新着情報更新中! 詳しくはこちら

2021年! カワサキ Z125PRO カラー、価格など新型情報です

2021年新型モデルのZ125PROが発売! ファイナルモデル!? 最新情報お伝えします

カワサキ Z125 PROは原付二種のネイキッドスポーツバイクとして、2016年に登場しました。
コンパクトな車格でありながら、デザイン、倒立フォーク、前後ペタルブレーキディスク、ギアポジションインジケーターなどZシリーズの迫力をもち、このクラスのネイキッドでは一番ともいえるバイクです。

2020年モデルが2月に発売となりましたが、2021年モデルが早くも発表されました。
2020年モデルに続き、今回もカラー&グラフィックの変更です。

気になるのは、カワサキのHPに「※次年度モデル以降の国内導入予定はございません。
と告知されています。
2021年モデルを最後に生産終了になってしまうのか!? と思ってしまいますが。。
現段階では2021年モデルがファイナルモデルということですね。

2021年モデルのカラー、価格などの基本情報、中古情報などお伝えします!

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。
そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後にはZ125 PROのことがかなりわかるはずです。

目次

Z125PRO カラー

パールナイトシェードティール 新色


メタリックフラットスパークブラック 新色

引用元 カワサキ モータースジャパン URL https://www.kawasaki-motors.com/

・2021年モデルカラーはこのニ色展開です。個性的なパールナイトシェードティールのカラー、メタリックフラットスパークブラックの赤のホイールが特徴的で、スポーティさがアップされた印象です。

Z125PRO 発売日

発売日2020年10月1日

Z125PRO 価格

価格352,000円 (税込)

Z125PRO スペック

車種名 / 型式Z125 PRO / 2BJ-BR125H
発売年月2020.10.
仕様国内
全長×全幅×全高(mm)1700x750x1005
軸間距離(mm)1175
最低地上高(mm)155
シ-ト高(mm)780
車両重量(kg)102
乗車定員(名)2
エンジン種類空冷4ストロークSOHC 2バルブ単気筒
総排気量(cm³)124
最高出力7.1kW[9.7PW]/8000rpm
最大トルク9.6N・m[0.98kgf・m]/6000rpm
始動方式セルフ式
点火装置形式トランジスタ式
燃料タンク容量(L)7.4
変速機形式常噛4段リターン
タイヤ 前100/90-12 49J
タイヤ 後120/70-12 51L
ブレーキ形式 前シングルディスク
ブレーキ形式 後シングルディスク
フレーム形式バックボーン
燃費
(60km/h定地燃費値)
50.0km/L (2名乗車時)
スポンサーリンク

Z125PRO 気になる部分

ライト類

引用元 カワサキ モータースジャパン URL https://www.kawasaki-motors.com/
引用元 web オートバイ URL https://www.autoby.jp/

・Zシリーズらしいシャープなデザインのフロントマスク。鋭い目つきの一眼ヘッドライトは、マルチリフレクタータイプのハロゲンランプの採用で、夜間の視認性も確保しています。

・Zの文字をモチーフにしたテールライトはLEDウィンカーはクリアレンズを採用しています。

メーター

引用元 カワサキ モータースジャパン URL https://www.kawasaki-motors.com/

アナログのタコメーター多機能デジタルLCD液晶ディスプレイの組み合わせが斬新なメーターパネル。

・液晶ディスプレイは、ギヤポジションインジケーター、燃料計、スピードメーター、時計、オドメーターやトリップメーターを表示します。

エンジン & 足周り


引用元 カワサキ モータースジャパン URL https://www.kawasaki-motors.com/

124cm³空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒エンジンを搭載。

Z125 PROのここが良い
スムーズなエンジン始動をアシストするKACR(カワサキオートマチックコンプレッションリリース)とセルフスターター&電子制御インジェクションによりストレスのないエンジンスタートを可能にし、低~高回転域までスムーズに吹け上がります

・4速ギア(1-N-2-3-4)とマニュアルクラッチを採用し、スポーツライディング走行を楽しめます

リンク式シフトペダルを採用し、軽い力でギアチェンジが可能です。

車重も102kgと軽量でコンパクトな車格のため狭い場所での取り回しが楽にでき、軽快なハンドリングできびきびとした走りを楽しめます。

・シートもテールエンドまで長くとっているためライディングポジションの自由度も高いです。シート下にはヘルメットホルダーが標準装備

タンデム走行も可能ですが、コンパクトボディなので窮屈さはあります。

高張力鋼製バックボーンフレームφ30mmの倒立フロントフォークは剛性バランスも良く、前後12 インチのアルミニウム製キャストホイールは軽量で、機敏なハンドリング性能に貢献しています。

リアサスペンションには積載荷重やライダーの好みでセッティングできる、プリロードアジャスターを装備しています。

ブレーキはΦ220mmディスクに片押しキャリパーのペタルディスクブレーキを採用しています。

Z125PRO 燃費

燃費は走り方にもよりますが実燃費で約40~50㎞/L走ります。タンク容量は7.4Lなので、単純計算になりますが、満タンにして走った場合は約300~370㎞走ることになります。

通勤に使ったり、普段使用、ツーリングまで十分な燃費です。

スポンサーリンク

Z125PRO 足つき

Z125PROのシート高は780mmです。個人差はあると思いますが、足つき身長が165㎝以上あれば両足ベタでしょう。

Z125PRO 最高速

海外動画で、メータは見えないのですが63マイルと言っているので最高速度100㎞程度だと想定します。参考程度に観てください。

一般道路を法定速度で走るのには十分なパワーです。低速に力があるので山道なんかもらくだと思います。法定速度を守り、ゆっくり楽しく走りましょうね。

Z125PRO 中古情報

中古2017~2019年モデルの走行距離5000㎞以内で総支払額32~39万ぐらいです。(2020.9月 グーバイクさんでの検索情報です)

新車だと352,000円 (税込)+αです。

👇グーバイクさんの検索リンクになります。
https://www.goobike.com/index.html?_ga=2.228935964.1020477933.1594561294-1700473822.1594561294
※グーバイクさんのリンクは許可を得て貼っております(アフィリエイトリンクではありません)

バイク買取情報に興味あるかたはこちらへどうぞ👇
https://scrambler-life.com/2021-bike-king/

Z125PRO カスタムマフラー

おすすめのカスタムマフラーは以上になります。ご購入されるときは型番を確認してくださいね。

まとめ

2021年のZ125PROがファイナルモデルになってしまいます。カワサキさんはもう小型バイクは出さないのでしょうか?気になるところです。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。



この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる