新着情報更新中!詳しくはこちら

KTM 390 アドベンチャー 2022年モデル 新スタイルで機能性強化!最新情報です

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

KTMより、2022年モデルのKTM 390 アドベンチャーが発表されました!

主な変更は、カラーチェンジと足まわりが強化され、さらにアドベンチャーモデルとして機能性もアップデートされています。

2022年1月より、世界各地のKTMディーラー向けに導入予定です。

目次

2022年 KTM 390 アドベンチャー カラー

Blue & Orange



Black & Orange

引用先 KTM Japan URL https://www.ktm.com/en-int.html

2022年モデルのKTM 390 アドベンチャーカラーは、オレンジは新たなテーマカラーとなり、KTM 1290 R SuperDukeと最新のRCシリーズで導入されたブルーが採用され、全2色展開

2022年 KTM 390 アドベンチャー  スペック

車種名KTM 390 Adventure
発売年月2022.1.~
仕様海外
全長×全幅×全高(mm)
軸間距離(mm)1,430
最低地上高(mm)200
シ-ト高(mm)855
車両重量(kg)158
乗車定員(名)2
エンジン種類水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
総排気量(cc)373
ボアxストローク(mm)89.0 x 60.0
最高出力32kW[44PS]/9,000rpm
最大トルク37N・m/7,000rpm
始動方式 セルフスターター
燃料タンク容量(L)14.5
変速機形式6段変速リターン
タイヤ 前19インチ
タイヤ 後17インチ
ブレーキ形式 前油圧式ディスク+
4ピストンラジアルマウントキャリパー
ブレーキ形式 後油圧式ディスク+
シングルピストンフローティングキャリパー
フレーム形式 スチール製トレリスフレーム
燃費 29.67km/L
スポンサーリンク

2022年 KTM 390 アドベンチャー  変更ポイント

1. KTMのオレンジカラーが変更となり、ブルー&オレンジカラーの新採用。

2. 頑丈設計の5本スポークキャストホイールの新採用。

3. トラクションモード(ストリート&オフロード)を設定。利用可能なトラクション状態に応じて、後輪スリップ時には自動的に調整します。
オフロードモードは、滑って失速したりしてもリセットされなくなるよう改善されています。

KTM 390 アドベンチャー  気になる部分

ランプ類とウィンドスクリーン

引用先 KTM Japan URL https://www.ktm.com/jp/

LEDのヘッドライト、デイタイムランニングライト、テールランプ。

調整可能なウィンドスクリーンを装備。2つの長さの違うスクリーンをカタログから注文できます。

ハンドルまわりとメーター, フューエルタンク

引用先 KTM Japan URL https://www.ktm.com/jp/

アルミニウムのバーハンドルは操作もしやすく、着座でも立っていても理想的なライポジです。

Bluetoothペアリング接続可能な5インチのTFTスクリーンメーターを装備。

14.5Lのタンク容量を確保。満タンで400kmの航続距離を可能にしています。

フレーム

引用先 KTM Japan URL https://www.ktm.com/jp/

超軽量で安定感のあるトレリスフレーム。高剛性で頑丈なサブフレームは取り外し可能です。

足まわり

引用先 KTM Japan URL https://www.ktm.com/jp/

フロント19インチ、リア17インチのチューブレスCONTINENTAL TKC 70タイヤを装備。路上では優れたパフォーマンスと確かなグリップ性を発揮します。

Φ320mmフロントディスクとΦ230mmリアディスクを備えたBYBREのブレーキ採用。

BOSCH製デュアルチャンネルABSを装備し、十分な制動性と安全性も確保されています。

まとめ

KTM 390 アドベンチャーの2022年モデルは、カラーチェンジでイメージが一新されました。

オフロード走行での足回りの強化と、トラクションモードを繰り返し変更することなく快適にパフォーマンスを楽しめるよう改善されたところがポイントですね!

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

関連記事

目次
閉じる