新着情報更新中! 詳しくはこちら

2020年! 250cc オフロード & アドベンチャー おすすめバイク

2020年現行の250ccオフロード&アドベンチャーバイクののそれぞれの特徴や最速は?くらべてみました

林道、道なき道やガレ場を走破するのを楽しむバイクといえば、オフロードバイクです。
オフロードバイクは未舗装道路では無敵のパフォーマンスを発揮できますが、それまでの道のり(公道)を走行する際の、国内の適応規制などをクリアしていくことが各モデルに求められてきました。

その点を含めモデルェンジをしてきた各オフ車ですが、2020年を最後に生産終了してしまうモデル(ヤマハ セロー250など)が出てきています。今後のオフ車がどうなるのか気になるところですが、オフロードバイクは自然の中でバイクと遊べて、とにかく楽しいのが魅力です。

いっぽう、オフもオンロードもOK、街乗りも長距離走行も楽しみたいというライダーの望みをカバーできるのが、アドベンチャーバイクです。
オフロードテイストをもちつつ、幅広いシーンで楽しめるため人気も高く個性あるモデルが増えてきています。

2020年現行のおすすめの250ccオフロード&アドベンチャーバイクをあつめてみました

それぞれのバイクの魅力や特徴のご紹介と最速はどれなのか?など、気になるところをくらべてみます

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。
そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後には250cc オフロード&アドベンチャーバイクのことがかなりわかるはずです。

目次

ヤマハ セロー250 ファイナルエディション / ツーリングセロー

セロー250 ファイナルエディション
パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)(2020年1月15日発売)
価格588,500円 (税込)


ツーリングセロー
パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)(2020年1月15日発売)
価格644,600円(税込)

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/
全長×全幅
×全高(mm)
シ-ト高
(mm)
車重(kg)エンジンタンク(L)燃費
2100x805x1160830133空冷4ストローク
SOHC2バルブ単気筒
9.348.4km/L

セロー250は2005年に初登場してから、マウンテントレールとして、小柄な車体と低中速域に強いトルクエンジンを武器にどんな険しい山林道でも突き進んでいける頼もしいオフ車として君臨してきました。

ところが、平成28年の排ガス規制に適合したモデルを2018年に発表したのを最後に、2019年、突然生産終了が発表されました。

2020年モデルファイナルエディションは、1985年初代セロー225と同じカラーリングで美しい発色とデザインが目をひきます。

セロー250はオフロードバイクでありながら、空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒エンジンを搭載し、出力性・トルク性能も高く、街乗りやツーリングも楽しいアドベンチャーバイクともといえます。

同時発売となっているツーリングセローは、セロー250にアドベンチャースクリーンハンドルガードアドベンチャーリアキャリアアルミアンダーガード4つを標準装備したモデルで、まさにツーリングのためのアドベンチャーバイクとして発表されています。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

ホンダ CRF250L

エクストリームレッド(2019年2月15日発売)
価格507,100円(税込)

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header
全長×全幅
×全高(mm)
シ-ト高
(mm)
車重(kg)エンジンタンク(L)燃費
2195x815x1195

LD Type
2175x815x1150
875

LD Type
830
144

LD Type
143
水冷4ストローク
DOHC4バルブ単気筒
7.844.3km/L

CRF250Lは、ホンダを代表するオフロードバイクです。2012年に初登場し、エンジン、燃費性能やハンドリングの良さを充実させた、オフロードもオンロードも両方楽しめるバイクです。

ホンダ初代のオフ車XL250Sから数えれば、オフロードバイクとして45年もの歴史がありますが、現行の2019年モデルを最後に2020年5月をもって生産終了となりました。

水冷4ストロークDOHC単気筒エンジンを搭載し、低・中速域での力強い加速性と高回転域までのスムーズな吹けあがりは、街乗りも十分に楽しめるバイクです。
足つきを気にするならば、迷わずローダウンタイプを選ぶのがベストです。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

ヤマハ WR250R

ディープパープリッシュブルーソリッドE 2017年モデル新色(2016年9月12日発売)
発売当時価格668,000円(本体税抜価格)



パープリッシュホワイトソリッド1 2017年モデル継続色

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/
全長×全幅
×全高(mm)
シ-ト高
(mm)
車重(kg)エンジンタンク(L)燃費
2190x810x1235895132水冷4ストローク
DOHC4バルブ単気筒
7.634.0km/L

オフロード界のR1といわれるWR250Rは、2007年にオン・オフロードで最高のパフォーマンスを発揮してくれるオフロードバイクとして登場しました。

水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒を搭載。チタンバルブYZF-R1と同様比の(ボア77mm/ストローク53.6mm)のピストンを採用し、高性能・高出力エンジンです。

オンロードはもとより、高速道路でも100km/h以上でもぶれない安定した走行ができるのは、WR250Rをおいてほかのオフ車にはないでしょう。

シート高は895mmで足つきは良くないにしても、アルミフレーム仕様で車重が軽く、コンパクトエンジンでマスの集中化がされているおかげでバランスが取りやすく、取り扱いも安定した操作性をキープできるので不安はありません。

WRのコンペティションのパフォーマンスもちつつ、オンロードでの走りもピカイチという、どんなシーンでもストレスなく走破できるパーフェクトなオフロードバイクです。

2017年の排ガス規制適用を受けるまえに、これを最終モデルとして生産終了になってしまいましたが、中古で手に入ると思うので興味ある方はぜひチェックしてみてください。

カワサキ KLX230

ライムグリーン(2019年10月15日発売)
価格495,000円(税込)

引用元 カワサキ モータースジャパン URL https://www.kawasaki-motors.com/
全長×全幅
×全高(mm)
シ-ト高
(mm)
車重(kg)エンジンタンク(L)燃費
2105x835x1165885134空冷4ストローク
SOHC 2バルブ単気筒
7.438.0km/L

KLX230は、2016年にKLX250の生産終了とKLX125の国内販売停止となってから、3年ぶりの2019年に復活した公道用オフロードバイクです。

2019年モデルは、新設計の空冷4ストロークSOHC 2バルブ単気筒を搭載。シンプルな構造の空冷方式で、低・中速回転域でのコントロールのしやすさ安定した走りでオンロード走行を十分楽しめます

シート高はたかいので足つきは良くないですが、コンパクトな車格で車重が軽いので取扱いに慣れればカバーできます

また、新設計の高張力鋼ペリメターフレームの採用で、最適なフレームライン設計と剛性バランスを持ち合わせたしっかりとした車格に、食いつきの良いブロックタイヤ長いサスペンションストロークのおかげで、ダートでの衝撃吸収性も高くアグレッシブに走破できます。

オフロードを純粋に楽しみたい初心者ライダーから、セカンドバイクとしてオフ・オンロード走行を楽しみたいベテランライダーにとっても、魅力あるオフロードバイクです。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

ヤマハ トリッカー

ディープオレンジメタリック7 (オレンジ)(2018年9月20日発売)
価格476,300円(税込)

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/
全長×全幅
×全高(mm)
シ-ト高
(mm)
車重(kg)エンジンタンク(L)燃費
1980x800x1145810127空冷4ストローク
SOHC2バルブ単気筒
7.045.2km/L

セロー250とエンジンなど共有要素が多いため兄弟モデルと言われたトリッカーは、2004年に初リリースされました。

スリムで軽量コンパクトな車格個性的なスタイルは、セローとは違う魅力をもっています。

このコンパクト&スリムボディのおかげで足つきも良くバイクを思いのままに操縦できる、楽しく遊べるバイクです。

空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒エンジンを搭載し、発進からの加速力・トルク感は良好で、低~中速回転域では安定したストレスのない走りを楽しめます。

80km/L以上の速度域、高速道路での走行は、車体の浮き上がりやブレがでるため、長時間の高速巡行は厳しいです。

街乗り、峠道や林道まで、フリースタイルで気軽にバイクと遊びたいかたへおすすめです!

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

スズキ Vストローム250

パールネブラーブラック/ハイテックシルバーメタリック(BY6) (2019年8月23日発売)
価格613,800円(税込)

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/
全長×全幅
×全高(mm)
シ-ト高
(mm)
車重(kg)エンジンタンク(L)燃費
2150x880x1295800189 (ABS)水冷 4サイクル
SOHC 2バルブ2気筒
1739.0km/L

スズキ Vストローム250は、GSX250Rと同様の水冷4サイクルSOHC2バルブ2気筒エンジンを搭載しフレーム仕様も同じですが、ルックスは個性的なフロントフェイスのアドベンチャーバイクです。

高回転域で加速性を発揮するSSタイプのGSX250Rとは違い、Vストローム250は低速域での粘り強さと力があり90km/hぐらいの速度域までの高い出力性能と安定した走りを実現しています。

アップライトな姿勢で、どんなシーンでもリラックスしたゆとりのある走りを楽しめる、ロングツーリングが得意なアドベンチャーバイクです。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

ホンダ CRF250 RALLY

エクストリームレッド(2019年3月26日発売)
価格715,000円(税込)

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header
全長×全幅
×全高(mm)
シ-ト高
(mm)
車重(kg)エンジンタンク(L)燃費
2210x900x1425

LD Type
2175x900x1360
895

LD Type
830
157

LD Type
156
水冷4ストローク
DOHC4バルブ単気筒
1044.3km/L

CRF250 ラリーは、CRF250Lがアドベンチャー仕様になったバイクといえます。
特徴的なのは、異型二眼ヘッドライトのフロントフェイスです。大型のウィンドスクリーンとナックルガードなど、ツーリングには嬉しいアイテムが標準装備されています。

水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒エンジンを搭載し、力強い加速性とトルク感に優れ、低・中速域から高回転域までの出力性能はパワフルです。
足つきの良さを気にするならば、ノーマルよりローダウンシートをおすすめします。

オンロード、高速道路、ツーリングでのゆったり走行はもちろんのこと、ちょっとダートな林道でも難なく走破できる、幅広いシーンで楽しめる正に”アドベンチャーな”バイクです。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

カワサキ ヴェルシスX250 / ヴェルシスX250 ツアラー

ヴェルシスX250
メタリックスパークブラック×メタリックフラットロウグレーストーン
2018年モデル(2017年10月1日発売)
価格641,300円(税込)


ヴェルシスX250 ツアラ―
フラグメントカモグレー×メタリックフラットロウグレーストーン
2020年モデル(2019年12月1日発売)
価格720,500円(税込)

引用元 カワサキ モータースジャパン URL https://www.kawasaki-motors.com/
全長×全幅
×全高(mm)
シ-ト高
(mm)
車重(kg)エンジンタンク(L)燃費
2170x860x1390

ツアラー
2170x940x1390
815175

ツアラー
183
水冷4ストローク
DOHC 4バルブ並列2気筒
1731.0km/L

ツアラー
30.0km/L

ヴェルシスX2502018年モデルを最後に、2019年モデルからはヴェルシスX250 ツアラーのみのラインナップになりました。

水冷4ストロークDOHC 4バルブ並列2気筒パラレルツインエンジンを搭載。エンジンスタートからスムースな吹けあがり、低・中速回転域までの加速性とトルク感はパワフルです。

直進走行に強く、60~80km/hぐらいで安定した走りで、高速道路での巡行ではほとんど振動がなく疲れません

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

ヴェルシスX250ツアラーは、ヴェルシスX250にハンドガードDC電源ソケットエンジンガードパニアケース左右2個センタースタンドが標準装備された、完璧なツーリング仕様のバイクです。ツーリング、旅好きのライダーにおすすめしたいバイクです。

ただし一点だけ、元ヴェルシス乗りの私からのアドバイスですが、シートは固めなので長距離走行にはクッションシートは必須アイテムになります。乗り心地を確認して検討してみてくださいね。

詳しい情報はこちらへどうぞ

それぞれのバイクの最速はどれ?くらべてみました

すべて海外動画を参考にいたしました。詳しい内容はそれぞれのバイク記事を見てください

ヤマハ セロー250 ファイナルエディション ツーリングセロー 最高速度

残念ながらセローの最高速度を動画で示すものはなく、海外ではセローの兄弟車(外観は少し違いますが、エンジンやメータ周りは同じ)と言われるXT250の最高速度の動画がありました。メータ読みで80㎞/hぐらいです。
XT250は遅いようですが、セローは100㎞/h以上は出ます。

ホンダ CRF250 & CRF250 RALLY 最高速度

CRF250&CRF250 RALLYの最高速度は、メータ読みで130㎞/hぐらい出ています。GPSで120㎞/hぐらいです。

ヤマハ WR250R 最高速度

ヤマハ WR250Rの最高速度は、メータ読みで141㎞/hぐらい出ています。

カワサキ KLX230 最高速度

カワサキ KLX230の最高速度メータ読みで116㎞/hぐらいでています。

ヤマハトリッカー 最高速度

ヤマハトリッカーの最高速度メータ読みで110㎞/hぐらい出ています。

スズキ Vストローム250 最高速度

スズキ Vストローム250の最高速度メータ読みで138㎞/hぐらいです。

カワサキ ヴェルシスX250 / ヴェルシスX250 ツアラー 最高速度

カワサキ ヴェルシスX250 / ヴェルシスX250 ツアラーの最高速度メータ読みで160㎞/hぐらいです。

それぞれのバイクの最速は?

海外動画からの結果だと、最速はカワサキ ヴェルシスX250 / ヴェルシスX250 ツアラーになります。

私も元ヴェルシスX250乗りですが、Ninja250のエンジンを積んだヴェルシスは馬力も33PSありますので速いです。250㏄クラスで高速巡行するのには一番適してると思います。

まとめ

私が今一番はまっているカテゴリーがオフロード&アドベンチャーバイクになります。来年は日本でのオフ車の新車発表がないなんてさみしい話もあります。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。ツイッターもしていますので見てくださいね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる