新着情報更新中! 詳しくはこちら

2021 ホンダ 新型 ADV150とX-ADV それぞれの魅力をくらべてみました!

2021年新型でフルモデルチェンジをうけてアップグレードしたX-ADVと、期間限定カラー追加のADV150! スペックや機能性、走りの違いなど両車の魅力をくらべてみました

ホンダのADV150X-ADVはATスポーツ&アドベンチャーバイクとして、個性的で斬新なスタイルが特徴的です。

750ccのX-ADVは、NC750シリーズのエンジンをベースとした水冷2気筒エンジンにDCTを搭載、その弟分的存在になる150ccのADV150は、PCX150同系のeSPエンジンを搭載しています。

どちらも排気量の差はあるもののパワフルな加速性を得意とし、日常の街乗りから高速道路、峠や林道のラフ路面もこなせる走破性をもち合わせており、スクーターの枠をこえた快適なロングツーリングを楽しめるのが魅力です。

そこで今回は、2021年モデルでフルモデルチェンジを受けてアップグレードしたX-ADVと、スポーティな期間限定カラーを設定したADV150のそれぞれの特徴や違いなど、個人的見解も含みますが比較してみました。

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後にはADV150とX-ADVのちがいがわかるはずです。

目次

2021 ADV150 & X-ADV カラーとスタイリング

ADV150 & X-ADV カラー

ADV150

ロスホワイト 新色 (期間限定カラー)

左からゲイエティーレッド, マットメテオライトブラウンメタリック,
マットガンパウダーブラックメタリック 継続色

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

X-ADV

左からパールディープマッドグレー, グラファイトブラック 新色

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

ADV150とX-ADVのカラーの違いは?
ADV150は、受注期間限定カラーとして新色のロスホワイトを設定。継続色のゲイエティーレッドとともにストライプがADVらしいスポーティーな印象の2カラーに、落ち着きのあるブラウンメタリックとブラックメタリックを合わせて全4色展開となっています。

X-ADVは従来モデルのレッドがなくなり、グレーとブラックの全2色展開シンプルですっきりとしたカラーリング、都会の街でも映えるスタイリッシュな印象です。

ADV150 & X-ADV スタイリング

ADV150 & 右X-ADV

ADV150とX-ADVのスタイリングの違いは?
ADV150は、X-ADVとくらべると車高が高い印象で、カウル形状と車幅もコンパクトなイメージにみえます。機能部品を車体センターにレイアウトすることで、軽快さとタフさを両立し洗練されたスタイリングになっています。

X-ADV新設計のパネル採用で、エッジの効いたメカニカルな面構成のカウルを中心に、シャープでアグレッシブな印象です。前後方向の凝縮感が強調された車格と長めに設定したサスペンションで、アクティブで迫力のあるスタイリングです。

2021 ADV150 & X-ADV 発売日

*ADV150 (2021期間限定カラー)
発売日2021年7月22日 (受注期間:2021年6月11日~8月31日)
継続色[発売日:2020年2月14日]

*X-ADV
発売日2021年3月25日

2021 ADV150 & X-ADV 価格

*ADV150
価格451,000円(税込)

X-ADV
価格1,320,000円(税込)

2021 ADV150 & X-ADV スペック

車種名
(型式)
ADV150
(2BK-KF38)
X-ADV 
(8BL-RH10)
発売年月2021.7.(限定カラー)
2020.2.(継続色)
2021.3.
仕様国内国内
全長×全幅×全高(mm)1,960x760x1,1502,200×940×1,340
軸間距離(mm)1,3251,580
最低地上高(mm)165135
シ-ト高(mm)795790
車両重量(kg)134236
乗車定員(名)22
エンジン型式・種類水冷4ストローク
OHC単気筒
水冷4ストロークOHC
4バルブ直列2気筒
総排気量(cm³)149745
ボア x ストローク(mm)57.3×57.977.0×80.0
最高出力11kW[15PS]/8,500rpm43kW[58PS]/6,750rpm
最大トルク14N・m[1.4kgf・m]/6,500rpm69N・m[7.0kgf・m]/4,750rpm
始動方式セルフ式セルフ式
点火装置形式フルトランジスタ式フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)8.013
変速機形式無段変速式 Vマチック電子式6段自動変速(DCT)
タイヤ 前110/80-14M/C 53P120/70R17M/C 58H
タイヤ 後130/70-13M/C 57P160/60R15M/C 67H
ブレーキ形式 前油圧式ディスク油圧式ダブルディスク
ブレーキ形式 後油圧式ディスク油圧式ディスク
フレーム形式ダブルクレードルダイヤモンド
燃費
(WMTCモード値)
44.1km/L27.7km/L
燃費
(60km/h定地燃費値)
54.5km/L (2名乗車時)42.5km/L (2名乗車時)
スポンサーリンク

