新着情報更新中! 詳しくはこちら

2021 ヤマハ SR400ついに生産終了!SR400ファイナルエディションとファイナルエディションリミテッドが発売です

SR400がついに43年の歴史に幕をとじます!SR400 ファイナルエディションと1000台限定発売される特別仕様車 “Final Edition Limited”のカラーや特徴をお伝えします

ヤマハ クラシカルバイクーSR400
1978年に単気筒のスポーツバイクとして登場して以来スタイルや装備などモデルチェンジをくりかえし、環境規制など時代のニーズに対応したモデルを誕生させ、43年もの歴史を刻んできました。

しかし、その歴史についに終止符をうつときが来てしまいました。
SR400だけは残してほしいと願ってやまないファンは多いはず。。

終焉を迎えるに至った理由は、やはりこれから施行されるABS非搭載車の生産不可やユーロ5の適合規制などへの対応が難しくなったということです。
残念ではありますが、SR400の真髄だけはかえられません。だからこそ、幕を下ろさざるをえなくなったのです。

2021年最終モデル、”Final Edition“と「43年分の特別」と称した1000台限定の特別仕様車”Final Edition Limited“が発表されました。

ヤマハの匠技術のすべてがつまった両モデルのカラーや特徴、その他基本情報や中古情報、おすすめのカスタムをお伝えします。

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。
そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後にはSR400がわかるはずです。

目次

2021 SR400 ファイナルエディション/ファイナルエディションリミテッド カラー

SR400 Final Edition
ダークグレーメタリックN (ダークグレー)


ダルパープリッシュブルーメタリックX (ブルー)


SR400 Final Edition Limited EXCLUSIVE Model
ヤマハブラック (ブラック)

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/nmax/index.html

ファイナルエディションシンプルで洗練された大人カラーのダークグレーと、吸い込まれそうな美しい青色とブラウンシートのコントラストがフレンドリーな印象のブルーの2色、ファイナルエディションリミテッドブラック、合計3色展開になります。

・ファイナルエディションリミテッドは、”SRの有終の美をかざる”にふさわしいクラシックバイクそのもののカラー、ヤマハブラック。ブラックを基調にしたサンバースト塗装の美しさに惹かれます。

2021 SR400 ファイナルエディション/ファイナルエディションリミテッド 発売日

発売日2021年3月15日

2021 SR400 ファイナルエディション/ファイナルエディションリミテッド 価格

*SR400 Final Edition
価格605,000円(税込)

*SR400 Final Edition Limited
価格748,000円(税込)

Final Edition Limited は、1000台限定の「エクスクルーシブモデル」としてYSP店とアドバンスディーラーのみで販売される特別仕様車です。

2021 SR400 ファイナルエディション/ファイナルエディションリミテッド スペック

車種名
(型式)
SR400 Final Edition/
SR400 Final Edition Limited
(2BL-RH16J)
発売年月2021.3.
仕様国内
全長×全幅×全高(mm)2,085x750x1,100
軸間距離(mm)1,410
最低地上高(mm)130
シ-ト高(mm)790
車両重量(kg)175
乗車定員(名)2
エンジン種類空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒
総排気量(cm³)399
最高出力18kW[24PS]/6,500r/min
最大トルク28N・m[2.9kgf・m]/3,000r/min
始動方式キック式
点火装置形式フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)12
変速機形式常時噛合式5速リターン式
タイヤ 前90/100-18M/C 54S(チューブタイプ)
タイヤ 後110/90-18M/C 61S(チューブタイプ)
ブレーキ形式 前油圧式シングルディスク
ブレーキ形式 後機械式リーディングトレーリングドラム
フレーム形式セミダブルクレードル
燃費(WMTCモード値)29.7km/L
燃費(60km/h定地燃費値)40.7km/L (2名乗車時)
スポンサーリンク

2021 SR400 ファイナルエディション/ファイナルエディションリミテッド 気になる部分

フロントライト&テール部分

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/nmax/index.html

・SR400の特徴のひとつ、一眼ヘッドライトはこだわりのガラスレンズ仕様です。それとともに丸目のウィンカー、コンパクトなスクエア形状のテールライトのレトロ感はそのまま引き継がれています。

メーター

Final Edition


Final Edition Limited

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/nmax/index.html

・2つのアナログメーターは左がスピードメーター、右がタコメーターになっています。ファイナルエディションは白の文字盤に、ファイナルエディションリミテッドは黒の文字盤になっており、タコメーターには”Final Edition”のロゴが入っています。

フューエルタンクとサイドカバー

Final Edition

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/nmax/index.html

・ブラックのフューエルタンクにはクラシカルな”Final Edition”のフォントがさりげなく、サイドカバーにはシンプルな”SR”、ブルーのサイドカバーのグラフィックはSRであることの主張を感じさせます。

キックスタート

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/nmax/index.html

SR400のアイデンティティ、プライドともいえる目覚めの儀式ーキックスタート
デコンプレバーを握って、体重をかけながら思い切りキックをふみぬいたとき、一蹴りでエンジンがかかる喜びとワクワクの瞬間こそがSR400の醍醐味です。

エンジン

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/nmax/index.html

空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒エンジンを搭載。豊かなトルク性とともに、エンジンスタートからスムーズな走り出しで、低・中速域での加速性を発揮します。

・車重の軽さと細身のタイヤにより、軽快なハンドリングきびきびとした走りを楽しめます。

SR400は匠技術の結集作品
・バイクのスタイルを決めるフェンダーは、デビュー以来スチール製クロームメッキ仕上げを採用。一回のプレスで良し悪しが決まってしまうため、美しいフォルムは経験豊かな匠のなせるわざです。

SRクランクケースカバーは、熟練の匠の目と手技により4種類の磨きと何回ものチェック工程を重ね、最終的にクリア塗装仕上げが施されて鏡のような輝きがうまれます。

・冷却フィンから美しい曲線でのびるスチール製メッキのエキゾーストパイプは、職人の手により緻密な角度調整が幾度となくなされ完成していきます。

マフラーから放つビックシングルらしい低音と歯切れのいいサウンドは、SRにしか出せない音色です。

Final Edition Limited Exclusive Model の特別とは

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/nmax/index.html

1. フューエルタンクの美色ーサンバースト塗装
ベースカラーとボカシという二つの塗装行程は、すべて職人による丁寧な手仕事で完成していきます。できるのは一日に5台が精一杯とのこと。ひとつとして同じものはなく、音叉エンブレムは真鍮製です。

2. サイドカバーの電鋳立体エンブレムには、”Final Edition”の文字と001から1000までのシリアルナンバーが刻まれます。

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/nmax/index.html

3. シートには上質感のある茶と黒の本革調表皮を採用。側面はブラックとし、ステッチもリミテッド専用色です。

4. 前後リムには、ボディカラーにマッチした新色のアルマイト処理のカッパーブラウンを採用し、高級感のあるクラシカルバイクの足元になっています。

2021 SR400 ファイナルエディションのPV

SR400 燃費

燃費は走り方にもよりますが実燃費で約25~35㎞/L走ります。タンク容量は12Lになります。

単純計算で、航続距離は約300~420㎞になります。デイリーユースからツーリングまで十分な燃費といえそうです。

スポンサーリンク

SR400 足つき

👆ツイッター上でのSR400の足つき情報になります。シート高は790mmです。

SR400 最高速度

海外動画になりますが、最高速度は約140㎞/h(動画再生から35秒付近)になります。参考程度にご覧ください

SR400 中古情報

中古は2018~2020年モデルの走行距離5000㎞以内で総支払額57~67万ぐらいです。(2021.1月 グーバイクさんでの検索情報です)

新車だと Final Editionで605,000円(税込)+αです。(定価購入の場合)

👇グーバイクさんの検索リンクになります。https://www.goobike.com/index.html?_ga=2.228935964.1020477933.1594561294-1700473822.1594561294
※グーバイクさんのリンクは許可を得て貼っております(アフィリエイトリンクではありません)

バイク買取情報に興味あるかたはこちらへどうぞ👇
https://scrambler-life.com/2021-bike-king/

SR400 カスタムパーツ

おすすめのカスタムパーツは以上になります。汎用の商品もありますので、購入される場合は再度確認してくださいね。

SR400 カスタムマフラー

おすすめカスタムマフラーは以上になります。購入される場合は再度確認してくださいね。

まとめ

“43年分の特別”のLimited、はっきり言って欲しいバイクです。。
眺めていると、しみじみとさせられますね。

時代の流れによりまたひとつバイクが去ることは残念ですが、SR400はヤマハのレジェンドバイクとして、記憶に残る名車になることとおもいます。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる