新着情報更新中! 詳しくはこちら

2021 スズキ GSX-S750 ABS カラー変更のモデルチェンジ! 新型情報お伝えします

2021年モデルのGSX-S750 ABSのカラーやスペックなどの基本情報、中古情報、おすすめのカスタム情報をおつたえします

スズキ GSX-S750 ABSはGSX-R750のエンジンを引き継ぎ、スーパースポーツのパフォーマンスを発揮するネイキッドバイクとして2017年に国内で初登場しました。

750cc 4気筒エンジンを搭載し、発進時のエンジン回転数の落ち込みを緩和しスムーズなスタートを可能にする”ローRPMアシスト”システムなど最新テクノロジーも導入した、SSのエキサイティングな走りをストリートでも快適に楽しめるバイクです。

2021年モデルは、カラー変更のマイナーチェンジをうけて発売になりました。
新型 GSX-S750 ABSのカラーやスペックなどの基本情報、中古情報やおすすめのカスタムをご紹介いたします!

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後にはGSX-S750 ABSのことがかなりわかるはずです。

目次

2021 GSX-S750 ABS カラー

グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック (KEL) 新色


オールトグレーメタリックNo.3/グラススパークルブラック (BD7) 新色


マットブラックメタリックNo.2 (YKV) 継続色

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

2021年モデルのカラーは、グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリックオールトグレーメタリックNo.3/グラススパークルブラックが新たに加わり3色展開です。

2021年モデルと2020年モデルとの外観を比較してみました

2020年モデルと比べると、新色はフロントフォークがゴールドに、デカールとグラフィックが変更され、マフラーカバーはシルバーに統一されました。ブラックの配色が多くなり、さらにクールで戦闘的な印象のネイキッドに仕上がっています。

・左下のグラススパークルブラック/トリトンブルーメタリックは、専用のリムストライプにイエローが入っています。
・右下のオールトグレーメタリックNo.3/グラススパークルブラックは、ホイールがブルーになっています。

2021 GSX-S750 ABS 発売日

発売日2021年2月22日

2021 GSX-S750 ABS 価格

価格987,800円(税込)

2021 GSX-S750 ABS スペック

車種名 (型式)GSX-S750 ABS (2BL-C533F)
発売年月2021.2.
仕様国内
全長×全幅×全高(mm)2,125x785x1,055
軸間距離(mm)1,455
最低地上高(mm)135
シ-ト高(mm)820
車両重量(kg)212
乗車定員(名)2
エンジン種類水冷 4サイクル DOHC 4バルブ4気筒
総排気量(cm³)749
最高出力 (kW[PS]/rpm)83kW[112PS]/10,500rpm
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm)80N・m[8.2kgf・m]/9,000rpm
始動方式セルフ式
点火方式フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)16
変速機形式常時噛合式6段リターン
タイヤ 前120/70ZR17M/C (58W)
タイヤ 後180/55ZR17M/C (73W)
ブレーキ形式 前油圧式ダブルディスク (ABS)
ブレーキ形式 後油圧式シングルディスク (ABS)
フレーム形式ダイヤモンドフレーム
燃費
WMTCモード値
20.1km/L
燃費
60km/h定地燃費値
29.3km/L (2名乗車時)
スポンサーリンク

2021 GSX-S750 ABS 気になる部分

ヘッドライトとテールランプ

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

・鋭いカッティングデザインの異型ヘッドライトは、サイドに独立したポジションランプとともに野獣のような睨みのきいたフロントフェイスを演出し、GSX-S1000から受け継がれたアグレッシブな印象となっています。

・ショートなテールカウルにおさまったダブルレンズのテールランプはLEDが採用され、コンパクトながらも被視認性を確保。リアフェンダーは樹脂製で軽量化にも貢献しています。

ハンドルまわりとメーター


引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

・GSX-Sのロゴを中央に配した、マットブラック仕上げのテーパーハンドルはやや低めに設定されていますが、前傾はきつくなく自然なライディングポジションがとれます。

・左ハンドルバーにはトラクションコントロールモードのスイッチが設けられ、LCDインストルメントパネルの表示選択が可能です。

スズキのトラクションコントロールは?
点火タイミングとセカンダリスロットルバルブの開度により出力を制御し、路面状況に応じて効率よく最適なエンジン出力を伝えることで、よりスムーズなパワーコントロールを可能にしています。

モードは以下の3つより選択でき、オフにすることもできます。
1.スポーツライディングモード(良好な路面状況):感度レベルは低。システムによるサポートを最小限にしています。

2.街中の走行モード(通常の路面状況):感度レベルは中。一般的な路面状況に対して理想的なバランスです。

3.悪条件でのライディングモード(濡れている/冬場の冷えた路面):感度レベルは高。最大のトラクションコントロール。


・右ハンドルには、スズキイージースタートシステムを装備しワンプッシュで始動ができます。

スズキイージースタートシステムとは?
スターターボタンを押すと一定時間スターターモーターが回転。ECM(Engine Control Module)が始動状況を認識してスターターモーターを止めるシステム。

メーターフルLCDインストルメントパネルで輝度調整可能。スピードメーターやタコメーター、距離計、ギヤポジションインジケーター、トラクションコントロールモード、航続可能距離計、燃料計、時計など多くの情報を見やすく表示してくれます。

・さらにタコメーター表示は、5つの表示パターンから選択が可能です。

エンジン

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

749cm³水冷 4サイクル DOHC 4バルブ4気筒エンジンを搭載。750ccとは思えない4気筒エンジンのパワフルな加速性する、高回転で高出力型エンジンであるだけではなく、低速時でもパワーを落とすことなく、ストリートでも十分なパフォーマンスを発揮するようにチューニングされているのが特徴です。

・スロットルバルブやフューエルインジェクターにより、良好な燃焼効率でスムーズな出力性と低燃費を両立しています。

・アイドルスピードコントロール(ISC)とイリジウムスパークプラグの採用により、リニアなスロットルレスポンスを発揮し低速トルクがアップ、アイドリングも安定しています。最終減速比をローギヤード化し加速性能が向上されています。

・低回転域でも力があるため扱いやすく、ローRPMアシスト機能を採用することで、低速でのUターンや渋滞時のノロノロ運転でもストレスがありません。

ローRPMアシスト機能とは?
発進時や低回転走行時に、エンジン回転数、ギアポジション、スロットル開度、クラッチスイッチの情報をもとに、発進時のエンジン回転の落ち込みを緩和し、スムーズな発進を実現するシステム。

サスペンションと足まわり

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

・フレームはダイヤモンドで、スイングアームとともに十分な剛性を確保しています。

・サスペンションは、フロントにはΦ41mmの倒立フロントフォーク採用でややかための設定。リアサスペンションは適度な路面接地感・追従性を発揮し、軽快なハンドリングでコーナリングでも安定したスポーティ走行を楽しめます。

・ブレーキは前後ともペタルディスクを採用し、フロントはダブルディスクにラジアルマウントの4ポッドキャリパーの組み合わせと前後ABS標準装備で、強いブレーキング時でも安心感のある高い制動性を発揮します。

2021 GSX-S750 ABS 燃費

燃費は走り方にもよりますが実燃費で約20~25㎞/L走ります。タンク容量は16Lになります。単純計算で、航続距離は約320~400㎞になります。普段使用からツーリングまで十分な燃費といえそうです。

スポンサーリンク

2021 GSX-S750 ABS 足つき

👆ツイッター上でのGSX-S750 ABSの足つき情報になります。シート高は820mmです。

2021 GSX-S750 ABS 最高速度

旧モデルの海外動画ですが、最高速度はメータ読みで245㎞/hぐらいです。動画開始から1分10秒付近で到達しています。参考程度に観てください。

GSX-S750 ABS 中古情報

中古は2017~2020年モデルの走行距離5000㎞以内で総支払額80~90万ぐらいです。現時点の最安値は2017年モデル、走行距離1273㎞で78.2万円(2021.3月 グーバイクさんでの検索情報)です。

新車だと621,500円 (税込)+αです。(定価購入の場合)

👇グーバイクさんの検索リンクになります。
https://www.goobike.com/index.html?_ga=2.228935964.1020477933.1594561294-1700473822.1594561294
※グーバイクさんのリンクは許可を得て貼っております(アフィリエイトリンクではありません)

バイク買取情報に興味あるかたはこちらへどうぞ👇
https://scrambler-life.com/2021-bike-king/

2021 GSX-S750 ABS おすすめのカスタム

2021 GSX-S750 ABS カスタムパーツ

おすすめのカスタムパーツ(バイクカバー含む)は以上になります。汎用の商品もありますので、購入される場合は再度確認してくださいね。

2021 GSX-S750 ABS カスタムマフラー

おすすめカスタムマフラーは以上になります。購入される場合は再度確認してくださいね。

まとめ

GSX-S750は、市街地での低・中速時でもストレスのない快適な走りからアクセルを開ければすぐに鋭いハイパワーな走りを可能にするスーパーストリートネイキッドです。

750ccのミドルクラスでありながら、極上の”走り”を楽しめるのが魅力ですね。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる