新着情報更新中! 詳しくはこちら

ホンダ CB350RS 2021年モデル インドで発表!最新情報です

スポンサーリンク

2021 ホンダ GB350 新型公開! ハイネスCB350の国内モデルが発売になります」はこちら👇

“ハイネス CB350″がホンダインドより2020年秋に発表され、日本発売が2021年春頃?と話題となっていますが、早くも兄弟車の”CB350RS“がインドより発表となりました!

カラーやスペック、価格など最新情報をお伝えします。

目次

ホンダ CB350RS カラー

BLACK WITH PEARL SPORTS YELLOW


RADIANT RED METALLIC

引用元 HONDAインド URL https://www.hondabigwing.in/

インド発表の2021年モデル CB350RSはイエローとレッドの二色展開です。
ブラックをベースに、タンクカラーはCBレガシーを継承したブラック&イエローのデュアルカラーと、レッドはブラックのピンストライプが印象的で、両車ともスポーティなカラーリングになっています。

CB350との違いは?

・フォルムは両車とも同じですが、フェンダーやマフラーなどクロムメッキパーツを多用したシックカラーのクラシカルなCB350に対し、CB350RSブラックスモークの前後フェンダーなどブラックで統一され、レッドやイエローのタンクカラーでモダン&スポーティなロードスターとなっています。

車重はCB350よりも2kg軽量化され179kg

・CB350RSにはタックロールシートフォークブーツワイドなパターンタイヤを使用しており、スポーティでタフなイメージになりました。

・CB350RSはステッププレートがブラックになったステップが後方に位置し、ハンドルも少し低めの設定でやや前傾姿勢スポーティなライディングポジションです。

リアタイヤがCB350の130mm幅の18インチに対し、CB350RSは150mm幅の17インチにとなっています。

ホンダ CB350RS 価格

インド現地価格19万6000ルピー約28万6000円) [換算:1ルピー=\1.46]

ホンダ CB350RS スペック

2020年発表になったハイネスCB350と比較してみました。

車種名CB350RSH’ness CB350
仕様インドインド
全長×全幅×全高(mm)2,171x804x1,0972,163×800×1,107
軸間距離(mm)1,4411,441
最低地上高(mm)168166
シ-ト高(mm)800800
車両重量(kg)179181
エンジン空冷4ストローク
SOHC4バルブ単気筒
空冷4ストローク
SOHC4バルブ単気筒
総排気量(cc)348.36348.36
最高出力15.5kW[21PS]/5500rpm15.5kW[21PS]/5500rpm
最大トルク30N・m[3.05kgf・m]/3000rpm30N・m[3.05kgf・m]/3000rpm
変速機形式5速リターン5速リターン
燃料タンク容量(L)1515
ボア×ストローク(mm)70×90.51970×90.5
タイヤ 前100/90-19100/90-19
タイヤ 後150/70-17130/70-18
ブレーキ形式 前Φ310mmディスク+2ポットキャリパーΦ310mmディスク+2ポットキャリパー
ブレーキ形式 後Φ240mmディスク+1ポットキャリパーΦ240mmディスク+キャリパー不明
フレーム形式セミダブルクレードルセミダブルクレードル
燃費

ホンダ CB350RS 気になる部分

ライト部分

引用元 HONDAインド URL https://www.hondabigwing.in/

・ホンダ ネイキッドの象徴ともいえるヘッドランプリングにおさまる丸目一眼のヘッドライトウィンカーはともにLED
クラシカルなミラーはクロムメッキです。

・シートに埋め込まれるように配されたテールランプとフェンダーに付いたウィンカーは、コンパクトながらもLEDで被視認性も確保されています。

ハンドルまわりとメーター

引用元 HONDAインド URL https://www.hondabigwing.in/

・スイッチで一時停止や再スタートができる便利なエンジンスタート/ストップスイッチ、緊急停止時など後続車に知らせるハザードスイッチを配しています。

・クラッチレバー操作の負担を軽減し、急激なエンジンブレーキによるリヤタイヤのホッピングを抑えてくれるアシスト&スリッパークラッチを搭載。

アナログ式のスピードメーターとデジタル表示機能を組み合わせたシンプルな丸目のメーター。ディスプレイの明るさは、5つのプリセットレベルで状況に合わせて手動調整できます。

・燃料タンク残量、平均走行距離、瞬間燃費、マイレージインジケーター、ギアポジションインジケーター、バッテリー電圧情報、サイドスタンドインジケーター、HSTC、ABSなどコンパクトながらも必要な情報をわかりやすく表示してくれます。

サイドスタンドインジケーターとは?
サイドスタンドが作動している状態ではエンジンが始動しないため、メーター表示で状況が確認できます。

フレーム

引用元 HONDAインド URL https://www.hondabigwing.in/

・しなやかさと剛性バランスがとれたセミダブルクレードルのフレーム。フロントにかかる負荷が、エンジンを低い位置にとりつけて重心をさげることで最適化され、軽快なハンドリングを実現しています。

ワイドなハンドルバーは少し低めに構えられ、ステップ位置が後ろになったことで、やや前傾のライディングポジションです。

フロントフォークとシート

引用元 HONDAインド URL https://www.hondabigwing.in/

・CB350RSの特徴のひとつが、タックロールシートシート長は640mmクッション性もあり快適な乗り心地です。

タフなイメージフォークブーツグラブレールなど、ディテールにこだわりをもったCB350RSの魅力になっています。

エンジンとマフラー

引用元 HONDAインド URL https://www.hondabigwing.in/

348cc空冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒エンジンを搭載。全回転域でスムーズな加速性を発揮し、振動が少なく快適な乗り心地を実現します。

・後輪スリップを軽減サポートする、トルク電子制御のホンダ セレクタブルトルクコントロールシステム(HSTC)を搭載。

・エンジン下には、市街地、未舗装道路でも小石や泥はねからエンジンを保護してくれるスキッドプレートが装備されています。

・エキゾーストシステムは、45mmの大型のエキゾーストパイプ仕様でマフラー容量とのバランスを最適化し、シャープで迫力のある低音を響かせます。

マフラーは、クロムのヒートカバーとスモークブラックの組み合わせとなり、熱による変色を防ぐために二層構造になっています。

足まわり

引用元 HONDAインド URL https://www.hondabigwing.in/

前後フェンダー樹脂製のマットなブラックスモークカラーが特徴的で、軽量化にも貢献しています。

リアタイヤが17インチで幅150mmとワイドなパターンタイヤとなったことで、軽快な走りとともに凸凹路面での衝撃吸収・グリップ性もアップされています。

・ブレーキは、フロントにはCB350と同様の7本Y字スポーク19インチホイールに、Φ310mmディスクと2ポットキャリパーの組み合わせ、リアは17インチとなったホイールにΦ240mmディスクと1ポットキャリパーの組み合わせです。
また、CB350と同様にデュアルチャンネルのABSを搭載し、HSTCの装備とともに安心感にある足まわりになっています。

まとめ

ハイネスCB350の発売も気になるところですが、CB350とはイメージががらりと変わったスポーティなCB350RSもかなり魅力的です。
両車とも日本発売を期待したいですね!

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる