新着情報更新中! 詳しくはこちら

2020 ホンダ リード125 新型 期間限定モデル 燃費などの最新情報!

リード125の2020年新型カラー、スペックなどの基本情報、中古やカスタム情報をお伝えします!

ホンダリード125は1982年にはじめて”リード125″の名称で登場し、わずか一年でいったん幕を閉じましたが、2013年に水冷4ストロークOHC単気筒 eSPエンジンを搭載し、スポーティでスタイリッシュな125ccスクーターとして新登場しました。

その後もマイナーチェンジを繰り返しながら、上質で洗練された大人のスクーターとして進化しつづけています。

2020年新型モデルは、2019年10月1日より販売開始されカラーが6色展開になりました。
更に受注期間限定(2019年12月20~2020年3月31日)で、マットギャラクシーブラックメタリックのスペシャルカラーが追加され2020年1月17日より7色展開となり発売されています。

リード125の2020年新型の基本情報から中古、カスタム情報をお伝えします!

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。
そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後にはリード125のことがかなりわかるはずです。

目次

リード125 新型 カラー

マットギャラクシーブラックメタリック
受注期間限定モデル:受注期間 2019.12.20~2020.3.31.


パールダークアッシュブルー(ツートーン)


ポセイドンブラックメタリック(ツートーン)


パールメタロイドホワイト(ツートーン)


キャンディラスターレッド


ランベントシルバーメタリック


パールメタロイドホワイト

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

リード125 新型 発売日

発売日2019年10月1日

受注期間限定モデル(受注期間 2019.12.20~2020.3.31.)
発売日2020年1月17日

リード125 新型 価格

*マットギャラクシーブラックメタリック(期間限定モデル)
*パールダークアッシュブルー(ツートーン)
*ポセイドンブラックメタリック(ツートーン)
*パールメタロイドホワイト(ツートーン)
価格319,000円 (税込)

*キャンディラスターレッド
*ランベントシルバーメタリック
*パールメタロイドホワイト
価格315,700円(税込)

リード125 新型 スペック

車種名 (型式)リード125 (2BJ-JF45)
発売年月2019年10月(限定モデル:2020年1月)
仕様国内
全長×全幅×全高(mm)1840x680x1130
軸間距離(mm)1275
最低地上高(mm)140
シ-ト高(mm)760
車両重量(kg)114
乗車定員(名)2
エンジン型式水冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm³)124
最高出力
(kW[PS]/rpm)
8.3kW[11PS]/8500rpm
最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
11N・m[1.1kgf・m]/5000rpm
始動方式セルフ式
点火装置形式フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)6.0
変速機形式Vベルト無段変速
タイヤ 前90/90-12 44J
タイヤ 後100/90-10 56J
ブレーキ形式 前油圧式ディスク
ブレーキ形式 後機械式リーディングトレーリング
フレーム形式アンダーボーン
燃費
(WMTCモード値)
50.0km/L
燃費
(60km/h定地燃費値)
52.2 km/L (2名乗車時)
スポンサーリンク

リード125 新型 気になる部分

ライトとテール部分

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

ヘッドライト、カウルにおさまったV字形状のポジションランプとウィンカーテールランプLEDを採用

・フロント、テール部分のシャープで精悍な印象とともに視認性・被視認性を十分に確保しています。

・タンデム時のグラブバーになるアルミダイキャスト製のリアキャリアが標準装備。トップケースがすぐに装着できます。

メーター

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

・メーターは、スピードメーターが発光指針のアナログ表示と液晶デジタル表示の組み合わせです。

・液晶パネルには、燃料計、オド、トリップメーターなどをシンプルに表示し、エンジンオイル交換時期の設定機能もついています。

エンジンと足まわり



引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

124㎤ 水冷4ストロークOHC単気筒 eSPエンジンを搭載。基本的にはPCXと同じで、”静かで低振動“の定評があるエンジンです。低・中速域に強い出力特性は街乗りに最適で、快適な走行を楽しめます。

*eSP(Enhanced Smart Power)エンジンとは?
高い燃費性能や環境性能を実現するホンダ独自ののエンジン。
走行状況に応じて最適な燃料供給を行うPGM-FI (電子制御式燃料噴射)や低フリクション技術により高い燃費性能を実現し、マフラー内に高い排出ガス浄化性能を発揮する触媒装置を採用することで、優れた環境性能を両立したエンジンです。

・停車時の燃料消費、騒音、排出ガスを抑えてくれるアイドリングストップ・システムの採用
また、電子制御式ACGスターターによって、アイドリングストップモードでの停車時からでも静かでスムーズな発進が可能です。バッテリーの電圧を監視し、電圧が一定以下の時は自動でシステム稼働をOFFとする機能も備えています。

・ブレーキはフロントにはシングルディスクの採用。左ハンドルレバーの操作で、前後輪に制動がかかるHonda独自のブレーキシステム”コンビブレーキを搭載しています。

フロントインナーボックスとラゲッジボックス


引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

・フロント左側のワンタッチ開閉式のインナーボックスには、500mlのペットボトルが収まり、スマートフォンが充電できる12Vの電源ソケットを装備しています。

・ダブルシート下のラゲッジボックスには、フルフェイスのヘルメットが2個収まります。37Lの収納力は魅力です。(ヘルメットの形状や大きさによっては収まらない場合もありますので、事前にチェックが必要です。)

リード125 新型 燃費

リード125新型の燃費は走り方にもよりますが実燃費で約45~50㎞/L走ります。タンク容量は6.0Lになります。単純計算になりますが、満タンにして走った場合は約270~300㎞走ることになります。

スポンサーリンク

リード125 新型 足つき

身長:158㎝/体重:55㎏/股下:73cm

👆ツイッター上でのリード125の足つき情報になります。シート高は760mmです。


引用元:モーターファンバイクス URL https://motor-fan.jp/bikes

👆上の画像は身長170cmのライダーの足つきになります。シート高は760mmです。

リード125 新型 最高速度

海外動画ですが、最高速度はメータ読みで105㎞/hぐらいです。動画開始から55秒付近で到達しています。参考程度に観てください。

リード125 新型の魅力をお伝えします

リード125の魅力をシンプルにお伝えすると、これにつきます!

エンジンがPCXと同じで静かで低振動
燃費がいい
収納が広い
フロアスペースがフラットなので、乗りやすい買い物に便利
足つきがよく車格が小さめなので、取り回しが楽

その他、通勤や普段使いを意識した装備がされていますので、使用用途が合えば魅力あるスクーターですね。

リード125 中古情報です

中古は2018~2020年モデルの走行距離5000㎞以内で総支払額25~27万ぐらいです。(2020.10月 グーバイクさんでの検索情報です)

新車はカラーにより価格が2種類あります。
319,000円 (税込)+αです。(定価購入の場合)
315,700円(税込)+αです。(定価購入の場合)

👇グーバイクさんの検索リンクになります。
https://www.goobike.com/index.html?_ga=2.228935964.1020477933.1594561294-1700473822.1594561294
※グーバイクさんのリンクは許可を得て貼っております(アフィリエイトリンクではありません)

バイク買取情報に興味あるかたはこちらへどうぞ👇
https://scrambler-life.com/2021-bike-king/

リード125 新型 カスタム

リード125 新型 カスタムパーツ

おすすめのカスタムパーツは以上(バイクカバー含む)になります。汎用の商品もありますのでご購入するときは再度確認してくださいね。

リード125 新型 カスタムマフラー

おすすめカスタムマフラーは以上になります。ご購入されるときは再度確認してくださいね。

まとめ

リード125は主に通勤や普段使いをメインを考えている人におすすめのスクーターになります。ツーリングも考えている人は、足を伸ばせるタイプのPCXなどを選んだ方がよいかもしれません。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる