデルから倒立フロントフォークの採用や装備のマイナーチェンジをうけて、どちらも扱いやすく乗りやすいのが魅力となっています。

さらに2021年モデルはニューカラーが加わり、YZF-Rシリーズは注目度が高くなりそうですね!

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる