新着情報更新中! 詳しくはこちら

2022 スズキ アドレス110 スペシャルエディション登場!新型情報おつたえします

2022年モデルのアドレス110は、スペシャルエディションが加わり発表されました!基本情報、おすすめのカスタムや中古情報お伝えします

スズキ アドレス110は、原付二種スクーターのなかでも最も軽量で、燃費に優れた人気コミューターバイクの代表格です。

2021年モデルは、カラーリングの変更コンバインドブレーキ(前後連動ブレーキ)初採用のマイナーチェンジを受けましたが、2022年モデルはインパクトのある特別カラーモデル、スペシャルエディション追加の発表となりました!

2022年新色モデル アドレス110のカラーや価格などの基本情報、中古情報やおすすめのカスタム情報をお伝えします。

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。乗り継いだバイクは9台になります。
そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後にはアドレス110のことがかなりわかるはずです。

目次

2022 アドレス110 カラー

*スペシャルエディション
キャンディマックスオレンジ
(YME) 新色


マットセレネゴールドメタリック (YUR) 新色

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

ソラリスシルバー 継続色


マットステラブルーメタリック 継続色


ブリリアントホワイト 継続色


タイタンブラック  継続色

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

・2022年モデルはこれまでにないインパクトのあるカラー、ビビットなキャンディマックスオレンジと上質感のあるマットセレネゴールドメタリックをスペシャルエディションモデルとして追加設定されました。
2021年モデルカラー4色が継続色となり、全6色展開となっています。

2022 アドレス110 発売日

発売日2021年8月6日

2022 アドレス110 価格

価格225,500円(税込)

2022 アドレス110 スペック

車種名(型式 )アドレス110 (2BJ-CE47A )
発売年月 2021.8.
仕様 国内
全長×全幅×全高(mm) 1,845x665x1,095
軸間距離(mm) 1,260
最低地上高(mm) 120
シ-ト高(mm) 755
車両重量(kg) 100
乗車定員(名) 2
エンジン 強制空冷4サイクル SOHC2バルブ単気筒
総排気量(cm³) 112
最高出力 6.5kW[8.8PS]/7,750rpm
最大トルク 8.6N・m[0.88kgf・m]/6,250rpm
始動方式 キック/セルフ式
燃料タンク容量(L) 5.2
変速機形式 Vベルト無段変速
タイヤ 前 80/90-14 M/C 40P
タイヤ 後 90/90-14 M/C 46P
ブレーキ形式 前 油圧式シングルディスク
ブレーキ形式 後 機械式リーディングトレーリング
フレーム形式 アンダーボーン
燃費
(WMTCモード値)
48.9km/L
燃費
(60km/h定地燃費値)
53.0km/L (2名乗車時)
スポンサーリンク

2022 アドレス110 気になる部分

フロントとテール部分

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

・フロントは、HS1 35Wのヘッドライト、その下のV字カットデザインのカウルには放射状に光るポジションランプがビルトインされています。

ワイドなテールランプとウィンカーとともにデザイン性と視認性・被視認性を確保しています。

・V字カットデザインのアルミ製リヤキャリアが標準装備荷掛フックも装備されているので、リアボックスも取り付け可能です。(最大積載許容重量:6kg)

スペシャルエディションのエンブレム

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

ハンドルカバーの左側には、”SPECIAL EDITION”のブラック×クロームのビトロエンブレムが入ってます。

メーターとフロントインナーラック, トランクスペース

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

*メーター
・逆三角形のパネル中央に大きく見やすいアナログ表示のスピードメーター、その下に燃料計が配置されています。シンプルで見やすく、視認性も配慮されています。

*シャッター付キーシリンダー
・メーター右下には、鍵穴へのいたずらや盗難を抑止するシャッター付キーシリンダーがついています。シートオープン機能、配線直結による不正なエンジンの始動を抑止する”直結始動抑止回路“も装備されています。

*フロントインナーラック
・左右に分かれたフロントインナーラックは、ペットボトル(右500ml, 左600ml)やグローブなどの小物が収納できます。最大積載許容重量:左右で1.5kg (注:ペットボトルは形状により収納できないものもあります。)

赤丸部分のコンビニフックは1.5kgまでの荷物がさげられます。

*トランクスペース
シート下トランクスペースの容量は20.6L。フルフェイスのヘルメットが1つとグローブなどの小物が収納できます。(最大積載許容重量10kg) (ヘルメットは形状や大きさによっては収まらないこともあるので、事前にチェックしましょう。)

ヘルメットホルダーが2つ付属しています。

エンジンとサスペンション

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

*エンジン
112㎤ 空冷4スト単気筒 SEP (スズキ・エコ・パフォーマンス)エンジンを搭載。

SEPスズキ・エコ・パフォーマンスエンジンとは?
混合気の最適化により燃焼効率をアップし、ピストンの軽量化、ローラーロッカーアームの採用などフリクションロスを低減することにより、パワーを落とすことなく低燃費を実現したエンジンの総称です。

・SEPエンジンによりこのクラス最高の燃費の良さを実現しています。
高回転型のカムシャフトの採用により、低速に力がありスムーズな加速性低~中速域での安定感を発揮します。毎日の街乗りや通勤にストレスのない走りを楽しめます。
100kgの軽量&スリムボディーのおかげで、狭い場所での切りかえしや取り回しが楽にできます。

*サスペンション
フロントサスペンションは高剛性のテレスコピック方式を採用。安定したコーナリングでのハンドリング性や制動力を発揮します。

足まわり

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

*コンバインドブレーキ
左ブレーキレバーを握ると、フロントブレーキとリアブレーキが同時に作動する前後連動ブレーキが採用されています。

*カットフロアボード
・フロアボードは、足がおろしやすいようにカットフロアボードを使用しています。シート高は755mmでフロアボードも地上に近く、足つきの良さに貢献しています。

足元のスペースは狭めなので、荷物はシート下トランクやリアボックスに収納するほうが良さそうです。

*ホイール
14M/C×MT1.85(14インチ)の大径ホイールの採用により、直進安定性が優れており、安定した走行を実現しています。

サイドスタンド、センタースタンドが装備されています。狭いところでは、車体が軽くスリムなのでセンタースタンドが便利です。サイドスタンドはインターロック機構付で、スタンドを格納し忘れた状態での走行を抑止してくれます。

2022 アドレス110 燃費

燃費WMTCモード値で48.9㎞/Lになり、タンク容量は5.2Lになります。

航続距離をWMTCモード値で単純計算すると、アドレス110の航続距離は約254.28㎞になります。

通勤などの普段使用からプチツーリングまで十分な燃費といえそうです。

スポンサーリンク

2022 アドレス110 足つき

身長:158㎝ 体重:54㎏

👆ツイッター上での アドレス110の足つき情報になります。シート高は755mmです。

2022 アドレス110 最高速度

海外動画ですが、最高速度メータ読みで105㎞/hぐらいです。

動画開始から42秒付近で到達しています。参考程度にご覧ください

2022 アドレス110 中古情報

中古は2019~2021年モデルの走行距離5000㎞以内で総支払額19~21万ぐらいです。

現時点の最安値は2019年モデル、走行距離3586㎞で18.41万円(2021.9月 グーバイクさんでの検索情報です)

新車(2022年モデル)だと
価格:225,500円(税込) +αです。(定価購入の場合)

👇グーバイクさんの検索リンクになります。
https://www.goobike.com/index.html?_ga=2.228935964.1020477933.1594561294-1700473822.1594561294
※グーバイクさんのリンクは許可を得て貼っております(アフィリエイトリンクではありません)

2022 アドレス110 おすすめのカスタム

アドレス110 カスタムパーツ

おすすめのカスタムパーツ(バイクカバー含む)は以上になります。汎用の商品もありますので、購入される場合は再度確認してくださいね。

アドレス110 カスタムマフラー

おすすめカスタムマフラーは以上になります。購入される場合は再度確認してくださいね。

まとめ

アドレス110は 原付二種スクーターのなかでも、まさに毎日の”足”にふさわしいスクーターです。燃費の良さ・コスパの良さは言うまでもありませんが、とにかく軽くて快適、ふつうの走りが楽しいと思えるのがアドレスの魅力です。

そして2022年モデルのスペシャルエディションは、これまでにないカラーリングで注目度が高くなりそうです!

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる