新着情報更新中! 詳しくはこちら

スズキ GSX R1000R 2021年 スペック, 価格など新型情報です!

スズキ創立100周年記念モデル & 2021年新型のGSX R1000Rの最新情報お伝えします

2020年12月25日更新!スズキ GSX-R1000R 歴代王者 レプリカモデル7台が伊より発売!
スズキ イタリアより、6人のスズキ歴代チャンピオンのレプリカモデル7台が発売されます。興味のある方は下のニュースへどうぞ👇

スズキのスーパースポーツの代表格として2001年に初登場したのが”GSX-R1000(K1型 海外向け)”です。
2017年の完全新設計モデルとしてフルモデルチェンジをうけたのを機に、ハイグレードモデルとして登場したのが、日本国内仕様のGSX-R1000Rです。

2019年にマイナーチェンジをうけましたが、2020年はスズキが創立して100周年を迎える年となり、GSX-Rシリーズの最高峰のGSX-R1000Rに”100周年記念カラーモデル“が誕生しました。

更に、2021年モデルがカラーチェンジをうけて発売となっています!

100周年記念カラーモデル“と2021年新型モデルのカラーやスペックなどの基本情報中古情報などお伝えします。

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後にはGSX-R1000Rのことがかなりわかるはずです。

目次

GSX R1000R カラー

100周年記念カラー
トリトンブルーメタリック/ミスティックシルバーメタリック


2021年モデル
トリトンブルーメタリック(YSF)


マットブラックメタリックNo.2(4TX)

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

・2020年3月15日にスズキ創立100周年を迎えて誕生した100周年記念カラートリトンブルーメタリックXシルバーメタリックカラーは2020年のMotoGPに参戦するGSX-RRのカラーリングレプリカでした。上質で高級感のある、GSX-R1000Rの”The King of Sportbikes”の称号にふさわしいカラーリングです。

2021年モデルはMotoGPマシンをイメージさせる洗練されたレーシングカラーになっており、2色展開となりました。

GSX R1000R 発売日

*100周年記念カラー トリトンブルーメタリック/ミスティックシルバーメタリック
発売日2020年4月24日

*2021年モデル
(トリトンブルーメタリック, マットブラックメタリックNo.2)
発売日2020年7月30日

GSX R1000R 価格

価格2,156,000円(税込)

GSX R1000R スペック

車種名 / 型式GSX R100R ABS / 2BL-DM11G
発売年月2020.7. (100周年記念カラー: 2020.4.)
仕様国内
全長×全幅×全高(mm)2075x705x1145
軸間距離(mm)1420
最低地上高(mm)130
シ-ト高(mm)825
車両重量(kg)203
乗車定員(名)2
エンジン型式DTA1水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒
総排気量(cm³)999
最高出力 145kW[197PS]/13,200rpm
最大トルク 117N・m[11.9kgf・m]/10,800rpm
始動方式セルフ式
点火装置形式フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)16
変速機形式常時噛合式6段リターン
タイヤ 前120/70ZR17M/C (58W)
タイヤ 後190/55ZR17M/C (75W)
ブレーキ形式 前油圧式ダブルディスク (ABS)
ブレーキ形式 後油圧式シングルディスク (ABS)
フレーム形式ダイヤモンド
燃費
(WMTCモード値)
16.6km/L
燃費
(60km/h定地燃費値)
22.1km/L (2名乗車時)
スポンサーリンク

GSX R1000R 気になる部分

フロント部分とランプ類

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

Moto GPマシンのデザインだけではなく、そのボディワーク性能を引き継いだボディデザインになっています。防風効果だけではなく、安定したハンドリング優れた整流効果を生み出すフロントフェアリング、フェアリングノーズのスズキラムエアダイレクト(SRAD)吸気ダクトは吸気効率を向上しています。
また、フロントフェンダーの形状は空気の流れを最適化し、ダウンフォースを発生させ、ラジエターやブレーキの冷却効果とともにエンジンの燃焼効率アップに貢献しています。

・ヘッドライト(上側:ロービーム、下側:ハイビーム)、ポジションランプ、テールランプほかストップランプ、ライセンスランプ、ターンシグナルランプにもLEDを採用

・高輝度LEDの採用はコンパクトなサイズでも明るいため、視認性だけではなく軽量化にもつながっています。

メーター

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

多機能型フル液晶ディスプレイ表示のメーターです。コンパクトながらも豊富な情報を見やすく表示してくれます。

・背景色がブラックのネガティブ表示で、6段階の輝度調整が可能です。スピードメーター、タコメーター、オドメーター、トリップメーター、S-DMSモード、トラクションコントロールモード、ローンチコントロールモード、ギヤポジション、ラップタイム、燃料計、瞬間燃費計、平均燃費計、航続可能距離計、水温、外気温、時計、ETCを表示。

ギヤポジションインジケーターは、正確な磁気センサーを採用しています。

シャシーとパワーユニット

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

アルミ製ツインスパーフレームは軽量コンパクトで、リアフレーム、スイングアームとともに重量と剛性バランスが最適化されています。

・ヘルメット位置を低く伏せやすいようにデザインされたフューエルタンクは、前部分の両サイドの形状もニーグリップしやすいようになっています。

・ボアxストローク 76.0×55.1mm 999㎤ 4気筒DOHCエンジンを搭載。
マスの集中化がなされた、軽量コンパクトなエンジンは4つの技術を組み合わせたブロードパワーシステム“により、低・中速域での力強く粘りのある加速性とともに、高速域への回転・出力性能がアップしています。全回転域において、スムーズでパワフルな加速性能を発揮します。

ブロードパワーシステム

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

ブロードパワーシステムとは?
1. 可変バルブシステム(SR-VVT)
吸気カムに内蔵されたガイドプレートに入っている12個のスチールボールが、遠心力に応じて内外に移動し、吸気バルブのタイミングを早めたり遅くしたりすることで、インテークバルブタイミングを変化させるシステム。

このシステムの働きにより低回転域からトルクがあり、全回転域においてパワフルな加速性を発揮しています。

2. フィンガーフォロワーバルブトレイン
固定されたシャフトを支点にすることでカムの負担を軽減させ、軽量なチタン製のエキゾーストバルブ、インテークバルブの搭載とともにバルブのリフト量を増加させる機構。

これによりエンジンの高回転化に貢献し、正確なバルブコントロールを実現しています。

3. スズキエキゾーストチューニング-アルファ(SET-A)
連結管は#1と#4気筒のエキゾーストパイプを連結し、もう一つの連結管が#2と#3気筒のエキゾーストパイプを連結させ可変バルブを設けています。

これにより、低回転域ではバルブを閉じてトルクをアップさせ、高回転域ではバルブを開いて容量をふやして、背圧低減、排気脈動効果によりハイパワーを生み出しています。

4. スズキトップフィードインジェクター(S-TFI) & スズキデュアルステージインテーク (S-DSI)
・スロットルボディには2つのインジェクターを装備しています。
プライマリーインジェクターはエンジン稼働中は常に燃料を噴射し、高回転域ではもうひとつのトップフィードインジェクターが作動し、燃焼効率、スロットルレスポンス、最高出力を向上させるために最適な燃料を噴射します。

・#1と#4シリンダーにデュアルステージインテーク、#2と#3シリンダーにはシングルステージインテークを備えており、可変長インテークファンネルのように作動します。
低中速域では長いファンネルのように作動して、パワーとトルクが向上。高回転域では短いファンネルのように作動し、トップエンドのパワーとトルクを向上させます。
結果、低中速域から高回転域へのスムーズなパワーデリバリーを可能にしています。

電子制御システム

・高度な電子制御システムにより、スポーツライディングをサポートしてくれます。

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

ライダーをサポートする電子制御システムとは?
1. 慣性計測ユニット(IMU)
車両の動きと姿勢をピッチ、ロール、ヨーの3軸方向の角速度と、前後、左右、上下の6方向の加速度を検知します。
これにより、トラクション、ブレーキング、コーナリング制御をより正確かつ効果的に行います

2. スズキドライブモードセレクター(S-DMS)
左ハンドルスイッチに備えられたA・B・Cの3つのライディングモードから任意のモードを選択でき、エンジン制御マップの切り替えができます。
A:シャープなレスポンスで全回転域・全スロットル開度域において最高出力を発揮する、最速走行モード
B:スロットル中間開度域までのレスポンスがソフトの、快適走行モード
C:レスポンスが穏やかな、安心走行モード

