新着情報更新中!詳しくはこちら

ホンダ CT125・ハンターカブ 2022 新色追加の3カラーで登場!

  • URLをコピーしました!

2022年モデルのCT125 ハンターカブは、新色追加で発売です

ホンダ CT125 ハンターカブは2020年6月に発売されて以来、原付二種のアウトドアレジャーバイクとして大人気モデルとなりました。

スーパーカブC125をベースにCT110を思わせるスタイリングで、”スーパーカブ”ならではのデイリーユースでの利便性・フットワークの軽さに加え、週末のアウトドアやツーリングを楽しめるトレッキング性の高い装備をもち合わせたバイクです。

そして2022年モデルは、先に海外で話題となっていたグリーンカラー、パールオーガニックグリーン(タイでは”サファリグリーン”)の新色を加え発売となります!

2022年新型のCT125ハンターカブのカラーや特徴などの基本情報中古情報やおすすめカスタム情報をお伝えします。

目次

2022 CT125 ハンターカブ カラーはグリーン追加の全3色!

パールオーガニックグリーン 新色


グローイングレッド 継続色


マットフレスコブラウン 継続色

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/pod/?from=navi_header

・2022年モデルは、林道や森林へと自然豊かな環境になじむグリーンカラー、”パールオーガニックグリーン“を新色として、人気色のレッドとブラウンの継続色と合わせ、全3色展開となりました。

2022 CT125 ハンターカブ  販売計画台数

国内年間販売計画台数7,000台

2022 CT125 ハンターカブ  発売日と価格

発売日2022年1月20日


価格440,000円(税込)

2022 CT125 ハンターカブ  スペック

車種名 (型式)CT125 (2BJ-JA55)
発売年月2022.1.
国内販売計画台数7,000台
仕様国内
全長×全幅×全高(mm)1,960x805x1,085
軸間距離(mm)1,255
最低地上高(mm)165
シ-ト高(mm)800
車両重量(kg)120
乗車定員(名)2
エンジン型式・種類空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm³)124
ボア x ストローク(mm)52.4 x 57.9
最高出力6.5kw[8.8ps]/7,000rpm
最大トルク11N・m[1.1kgf・m]/4,500rpm
始動方式セルフ/キック
点火装置形式フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)5.3
変速機形式常時噛合式4段リターン
タイヤ 前80/90-17M/C 44P
タイヤ 後80/90-17M/C 44P
ブレーキ形式 前油圧式ディスク
ブレーキ形式 後油圧式ディスク
フレーム形式バックボーン
燃費
(WMTCモード値)
67.2km/L
燃費
(60km/h定地燃費値)
61km/L (2名乗車時)
スポンサーリンク

2022 CT125 ハンターカブ  気になるポイント

ライト類

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/pod/?from=navi_header

・CT125らしいデザインの丸目一眼のヘッドライトスクエア型のウィンカーテールライトは全てLEDが採用されています。

明るい白色光で、暗い場所や夜間走行でも安心感のもてる、十分な視認性と被視認性を確保しています。

ハンドルまわりとメーター

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/pod/?from=navi_header

ハンドルまわり

キャスター角は27°00’で、車体の真上にリラックスして腰かけるような姿勢がとれるライディングポジションのアップハンドルです。

ゆったりとした乗り心地と自由度の高さから、アクティブなトレッキング走行を可能にします。

メーター

・丸目の液晶デジタル表示のメーターはコンパクト。

大文字のスピードメーター、ギアポジション、燃料計、ツイントリップ、時計など必要な情報をシンプルにわかりやすく表示してくれます。

フレームとエンジンまわり

フレーム

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/pod/?from=navi_header

・”スーパーカブC125″をベースに、大型リアキャリアまで延びたリアフレーム、ピボットプレートやトップブリッジ付きフロントフォークに対して補強されたフレーム。

様々なシーンでの走行を想定し、剛性バランスの最適化がなされています。

エンジン

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/pod/?from=navi_header

124㎤ 空冷4ストロークOHC単気筒エンジンを搭載

低・中速域での力強いトルクパワーをもち、スロットル操作でもレスポンスの良さを発揮しています。

自動遠心クラッチと4速ロータリー式ミッション、シフトチェンジの操作感はCT125ならではの楽しさです!

・燃料を最適な量とタイミングで供給し、効率良くエンジンのパフォーマンスを引き出すPGM-FIを採用

排出ガスの抑制で環境にやさしく省燃費を実現しています。


・エンジン下にはアンダーガードが装備され、泥はねや飛び石からまもってくれるのでダート走行でも安心です。

マフラー

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/pod/?from=navi_header

・CTの特徴のひとつがプロテクター付きのアップマフラー

また、ホコリなどの吸入を低減するハイマウント吸気ダクトを採用し、サイドエアクリーナーとともに機能性と”CT”のスタイルが追及されています。

シートまわりとリアキャリア

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/pod/?from=navi_header

・シート高は800mm、最低地上高は165mmと、トレッキング走行でも足つき性のよさと安心感のもてる設定です。

シートもしっかりとした厚みでクッション性があり、乗り心地も良好です。


・シート下には3.5Lのフューエルタンクを確保し、燃費の良さからロングツーリングにも十分に対応しています。


横幅409mm×縦幅47mmの大型サイズのキャリアを標準装備されているのはうれしいポイント。

さらに荷掛けフックが4か所付いているので、ボリュームのある荷物も積載可能です。

キャリア下には、ちょっとした工具が入れられるツールボックスも備わっています。

足まわり

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/pod/?from=navi_header

・フォークブーツを装着した正立フロントフォーク、前後スポークホイール や スチール製フェンダーなど、CTらなではのタフな装備が採用されています。


・ブレーキは、前後のディスクブレーキとフロントには1チャンネルABSが装備され、高い制動性を発揮します。


可倒式のピリオンステップが標準装備されているので、純正のピリオンシートを装着すればタンデムができます。

2022 CT125 ハンターカブ  燃費

燃費WMTCモード値で67.2㎞/L(1人乗り)になり、タンク容量は5.3Lになります。

航続距離をWMTCモード値で単純計算すると、 CT125ハンターカブの航続距離は356.16㎞

普段使いやツーリングまで十分な燃費といえそうです。

CT125 ハンターカブ ってどんなバイク?魅力は?

CT125ハンターカブってどんなバイク?

CT125って、そもそもどんなバイクだろう?って思う人も多いはずです。簡単に書いてみました。

CT125の歴史

・1980年にCT110の原型となるバイクの輸出が始まる。

・1981年にCT110の日本国内仕様が発売(JD01)

・1983年に日本国内仕様が販売終了。

・1986年に北米向けTRAIL110が販売終了。

・2012年にニュージーランドモデルが終了。

・2013年の6月14日に後継モデルと言われるクロスカブが発売。

そして2020年6月にCTの名前を付け、登場したのがCT125になります!

CT125ハンターカブの魅力は?

CT125は、ベースはスーパーカブC125ですが外装をCT110にしています。

では発売時、後継モデルと言われたクロスカブ110と比べて、CT125ハンターカブの魅力は何でしょうか?

・外装がほぼCT110なので、後継モデルと言われてたクロスカブ110より上位モデル的な位置づけ感がある。

・排気量が125ccのパワー。

・CT125はタイ生産で、WAVE125i、グロム、モンキー125、スーパーカブC125と同系列の実績のあるエンジンが使用されている。

そして普段使いから通勤、ツーリング、ある程度の林道にも行けるなど幅広く楽しめるところは大きな魅力です!

CT125 ハンターカブの試乗インプレ情報

MotorFanさんよりホンダ CT125 ハンターカブの試乗インプレ情報です。

CT125ハンターカブ 気に入ったところ

・前後ディスクブレーキが林道でもしっかり効いた

・フロントサスペンションがよく働く

・街もツーリングも快適なゆったりポジション

CT125ハンターカブ 気になったところ

・もう少しだけ低速トルクが欲しい

・シート高が高く、足着きは他のカブのほうが優れている

引用元 Motor Fan URL: https://motor-fan.jp/bikes

インプレの詳しい内容はこちらへどうぞ👇

2022 CT125 ハンターカブ  最高速度

最高速度(サーキット)はメーター読みで92㎞/h(動画再生から2分49秒付近)になります。実速度は89㎞/hです。参考程度にご覧ください

2022 CT125 ハンターカブ  中古情報

中古2020~2021年モデルの走行距離10000㎞以内で総支払額41~58万ぐらいです。

現時点の最安値は2020年モデル走行距離1138㎞で41.3万円(2021.11月 グーバイクさんでの検索情報です)

2022年の新車だと440,000円(税込)+αです。(定価購入の場合)

👇グーバイクさんの検索リンクになります。
https://www.goobike.com/index.html?_ga=2.228935964.1020477933.1594561294-1700473822.1594561294
※グーバイクさんのリンクは許可を得て貼っております。

2022 CT125 ハンターカブ  おすすめのカスタム

CT125 ハンターカブ カスタムパーツ

おすすめのカスタムパーツは以上になります。汎用の商品もありますので、購入される場合は再度確認してくださいね。

CT125 ハンターカブ カスタムマフラー

おすすめカスタムマフラーは以上になります。購入される場合は再度確認してくださいね。

2022 CT125 ハンターカブ まとめ

2022年モデルのCT125ハンターカブは、アウトドアテイストがアップした”パールオーガニックグリーン”が加わり、さらに注目があつまりそうです。

年間販売計画台数は7000台ですが、欲しいとおもったら早めに問い合わせたほうがよさそうですね!

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。




この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

関連記事

目次
閉じる