2021 ADV150 & X-ADV 気になる部分

フロント部分とライト類

*ライト類

ADV150は、アドベンチャーらしく戦闘的に鋭く光る2灯のヘッドライト、テールランプ、ウィンカーはすべてLEDを採用テールランプの内側に浮かび上がる”X”の文字が、クロスオーバーコンセプトを強調しています。

X-ADVもヘッドライト、ウィンカーやテールランプ、すべての灯火器はLEDです。白色点灯のデイタイムランニングライトが採用されたヘッドライトが特徴的。テールランプとともに先進性のあるデザインと明るさ視認性・被視認性が十分に確保されています。


*ウィンドスクリーン

ADV150は、71mm幅で”LOW”と”HIGH”の2段切替ができる可動式スクリーン気持ち良く風を感じながら走行したいときは”ローポジション“で、胸元に風を感じる高さになります。風が強いときや寒いときは”ハイポジション“に設定すると、ローポジション時よりも安定したハンドリングになります。

X-ADV新形状のリンク式ウィンドスクリーンは、手動で5段階に調整可能高さと同時に角度の変更ができます。工具不要なので、その時の状況に合わせて好みの位置に簡単に調整可能なのが便利です。

メーターとハンドルまわり

*ハンドルまわり

ADV150とX-ADVは幅広のテーパーハンドルを採用ダイレクトな路面接地感軽快なハンドリング性を発揮し、ラフ路面のオフロード走行でのハンドリングにも対応しています。

・両車とも急ブレーキ時にいち早く後続車に伝える、エマージェンシーストップシグナルを備えています。

ADV150のハンドルまわりの特徴
ハンドルの切れ角が40°と大きく(X-ADVは35°)、切り返しがイージーにできます。X-ADVよりも小回りが得意なため、取り回しが良好です。

・右スイッチボックスにはアイドリングストップを配し、信号待ちなど停車時の燃料消費、騒音、排出ガスを抑え、燃費向上と環境性能に貢献しています。

X-ADVのハンドルまわりの特徴
・風雨や飛び石などからガードしてくれるナックルガードと、寒いときには便利なグリップヒーター標準装備

・左スイッチボックスには、ホーンボタンの上にスロットルバイワイヤによる”ライディングモード“スイッチを配しています。

ライディングモード
パワー(3段階)、トラクションコントロール(3段階)、エンジンブレーキ(3段階)、DCT ATシフトスケジュール(5種類)、ABS(2段階)の設定を変更できる”スポーツ“、”グラベル“、”スタンダード“、”レイン“の4種、ライダーの好みで設定可能な”ユーザー“と合わせて5種のモードがあります。

両車のライディングポジションはアップライトで、前方の見通しがよく視界は良好!足元の自由度も高く、快適なポジショニングが取れるのがADV150とX-ADVのポジティブポイントです。

*メーター

ADV150の多機能のデジタル表示メーターは、スピードメーターをセンターに、オイル交換インジケーター、オド・トリップ、日付、時計、燃料計などを液晶パネルで表示し、パネルとは別にウィンカーやアイドリングストップ、ABSなどを表示するセパレートメーターを下部に設け多くの情報を見やすく表示します。

X-ADVは5インチのカラーTFTディスプレイのメーターを採用し、機能と情報別にエリアを分けて表示し、タコメーターとスピードメーターの表示を4パターンから選択可能になっています。

X-ADVは、新たにBluetoothでスマートフォンにリンク可能
ハンドルスイッチやBluetooth接続されたヘッドセットを通じたライダーの音声などで、スマートフォンのマップやミュージックアプリなどの操作を可能とするHSVCS(ホンダ スマートフォン ボイス コントロールシステム)を搭載しています。


*スマートキーシステム

・ADV150とX-ADVはは携帯しているだけで、キーのONとシート、給油口の開閉操作が行えるスマートキーシステムを採用しています。

X-ADV、シーソー式スイッチでシートとフューエルリッドの開錠操作が可能です。
オプションの50L容量のトップボックスはHonda スマートキーシステムと連動し、トップボックス取付ベース下のスイッチ操作でボックスの解錠ができるなど、日常の使い勝手にもこだわり利便性がアップしています。

シート下トランク&収納スペース

ADV150シート下トランク27Lの容量を確保し、フルフェイスヘルメットと小物、ツーリングで必要な荷物も入る収納力があります。そのほか2Lの容量のフロントインナーボックスを装備、中にはスマートフォンを充電できるDCソケットが設けられています。

X-ADVシート下トランクは、従来モデルよりも1Lアップの22Lの容量です。X-ADVより5L少ないですが、フルフェイスヘルメットを1個収納可能です。トランク内には荷物の確認に便利なラゲッジライト、Type-C USBソケットの新採用ETC2.0車載器を標準装備

そのほかフロント右側には、手袋などの小物を収納できるフロントポケットを装備しています。

(*両車ともヘルメットの大きさや形状によっては、収まらないこともあるので事前にチェックは必要です。)

両車ともリアシートとグラブバーがフラットなため、シートバックが積みやすいです!

スポンサーリンク

エンジン&フレーム

ADV150のフレームダブルクレードルの採用で、軽さと安定感のあるコントロール性が重視されています。ロングサスペンションの足まわりと快適な乗り心地を両立するよう、最適な剛性バランスが図られています。

X-ADVのフレームは、新設計のダイヤモンドフレームが採用されています。フレーム単体で約1kgの軽量化を実現し、スチールの粘り強さにより軽快で安心感のある走行に貢献しています。

ADV150のエンジンの特徴
149㎤ 水冷4ストロークOHC単気筒 の環境性能や日常での扱いやすさにこだわったeSPエンジンを搭載。低・中回転域での力強いトルクとスムーズな加速性を発揮します。エンジンスタートからパワフルな加速性中速域での快適性が高く、デイリーユースでも満足ができる走りを楽しめます。

X-ADVのエンジンの特徴
745cm³水冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒エンジン令和2年排出ガス規制(ユーロ5)に適合しています。
エンジンの軽量化、吸気系のレイアウトの最適化などによりリニアなスロットルレスポンスを発揮し、安定した燃焼効率を実現します。

従来モデルよりもトルク・加速性能がパワーアップされ、日常の街乗りでの扱いやすさとともに、高回転域へのパワフルな加速性を発揮するスポーティな走りまで、全回転域で快適な走行を楽しめます。

X-ADVはスムーズにシフトアップ・ダウンをしてくれるDCTを搭載しているため、シーンに合わせたライディングモードの選択でさらに安心感と快適性が高まっています。

足まわり

*サスペンション

ADV150は、130mmのロングストロークのフロントサスペンション、リアサスペンションには120mmのストロークのリザーバータンク付ダンパーを採用。安定した減衰力を発揮し、ラフな路面状況や高速巡航でも快適な乗り心地と優れたハンドル操作性を実現します。

X-ADVのサスペンションは、Φ41mmの減衰力調整式倒立フロントフォークを採用し、リアにはプロリンク式の軽量なモノサスペンションを装備し、前後ともプリロード調整可能です。

*ホイールとタイヤ

・両車ともチューブレスのブロックパターンタイヤを装備。

ADV150フロント14インチリア13インチの組み合わせで、ホイールはフロント12本、リア10本スポークを採用しています。路面情報がライダーにダイレクトに伝わりリニアなハンドリング性を発揮し、荒れた路面での走破性と安定性に貢献しています。

X-ADVは、フロント17インチ、リアには15インチ大径アルミ製のスポークホイールを採用。アドベンチャーテイストの走破性の高い足まわりになっています。

*ブレーキ

ADV150ブレーキは、前Φ240mm、後Φ220mmのウェーブディスクを採用し、ABSはフロントのみが作動する1チャンネルABSを装備しています。

X-ADVブレーキは、フロントにダブルディスクと対向4ポッドのラジアルマウントブレーキキャリパーの組み合わせとABSを標準装備し、十分な制動性を発揮します。

2021 ADV150 & X-ADV の魅力は?

ADV150は、切り返しや小回りが得意なハンドル特性です。街乗りでのキビキビとした走りと扱いやすさ、高速道路をつかった遠乗りでも伸びやかで安定した走りを可能にし、ロングツーリングまで難なくこなせます。

同クラスのスクーターよりもバイク感を楽しめて、アドベンチャースタイルを手軽に楽しめるのが魅力です。

X-ADVは車体バランスが良好で、パワフルな加速性と環境性・燃費の良さも両立する新エンジンにライディングモード、DCTを搭載し、各装備も最新なものへとアップグレードされています。

排気量の差はありますが、ADV150とは違うゆとりと、長旅でのさまざまな路面状況にも対応できる高い安心感と快適性をもち合わせているのが魅力です。

2021 ADV150 & X-ADV 足つき

ADV150 足つき

身長:176㎝ 体重:62㎏

👆SNSでのADV150の足つき情報になります。シート高は795mmです。

X-ADV 足つき

👆SNSでのX-ADVの足つき情報になります。シート高は790mmです。

2021 ADV150 & X-ADV 燃費

ADV150 燃費

燃費WMTCモード値で44.1㎞/Lになり、タンク容量は8.0Lになります。

航続距離をWMTCモード値で単純計算すると、ADV150の航続距離は352.8㎞になります。

X-ADV 燃費

燃費はWMTCモード値で27.7㎞/Lになり、タンク容量は13Lになります。

航続距離をWMTCモード値で単純計算すると、X-ADVの航続距離は360.1㎞になります。


両車とも普段使いやツーリングまで十分な燃費ですが、排気量の小さいADV150の方が燃費がよくタンク容量はX-ADVより少ないですが、渡航距離が同じぐらいになっております。

スポンサーリンク

2021 ADV150 & X-ADV 最高速度

ADV150 最高速度

最高速度(サーキット)はメーター読みで116㎞/h(動画再生から3分00秒付近)ぐらいになります。実速度は106㎞/hです。参考程度にご覧ください

X-ADV 最高速度

海外動画ですが、最高速度メータ読みで194㎞/hぐらいです。動画開始から1分17秒付近で到達しています。
参考程度にご覧ください

2021 ADV150 & X-ADV 中古情報

ADV150 中古情報

中古は2020~2021年モデルの走行距離5000㎞以内で総支払額38~50万ぐらいです。

現時点の最安値は2020年モデル、走行距離4679㎞で37.99万円(2021.6月 グーバイクさんでの検索情報です)

新車だと451,000円(税込)+αです。(定価購入の場合)

👇グーバイクさんの検索リンクになります。
https://www.goobike.com/index.html?_ga=2.228935964.1020477933.1594561294-1700473822.1594561294
※グーバイクさんのリンクは許可を得て貼っております(アフィリエイトリンクではありません)14

X-ADV 中古情報

中古は2018~2021年モデルの走行距離5000㎞以内で総支払額104~133万ぐらいです。

現時点の最安値は2018年モデル、走行距離3246㎞で103.75万円(2021.6月 グーバイクさんでの検索情報です)

新車だと1,320,000円(税込)+αです。(2021年モデルを定価購入の場合)

👇グーバイクさんの検索リンクになります。
https://www.goobike.com/index.html?_ga=2.228935964.1020477933.1594561294-1700473822.1594561294
※グーバイクさんのリンクは許可を得て貼っております(アフィリエイトリンクではありません)

2021 ADV150 & X-ADV おすすめのカスタム

ADV150 & X-ADV カスタムパーツ

おすすめのカスタムパーツ(バイクカバー含む)は以上になります。汎用の商品もありますので、購入される場合は再度確認してくださいね。

ADV150 & X-ADV カスタムマフラー

おすすめカスタムマフラーは以上になります。購入される場合は再度確認してくださいね。

まとめ

ADV150とX-ADVはスタイル・機能性もふくめ、郊外へのツーリング・旅をメインに楽しみたいかたにはピッタリなバイクではないでしょうか。

アドベンチャーバイクの購入を考えているかたは、ぜひ選択肢に入れて検討してみてくださいね。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。





スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる