新着情報更新中!詳しくはこちら

スーパーカブ110【オールニュー】新型 2022 ホンダ タイより発表!最新情報です

スポンサーリンク

2022年1月8日更新! 新着ニュース

ホンダ タイより2022年モデルのスーパーカブ110がニューカラーで発表されました!

目次

2022 スーパーカブ110 タイモデル カラー

Black


White


Blue & White


Red & White

引用先: Honda Thai URL https://www.thaihonda.co.th/honda/

2022年新型スーパーカブ110(タイ仕様)左と
2020年国内現行モデル右

2022 スーパーカブ110 タイモデル 価格

価格:16万4,000円(47700バーツ)[1バーツ=\3.44で換算]

2022 スーパーカブ110 タイモデル スペック

車種名スーパーカブ110
2022年モデル
仕様海外(タイ)
全長×全幅×全高(mm)1,876x698x1,042
軸間距離(mm)1,224
最低地上高(mm)132
シ-ト高(mm)744
車両重量(kg)98
エンジン型式空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒
ボア×ストローク(mm)47.0 x 63.1
総排気量(cc)109.5
燃料タンク容量(L)4.2
変速機形式変速機4段
タイヤ 前70/90-17M/C 38P
タイヤ 後80/90-17M/C 44P
ブレーキ形式 前ドラムブレーキ
ブレーキ形式 後ドラムブレーキ

2022年国内モデルのカラー展開とロングストローク化は?

ブレーキシステムはどうなるかなど、国内モデルの変更ポイントが気になりますね!

2020年9月の情報です👇

スーパーカブ110の新型をタイホンダが発表。新型のスーパーカブ110は”オールニュー”と銘打たれています

元来カブは燃費がいいのが特徴です。この新型のスーパーカブは新型エンジン(109.5cc)で更に低燃費を実現しており、リッターあたり71.4kmというから驚きです。

タイですので、日本と同じ燃費の計測方法かどうか?疑問ですが、燃費の改善をうたっているので、経済性も向上していると思われます。

エンジンの要は、63.1mmというロングストロークです。

・日本仕様の現行モデルはボア×ストローク:50.0×55.6mm
タイ仕様の新型:47.0×63.1mm

・スーパーカブC125:52.4×57.9mm
・CT125ハンターカブ:52.4×57.9mm

今後のスーパーカブ系エンジンの方向性を示しているのかもしれません。









引用先: Honda Thai URL https://www.aphonda.co.th/honda2017/

外観も魅力的に仕上がっており、前後シートがつながったロングシートがいいですね。

クロームメッキのグラブバーも実用性が高そうです。

前後サスペンションがロングストローク化されており、重量もタイ仕様の従来型から、3kgの軽量化をしています。

そしてメーターが140㎞まであるのが気になりますね。

まとめ

日本仕様にどう反映されるかわかりませんが、今後のホンダさんの動きに注目です。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる