新着情報更新中!詳しくはこちら

カワサキ 北米 KLX230S 2022年 新型 ローダウンでニューカラーモデル登場です!

スポンサーリンク

カワサキ北米より、公道用のデュアルパーパスモデルのKLX230Sが、2022年モデルとして初登場します。

国内モデルの2019年に発表されたKLX230は、232cm³空冷4ストロークSOHC 2バルブ単気筒エンジンを搭載。
低・中速域での力強いトルクと加速性に優れ、高張力鋼ペリメターフレーム採用のシンプルな構造で、軽さとあつかいやすさが特徴です。

北米向けに発表されたKLX230Sは、スタイリングやエンジン・フレームはKLX230とほぼ同様ですが、サスペンションのストローク量が短くなり、最低地上高・シート高がともに低くなったことで足つき性が良くなっています。

目次

カワサキ 北米 KLX230S カラー

Lime Green ライムグリーン


Urban Olive Green/Ebony アーバンオリーブグリーン/エボニー

引用元 Kawasaki US URL: https://www.kawasaki.com/en-us/

・北米2022年モデルのKLX230Sのカラーは、カワサキカラーのライムグリーン、新色のアーバンオリーブグリーンxエボニーのニューカラーと合わせ全2色展開です。

グラフィックも変わっています!

カワサキ 北米 KLX230S 価格

ABS非搭載モデル
価格:546,800円 ($4,799)[1$=\113.93で換算]

ABS搭載モデル
価格:580,900円 ($5,099)[1$=\113.93で換算]

*2020年国内現行モデル価格:495,000円(税込)

カワサキ 北米 KLX230S スペック

国内現行モデルのKLX230と比較してみました。

車種名KLX230S
(2022年モデル)
KLX230
(2020年モデル)
発売年月2022.?2019.10.
仕様北米国内
全長×全幅×全高(mm)2,080x835x1,1102,105x835x1,165
軸間距離(mm)1,3591,380
最低地上高(mm)210265
シ-ト高(mm)830885
車両重量(kg)135
(カルフォルニア仕様: 136kg)
134
乗車定員(名)22
エンジン種類空冷4ストローク
SOHC 2バルブ単気筒
空冷4ストローク
SOHC 2バルブ単気筒
総排気量(cc)233232
ボア X ストローク (mm)67.0 x 66.067.0 x 66.0
最高出力14kW[19PS]/7,600rpm
最大トルク19N・m[1.9kgf・m]/6,100rpm
始動方式セルフ式セルフ式
点火装置形式トランジスタ式トランジスタ式
燃料タンク容量(L)7.57.4
変速機形式常噛6段リターン常噛6段リターン
タイヤ 前2.75 x 212.75-21 45P
タイヤ 後4.10 x 184.10-18 59P
ブレーキ形式 前Φ265mmシングルディスク
+デュアルピストンキャリパー
シングルディスク
ブレーキ形式 後Φ220mmシングルディスク
+シングルピストンキャリパー
シングルディスク
フレーム形式セミダブルクレードルセミダブルクレードル
燃費
(WMTCモード値)
33.4km/L
燃費
(60km/h定地燃費値)
38.0km/L(2名乗車時)
スポンサーリンク

カワサキ 北米 KLX230S 気になる部分 

ランプ類

・一眼ヘッドライトは大光量の60/55Wのハロゲンランプの採用で、明るさと視認性を発揮します。テールランプはコンパクトで、ウィンカーはクリアレンズを使用しています。

ハンドルまわり

・ブレースバー付きのバーハンドルは、レバー部分もシンプルな設計。右ハンドルにはセルフスターターを装備しています。

大型液晶パネルのメーターは、視認性の高いデジタル表示のインストゥルメントパネル。液晶パネルにはスピードメーター、オドメーター、デュアルトリップメーター、燃料計、時計を表示します。ディスプレイ横には各種インジケーターランプを備えています。

エンジン, フレームとサスペンション

*エンジン
233cc 空冷 4ストローク SOHC 2バルブ単気筒エンジンを搭載、ボア×ストローク比を67.0×66.0mmとし、低中回転域から力強いトルクを発生します。低速域で優れたコントロール性能を発揮し、 スムーズなトルク特性は扱いやすさとリニアな加速性能を実現しています。

・シンプルなエンジン構造のため、オフロードライディングでの扱いやすさと優れたパフォーマンス性を実現します。エキゾーストパイプの長さは低中回転域でのエンジンパフォーマンスを高めるように設定されています。

KLX230Sの特徴
*フレーム
高張力鋼ペリメターフレームの採用により最適なフレームライン設計と剛性バランスを保持しています。
シャーシの下部に取り付けることで低重心となり、1359mm(KLX230の1,380mmより21mm短い)の短いホイールベースを実現したことで、軽快でコントロールのしやすさを生み出しています。

*サスペンション
・KLX230Sのより柔らかくスプリングされたフロントフォークは、全体のスプリング割合がより安定し、短い2重段スプリングの使用で約60mm短縮されています。そのためストローク量が約157mmに短くなり、路面追従性が良好になっています。

・改良されたリアショックスプリング割合がより硬く、233mmから167mmへとストローク量が短くなり、最低地上高も約264mmから約210mmへダウンしています。KLX230の885mmシート高が約830mmにまで低くなったので、ハンドリング性と衝撃吸収性が改善しています。

足まわり

・フロント21インチとリア18インチの軽量アルミホイールは、オフロード走行での扱いやすさに貢献しています。

・ フロントブレーキは、265mmシングルペタルディスクブレーキを2ピストンキャリパーでグリップされ、リアは220mm シングルペタルディスクブレーキに1ピストンキャリパーの組み合わせで、高い制動性を発揮します。 ABS搭載モデルは、デュアルスポーツライディング用に調整されています。

KLX230 おすすめのカスタム

おすすめのカスタムパーツは以上になります。汎用の商品もありますので、購入される場合は再度確認してくださいね。

まとめ

KLX230Sはサスペンションの変更により、KLX230よりもさらに扱いやすさとコントロール性がアップし、足つきも良いためオン/オフロードでも乗りやすそうですね。

アーバンオリーブグリーンカラーもオフロードテイストでなかなかカッコいいです!
国内モデルが発表されることを期待したいですね。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。



この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる