新着情報更新中! 詳しくはこちら

2021 ホンダ GB350 新型公開! ハイネスCB350の国内モデルが発売になります

スポンサーリンク

ホンダインドで発表になった”Highnessハイネス CB350“が国内でGB350として登場します!

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

2021年2月20日、ホンダよりオンラインイベント「ホンダモーターサイクルフェス2021」にて初公開されたGB350!
昨年インドで発表となった”Highnessハイネス CB350“をベースに、1980〜90年代に販売されていたクラシカルスタイルのGBシリーズをリバイバルさせた新しいGB350が発売されます。

目次

ハイネス CB350との違いは?

・現在発表されているGB350のカラーはマットブルーでブラウンシートととの組み合わせ、ハイネスCB350のカラーにはないカラーリングです。

前後フェンダーをクロムメッキ仕上げにしているハイネスCB350に対し、GB350はマットブラック仕上げのスチール製で、ステッププレートもブラックとなっています。

・ハイネスCB350のタイヤは、インドタイヤメーカーのMRF製ですが、GB350のタイヤには、ダンロップのアローマックスGT601が採用されています。

GB350はクラシカルなフォルムをベースに、スポーティなスタイリングネオクラシックバイクの仕上がりです。

ハイネス CB350についてはこちらへどうぞ👇

GB350の気になる部分

ライト類

ヘッドライト、テールランプ、ウィンカーはすべてLED採用です。

メーター

・160km/hまでの表示がある丸目アナログ式のスピードメーター、その一部右下のデジタル表示には、平均走行距離、リアルタイム走行距離、ギアポジションインジケーター、燃料タンク残量、時計などを表示します。

・さらに右側にはホンダセレクタブルトルクコントロールシステム(HSTC)とABSも表示。

フレームとエンジン

・しなやかさと剛性バランスがとれたスチール製のセミダブルクレードルフレームの採用。

・350cc空冷4ストロークOHC単気筒エンジンを搭載。どの回転域でも振動が少なく、スムーズな加速性と伸びのある走りで街乗りからロングツーリングまで幅広く楽しめます。

・シリンダー後部のメインシャフトに加えられた重さとシリンダー前部にあるバランサーシャフトとの位置と質量のバランスが最適化されることで振動を軽減しています。

アシスト&スリッパークラッチ、ホンダセレクタブルトルクコントロールシステム(HSTC)も搭載されています。

足まわり

・サスペンションは正立式フロントフォーク、プリロード調整可能なリアツインショック、スチール製のボックスタイプのスイングアームが装備されています。

Y字7本スポークのホイールダンロップのアローマックスGT601タイヤ(フロント19インチ/リア/18インチ)。
ブレーキはフロントにΦ310mmディスク、リアはΦ240mmディスクの採用、デュアルチャンネルABSを装備し、制動性もしっかり確保されています。

GB350のサウンドと動画

GB350のサウンドはこちらです👇
https://www.honda.co.jp/GB350/

インプレ動画です!

まとめ

国内モデルのGB350は、ハイネス CB350とはまた違うネオクラシックの魅力がありますね。
発売日や価格は未発表ですが、近日発表になると思います!

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。




この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる