新着情報更新中! 詳しくはこちら

2020年! 人気のアメリカン250cc おすすめバイクはこれです

人気のアメリカン・クルーザー250ccバイクの特徴や、中古情報をお伝えします

アメリカン・クルーザーバイクといえば、長くて大きな車体に、個性あるデザインのタンク、幅広のハイポジションのハンドルで、重厚感と迫力のあるバイクカテゴリーです。

特に250ccクラスは車重が軽く取り回しも楽なため、最近は女性ライダーからも人気をあつめています。

2020年発売となった新型のホンダ レブル250、中古でもまだまだ人気の250㏄のアメリカンバイクをあつめてみました

それぞれのバイクの魅力や特徴のご紹介、中古情報をお伝えします

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。
そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後には250cc アメリカン クルーザーバイクのことがかなりわかるはずです。

目次

ホンダ レブル250 / レブル250 S Edition

Rebel 250 (2020年3月19日発売)
価格599,500円(税込)
マットジーンズブルーメタリック


Rebel 250 S Edition (2020年3月19日発売)
価格638,000円(税込)
マットアクシスグレーメタリック

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header
全長×全幅
×全高(mm)
シ-ト高
(mm)
車重(kg)エンジンタンク(L)燃費
2205x820x1090690171水冷4ストローク
4バルブ単気筒
1146.5km/L

新車販売しているホンダのアメリカンクルーザーといえば、レブルです。1985年に初登場した”レブル250(MC13)”は10年間継続後、時を経て2017年に新しいレブル250として復活しました。

シンプルで飾り過ぎないスタイリッシュなデザイン、けれど先進的な技術はしっかり抑えられた21世紀の洗練されたアメリカンといえます。

2020年モデルは、カラー変更、灯火類はLED化、メーターのインジケーターの配備変更、前後サスペンションの仕様を変更アシストスリッパークラッチを新採用など大きく変更されています。

249cc水冷4ストローク4バルブ単気筒エンジンを搭載し、足つきもよく取り回しはイージー、きびきびと小気味よい走り街乗りからツーリングまで幅広く楽しめます

ホンダ レブル250 中古情報

中古価格2017~2019年モデルの走行距離5000㎞以内で総支払額50~60万ぐらいです。
(2020.7月 グーバイクさんでの検索情報です)

新車だと4599,500円+αになります。
程度がよければ中古もありだと思います。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

ヤマハ ドラッグスター250

ブルーイッシュホワイトパール1 (2016年3月1日発売)


左からマットグレーメタリック3, ディープレッドメタリックK

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURLhttps://www.yamaha-motor.co.jp/mc/
全長×全幅
×全高(mm)
シ-ト高
(mm)
車重(kg)エンジンタンク(L)燃費
2320x935x1070670160空冷4ストローク
V型SOHC2バルブ2気筒
1151.0km/L

ヤマハのドラッグスターシリーズは不動の人気を誇る、アメリカンクルーザーバイクです。
2000年に初登場したドラッグスター250は、排ガス規制適合を求められた2017年を最後に迎えるまで“ロー&ロング”のアメリカンらしいスタイルを維持しつつ、カラーチェンジを繰り返しながらつねに洗練されたモデルを発表してきました。

最終モデルの特徴は、ドラッグスター誕生20周年を記念したスペシャルカラー&デザインです。タンクには新グラフィックと金色ロゴ「DRAG STAR」が描かれ、水圧転写という技巧により滑らかに美しく表面仕上げされています。

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURLhttps://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

クラシカルでクロームメッキの重厚感のあるラグジュアリーな車格ですが、250ccクラスは軽量で足つきもよく、取り回しもよいことから女性ライダーにも人気です。

空冷4ストロークSOHC2バルブ2気筒エンジンを搭載し、出力性能は決して高くはありませんが、中速回転域での走行は安定していて快適なクルージングを楽しめます。街乗りは得意なので、このスタイルで颯爽と走れば注目度はかなり高いですね。

ヤマハ ドラッグスター250 中古情報

中古価格2013~2017年モデル走行距離5000㎞以内で総支払額55~65万ぐらいです。
(2020.7月 グーバイクさんでの検索情報です)

カワサキ エリミネーター250V

パッションレッド(2006年12月発売)


エボニー

引用元 バイクブロス URL: https://www.bikebros.co.jp/
全長×全幅
×全高(mm)
シ-ト高
(mm)
車重(kg)エンジンタンク(L)燃費
2355x775x1075690186水冷4ストローク
V型DOHC4バルブ2気筒
1333.0km/L

カワサキのエリミネーター250Vは他のアメリカンクルーザーとは違い、ネイキッドよりのスポーティ感のあるクルーザーとして1998年に初登場しました。
10年間ものあいだ、カラーバリエーションの変更などマイナーチェンジしてきましたが、排ガス規制適合を受けた2007年モデルを最後に幕をとじました。

しかし、時代を問わないこのスタイリングの良さからか、いまだにその人気は継続中です。
250ccクラスで車重186kg重い印象ですが、乾燥重量は171kgとなっているので、取り回しはほかのバイクと変わらず、足つきも良好です。
水冷4ストロークV型DOHC4バルブ2気筒エンジンを搭載しており、ベストなのは80km/hくらいまでの中速回転域です。ロングツーリングや高速道路走行よりも、街乗りを中心にかっこよく、気持ち良い走りを楽しめるバイクです。

カワサキ エリミネーター250V 中古情報

中古価格2005~2007年モデル走行距離5000㎞以内で総支払額40~50万ぐらいです。
(2020.7月 グーバイクさんでの検索情報です)

まとめ

現時点で250㏄クラスのアメリカンバイクの新車販売は、ホンダのレブルだけ・・・
新車で購入する場合の選択肢がない状態です。

どのメーカーも海外の販売に力を入れているので、海外で需要がなければ開発もない状況です。日本の場合は250㏄クラスは車検がないこともあり、維持費が安く済むので購入者からすると買いやすいクラス。もっと販売してほしいのですが・・・

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。ツイッターもしていますので見てくださいね。





スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる