新着情報更新中!詳しくはこちら

【ダックス125】ST125 DAX 復活! 注目度No.1 最新情報です

  • URLをコピーしました!

ホンダ欧州より「ST125 DAX」2023年モデルが正式発表され、日本では2022年3月19日、大阪モーターサイクルショーでお披露目となりました。

ホンダは2020年に”CT125 ハンターカブ”、2021年には”グロム”、”スーパーカブC125″と”モンキー125″の新型を続けて発表し、原付二種のラインナップが充実しています。

ここ数年、原付二種クラスでもAT小型限定の免許取得者が増加傾向もあり、初心者ライダーをはじめ、ベテランライダーの心もくすぐるリバイバルモデル「DAX125」の登場には、かなり注目が集まりそうです!

50年以上前(1969年)に初登場した”ダックス ホンダ ST50″から”DAX125″となり、ダックスはどんなバイクなのか、特長や魅力をお伝えします。

記事を書いている私はバイク歴20年ほど。乗り継いだバイクは9台になるそこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後にはDAX125のことがかなりわかるはずです。

目次

ホンダ ダックスはどんなバイク?

「ダックス」は1969年に初登場し、その復刻版モデルが1995年に発売されたレジャーバイクです。

「ダックスフンド」のような愛らしいフォルムが特徴的で、カブ系の49cc空冷4ストローク単気筒エンジンを搭載した3速ミッションバイク。

「ダックス」の歴史を簡単にお伝えしますが、興味のないかたは飛ばしてくださいね。


1969年と1995年のダックス を比較してみました。

1969年 ダックス ホンダ ST50 初期型


ダウンフェンダーとダウンマフラーがマウントされています。

1969年 ダックス ホンダ ST50 EXPORT 海外輸出モデル

ハイマウントのショートフェンダーとアップマフラーを装備。

1995年モデル ホンダ ダックス 国内モデル

メッキ仕様のダウンフロントフェンダーと

ハイマウントのアップマフラー

引用先: Honda Co. URL https://www.honda.co.jp/hondafan/meisha/

1969年モデルから1995年モデルの間は、以下のモデルが追加・マイナーチェンジを受けて発売されていました。

・1971年モデル DAX HONDA ST50-IV

・1972年モデル DAX HONDA 50SPORT-II

・1976年モデル DAX HONDA ST50-VI, ST50-VII

・1978年モデル DAX HONDA ST50-VI 仕様変更

・1978年モデル DAX HONDA ST50-VII 仕様変更

・1979年モデル DAX HONDA ST50-C

・1979年モデル DAX HONDA ST50-M

1969年に初登場したダックスの特長は?

・ST50(49cc・原動機付自転車)とST70(72㏄・2人乗り原付二種)が設定。

・フォルムは小柄で低重心、ホイールベースが長く胴長短足のダックスフンドを連想させることから、「ホンダ ダックス」のモデル名。

・スーパーカブをベースに、前傾80°空冷4ストロークSOHC単気筒エンジン・3速自動遠心クラッチ搭載。

・折りたたみ式ハンドルとステップ・横にしても洩れないガソリンタンク・着脱可能なフロント部分を特長とし、乗用車のトランクにも入るコンパクトサイズ。

「車載が可能なレジャーバイク」をコンセプトとし、モンキーと同じく、コンパクトで愛らしいフォルムは人気でした!

スポンサーリンク

2022 ダックス125 カラー|スタイリング

パールネビュラレッド



パールカデットグレー

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/pod/?from=navi_header

“ダックス”らしい、胴長の愛らしいスタイリングは引き継がれています。

フレームワークとアップマフラーが目を引きますね!

車体左側エアクリーナーボックスのカバーにST125のロゴ、右側マフラー上のロゴマークもポイント。

ダックスらしい個性と可愛らしさが光ります。

2022 ダックス125 発売日と価格

発売日2022年7月21日

価格440,000円(税込)

年間販売計画台数8,000台

年間の販売台数が8,000台!
購入を考えている人は、早めにアクセスしたほうが良さそうですね。

2022 ダックス125 スペック

2021年国内モデルのグロム、モンキー125と比較してみました。

車種名(型式)DAX 125
(8BJ-JB04)
グロムモンキー125
発売年月2022.7.2021.3.2021.9.
仕様欧州国内国内
全長×全幅×全高(mm)1,760x760x1,0201,760x720x1,0151,710x755x1,030
軸間距離(mm)1,2001,2001,145
最低地上高(mm)180180175
シ-ト高(mm)775761776
車両重量(kg)107102104
エンジン型式・種類空冷4ストローク
OHC単気筒
空冷4ストローク
OHC単気筒
空冷4ストローク
OHC単気筒
総排気量(cm³)123123124
ボア x ストローク(mm)50.0×63.150.0×63.150.0×63.1
最高出力6.9kw[9.4ps]/7,000rpm 7.4kW[10PS]/7,250rpm6.9kw[9.4ps]/6,750rpm
最大トルク11N・m[1.1kgf・m]
/5,000rpm
11N・m[1.1kgf・m]
/5,500rpm
11N・m[1.1kgf・m]
/5,500rpm
燃料タンク容量(L)3.86.05.6
変速機形式変速機4段ロータリー常時噛合式5段リターン常時噛合式5段リターン
タイヤ 前120/70-12M/C 51L120/70-12 51L120/80-12 65J
タイヤ 後130/70-12M/C 56L130/70-12 56L130/80-12 69J
ブレーキ形式 前Φ200mm油圧式ディスク
(ABS)+2ポットキャリパー
油圧式ディスク油圧式ディスク(ABS)
ブレーキ形式 後Φ190mm油圧式ディスク
+1ポットキャリパー
油圧式ディスク油圧式ディスク
フレーム形式プレス バックボーンバックボーンバックボーン
燃費
(WMTCモード値)
65.7 km/L68.5km/h
70.0km/L
燃費
(60km/h定地燃費値)
55.0km/L
(2名乗車時)
63.5km/h
(2名乗車時)
70.5km/L
(2名乗車時)

ダックス125(中央)(2023年欧州モデル)と
グロム(左)(2021年国内モデル)、モンキー125(右)(2021年国内モデル)との比較

ダックスは、グロムやモンキーに比べてタンク容量は小さいですが、トルク・パワーは引けをとらず、足回りはグロムとほぼ同様です。

4速自動遠心クラッチシステムが大きな特長で、左足シフトでクラッチは不要です!

ダックス125 気になるポイント

フロントライトとテールランプ



引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

✔ホンダらしい丸目のヘッドライトはダックスにも採用され、テールランプとともにLED

フロントインジケーターは、ポジションランプとしても機能。視認性・被視認性も確保されています。

メーター

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

✔メーターはモンキー125と同様、円形のネガティブLCD機器ディスプレイ。

シートとライディングポジション


引用元 Honda EU URL: https://www.honda.co.uk/

✔幅のあるシートは前後に長く自由度があり、タンデム走行でもゆとりがあります。

✔775mmのシート高で足つきも良好。アップハンドルで、腰かけるようなライポジなためリラックス走行を楽しめます。

スポンサーリンク

エンジンとマフラー

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

✔フレームは、プレス加工されたスチール製のバックボーンフレーム

✔グロムやモンキー125と同様、ボアxストロークは50.0 x 63.1mm。ロングストロークの空冷単気筒エンジンはユーロ5排出ガス規制に適合しています。

低・中速トルクの強さ燃費が良好。街中でのデイリーユースはもちろん、週末のプチツーリングも十分に楽しめそうです。
欧州モデルは、90km/h巡行を可能としています。

4速ロータリー式の自動遠心クラッチがポイント。フットレバーによるギアチェンジは、AT小型限定免許を持っている人も乗れるのが魅力です。

✔マフラーはCT125ハンターカブに似ていますが、オフロードを意識したDAXオリジナルのアップマフラーです。

足まわり

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

✔サスペンションはΦ31mm倒立フロントフォーク、リアにはツインショックを備え、さまざまな路面での接地感・快適な乗り心地を提供します。

✔ブラックアウトされた12インチの5本スポークホイール、グロムと同様にフロントに120mm幅、リアに130mm幅の12インチのファットタイヤを装備。

✔フロントブレーキは1チャンネルのABSとΦ220mm油圧ディスク、リアはΦ190mmの油圧ディスクを装備し、制動性も十分に確保しています。

ダックス125 まとめ

ホンダの原付二種クラスに新たに加わるダックス125、モダンレトロのスタイリングはとても魅力的です。

2022年注目のバイクとなるのは間違いないでしょう!

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。



この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

関連記事

目次
閉じる