ワインディング、市街地、高速走行などさまざまライディングシーンに合わせて、ライダーの好みに応じてモードを選ぶことができます

3. モーショントラックTCS (トラクションコントロールシステム)
路面状況やライダーの好みや経験レベルに応じて、10モードあるトラクションコントロール介入レベルを選ぶことができ、ドライブモード(S-DMS)と組み合わせることで30通りのセッティングが可能
効率的に駆動をリヤタイヤに伝え、状況に応じて最適な走行をサポートしてくれます。

4. スズキイージースタートシステム
ワンプッシュでエンジン始動ができます。

5. ローンチコントロール
レースでのスタート時に、効率的にスタートをサポートするシステム。
発進時のエンジン回転数を自動的に制限、出力を制御することにより、ライダーはクラッチミートに集中することができ、理想的なスタートの加速をサポートします。

6. 双方向クイックシフトシステム
ライダーがクラッチやスロットル操作をせずにシフトアップ&ダウンができる、双方向クイックシフトシステムを装備。
シフトダウン時はスロットルのブリッピングやクラッチ操作をすることなく、スピーディでスムーズなシフトダウンを行うスズキクラッチアシストシステム(SCAS)が働き、クラッチ操作がイージーにできます

シートと足まわり

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/
スズキのバイク URL https://suzukibike.jp/

・サスペンションには、SHOWA製BEF (バランスフリー フロントフォーク)とBFRC lite(バランスフリー リアクッション ライト)を搭載。
減衰力応答性が向上し、優れた衝撃吸収性と路面追従性を発揮し、軽やかでクイックなハンドリングに貢献しています。

フロントブレーキは、ブレンボ製φ320mmのステンレスフロントディスクと4ピストンキャリパーリアブレーキは、φ220mmのシングルディスクに1ピストンキャリパーの組み合わせを装備しています。

・IMUと連動するモーショントラックブレーキシステムを採用。IMUの情報に基づきABSの作動、ブレーキの圧力を最適にコントロールしサポートしてくれます。

ブリヂストン製 BATTLAX RACING STREET RS11ラジアルタイヤと6スポークアルミキャストホイールの採用。安定感のあるグリップ性と耐久性軽快なハンドリング性能に貢献しています。

・シートは先端がスリムに絞られた形状で乗りやすく、クッション性も確保されています。

・フロントシート下にはETC2.0車載器標準装備です。

GSX R1000Rのここが良い
・電子制御システムにより、車体姿勢に応じてスロットル開度が最適にコントロールされているので、スロットルが開けやすいです。
・前後サスペンションのしなやかさと優れた路面追従性のおかげで、ワインディング、コーナー進入時でも安定したハンドリングをキープできます。
・低速の力強いトルクのおかげで、どの回転域でもスムーズで自然なフィーリングで走行を楽しめます。

スポンサーリンク

GSX R1000R 燃費

燃費は走り方にもよりますが実燃費で約15~23㎞/L走ります。タンク容量は16Lになります。

単純計算になりますが、満タンにして走った場合約240~360㎞走ることになります。ツーリングまで十分な燃費です。

GSX R1000R 足つき

ツイッター上での情報になります。年式はいろいろですが、シート高は825mmです。175㎝以上の身長の方は足つきおおむね良いようです。

GSX R1000R 最高速度

L7の海外動画ですが、最高速度メータ読みで299㎞/オーバーGPSは330㎞/hですね。最後転んでます。。。参考程度に観てください。

GSX R1000R 中古情報

中古2018~2019年モデルの走行距離5000㎞以内総支払額171~175万ぐらいです。(2020.9月 グーバイクさんでの検索情報です)

新車だと2,156,000円(税込)+αです。

👇グーバイクさんの検索リンクになります。
https://www.goobike.com/index.html?_ga=2.228935964.1020477933.1594561294-1700473822.1594561294
※グーバイクさんのリンクは許可を得て貼っております(アフィリエイトリンクではありません)

バイク買取情報に興味あるかたはこちらへどうぞ👇
https://scrambler-life.com/2021-bike-king/

GSX R1000R おすすめのカスタム

GSX R1000Rカスタムパーツ

created by Rinker
Puig\Hi-Tech Parts∞プーチ

おすすめのカスタムパーツ(バイクカバー含む)は以上になります。購入される場合は再度確認してくださいね。

GSX R1000Rカスタムマフラー


おすすめカスタムマフラーは以上になります。ご購入されるときは型番を確認してくださいね。

まとめ

スズキのバイクを代表するリッターSSバイクです。異次元の走りをすることは間違いないと思います。一度は乗りたい。。。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる