新着情報更新中! 詳しくはこちら

2021年 最新 おすすめスクーター125 ランキング10選でご紹介!

街乗り、コミューターバイクとして人気のあるスクーターですが、ここ数年とくに125ccクラスのスクーター利用者が増えてきているようにおもいます。

50ccでは出せないパワーと速度がだせるため、小型二輪免許があれば毎日の通勤や通学にはとても便利なのが125㏄クラスのスクーターです。

2020年につづき、2021年モデルが早くも発表されている人気スクーターや110ccクラスのスクーターをふくめ、個人的見解も含みますが、総合的な分析をもとに”おすすめスクーター125ランキング10選“として、それぞれの評価や特徴などをご紹介いたします!

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。
そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後には自分にあった125ccスクーターがわかるはずです。

目次

2021年 おすすめスクーター125 新型 ランキング10選です

10位 ヤマハ トリシティ125

マットペールブルーメタリック2(マットペールブルー)
価格423,500円(税込)
[トリシティ125 ABSモデル:462,000円(税込)]

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/nmax/index.html

・ヤマハ初の三輪バイク(LMW)トリシティ125は、2014年に初登場しました。ユニークなスタイリングでBLUE COREエンジンを搭載し、二輪スクーターにはない安定性が特徴です。

・車体が重く高価格ではありますが、風が強い日や路面状況が悪くても左右前輪のアシストによる安定した走り転倒リスクが低く、ツーリングでもストレスの少ない走行を可能にします。

全長×全幅×全高(mm)1,980x750x1,210
シ-ト高(mm)765
車重(kg)159 (ABS:164)
エンジン水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒
総排気量(cm³)124
タンク(L)7.2
燃費
(WMTCモード値)
43.6km/L

トリシティ125の評価 (5点満点評価)
*スタイリング:4
*取りまわし:3
*ツーリング:4
*燃費:3
*コスパ:3 

最大のポジティブポイントは、転倒リスクが少なく安定した走りが楽しめるところです。一方で三輪にしたことにより重量が重く、どうしても取りまわしが悪くなってしまう点が評価が分かれるところです。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

9位 ホンダ Dio110

マットギャラクシーブラックメタリック
価格235,400円(税込)(受注期間限定モデル:パールジャスミンホワイト同価格)
[他4色カラー:235,400円(税込)]

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

Dio110は、110ccスクーターのなかでも洗練されたスタイリングの良さ実用性の両方をもち合わせたスクーターです。
軽い車重低燃費・環境性能の高いeSPエンジンを搭載し、キビキビとしたスポーティな走りができるのが魅力です。

14インチのホイールとフロントのディスクブレーキを装備しているため、安定した走行と制動性をもちあわせています。

全長×全幅×全高(mm)1,870x690x1,085
シ-ト高(mm)750
車重(kg)100
エンジン空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm³)108
タンク(L)5.2
燃費
(WMTCモード値)
54.0km/L

Dio110の評価 (5点満点評価)
*スタイリング:4
*取りまわし:3
*ツーリング:2
*燃費:5
*コスパ:5 

110㏄なので価格が安く、燃費がよいことでコスパは非常に良いです。普段使いや通勤、通学には最適なスクーターでしょう。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

Dio110の2021年新型モデル情報はこちらです👇

スポンサーリンク

8位 ヤマハ アクシスZ (2021年新型モデル)

マットダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック2(マットグリーン)
価格247,500円(税込)

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

アクシスZはヤマハのBLUE CORE”エンジンを搭載し、優れた燃費・環境性能と走りの楽しさを両立したスクーターです。

・アドレス125にくらべて15mm高の770mmのシート高で大きくみえるスタイリングですが、車重は125ccクラスでは100kgと最軽量なため、取り回しはイージー燃費がクラスナンバー1なのが魅力です。

全長×全幅×全高(mm)1,790x730x1,145
シ-ト高(mm)770
車重(kg)100
エンジン空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒
総排気量(cm³)124
タンク(L)5.5
燃費
(WMTCモード値)
54.6km/L 

アクシスZの評価 (5点満点評価)
*スタイリング:3
*取りまわし:4
*ツーリング:2
*燃費:5
*コスパ:4 

125㏄クラスでは、アドレス125に次いで価格が安く燃費もクラスNo1なのが魅力です。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

7位 スズキ スウィッシュ

スウィッシュ
トリトンブルーメタリック
価格324,500円(税込)


スウィッシュリミテッド
トリトンブルーメタリック
価格346,500円(税込)

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

スウィッシュは、スズキ アドレス125の上級モデルスクーターとして2018年に初登場しました。高い燃費性能と優れた加速性を発揮するSEPエンジンを搭載

前後10インチのホイールを装備しているため狭い路地裏などでの小回りや切り返しがしやすく、取り回しの良さが特徴です。またリアキャリアが標準装備され、さらにグリップヒーターナックルバイザーシートヒーターが装備されたスウィッシュリミテッドが設定されています。

スウィッシュスウィッシュ
リミテッド
全長×全幅×全高(mm)1,830x690x1,0951,830x740x1,095
シ-ト高(mm)760770
車重(kg)114115
エンジン強制空冷 4サイクル
SOHC2バルブ
単気筒
強制空冷 4サイクル
SOHC2バルブ
単気筒
総排気量(cm³)124124
タンク(L)5.55.5
燃費
(WMTCモード値)
50.1km/L50.1km/L

スウィッシュの評価 (5点満点評価)
*スタイリング:3
*取りまわし:5
*ツーリング:3
*燃費:4
*コスパ:4 

これまでのスズキのスクーターにはなかったスタイリングが特徴です。全体的にバランスが取れていて、グリップヒーター、ナックルバイザー、シートヒーターが装備されたスウィッシュリミテッドは、価格は高めですが寒い日の通勤には最高と言えそうです。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

6位 スズキ アドレス110

ソラリスシルバー
価格225,500円(税込)

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

アドレス110はアドレス125とともに”通勤快速”とうたわれ、通勤や日常生活の”足”にふさわしいスクーターです。

・軽量なので取りまわしがよく低燃費であることは言うまでもありませんが、2021年モデルは14インチホイールにコンバインドブレーキ(前後連動ブレーキ)が採用され、直進安定性と制動性がアップされています。装備が向上されながらも低価格をキープ、コスパの良さはピカイチです。

全長×全幅×全高(mm)1,845x665x1,095
シ-ト高(mm)755
車重(kg)100
エンジン強制空冷4サイクル SOHC2バルブ単気筒
総排気量(cm³)112
タンク(L)5.2
燃費
(WMTCモード値)
48.9km/L

アドレス110の評価 (5点満点評価)
*スタイリング:3
*取りまわし:5
*ツーリング:2
*燃費:4
*コスパ:5 

スッキリとした細身のスタイリングにも好感がもてます。価格、燃費、取りまわしなど普段使いなら最高のスクーターと言えそうです。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

5位 ヤマハ NMAX

マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー)
価格368,500円(税込)

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

NMAXはMAXシリーズのDNAを引きついだ125ccスクーターとして、スポーティな走りと存在感のあるスタイリングが魅力です。

2021年モデルはフルモデルチェンジをうけ、カラーやスタイリングとともに、フレームやBLUE CORE”エンジンも新しくなり、そのほかトラクションコントロールシステムの初採用やスマートフォンの専用アプリと連動したY-Connectも新搭載しています。

優れた燃費と環境性能をもちながらパワフルな加速力と走行性を発揮13インチの前後タイヤサスペンションの高い剛性力のおかげで安定感のある走行を可能にしています。

・足をのばせるゆとりのあるライディングポジションのおかげで疲れづらく、街乗りからツーリングまで幅広く楽しめます。

全長×全幅×全高(mm)1,935x740x1,160
シ-ト高(mm)765
車重(kg)127
エンジン水冷4ストロークSOHC4バルブ 単気筒
総排気量(cm³)131
タンク(L)7.1
燃費
(WMTCモード値)
46.9km/L

NMAXの評価 (5点満点評価)
*スタイリング:5
*取りまわし:3
*ツーリング:5
*燃費:4
*コスパ:3 

スタイリングもよくツーリングも十分にこなせるポテンシャルを持っています。通勤もツーリングも楽しみたいという人には魅力的なスクーターです。2021年モデルはライバルのホンダPCXに負けないくらい、スタイリングや装備、機能性もさらに進化しています!

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

4位 ホンダ リード125

マットギャラクシーブラックメタリック (受注限定モデル)
価格319,000円 (税込) (ツートンカラーも同価格)
[単色カラーモデル価格:315,700円(税込)]

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

リード125は125ccスクーターの中でも歴史が長く、2013年にスポーティな125ccスクーターとして新登場しました。上質で洗練された大人のスクーターとして、スタイリングの良さからも幅広い世代に人気のスクーターです。

静かで低振動低・中速域に強い出力特性の水冷4ストロークOHC単気筒 eSPエンジンを搭載。燃費の良さとパワーを両立した、街乗りに最適なスクーターです。

全長×全幅×全高(mm)1,840x680x1,130
シ-ト高(mm)760
車重(kg)114
エンジン水冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm³)124
タンク(L)6.0
燃費
(WMTCモード値)
50.0km/L

リード125の評価 (5点満点評価)
*スタイリング:4
*取りまわし:4
*ツーリング:3
*燃費:5
*コスパ:4 

PCXと同様のエンジンが搭載されていて、人気の高いスクーターです。幅広いシーンでも活躍できそうなバランスの良さが魅力です。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

スポンサーリンク

3位 ヤマハ シグナスX

ディープパープリッシュブルーメタリックC
価格335,500円(税込)

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

・初代から10年以上の歴史があり、”タフネス・コンフォート・コミューター”をコンセプトに進化し続けているシグナスX。丈夫で力強い走りとともにコスパの良さと利便性の高さを持ち合わせ、街乗りや通勤はもちろん、走りそのものも楽しめるスクーターです。

全長×全幅×全高(mm)1,890x690x1,120
シ-ト高(mm)775
車重(kg)119
エンジン空冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒
総排気量(cm³)124
タンク(L)6.5
燃費
(WMTCモード値)
37.3km/L

シグナスXの評価 (5点満点評価)
*スタイリング:5
*取りまわし:4
*ツーリング:4
*燃費:3
*コスパ:4 

シグナスは独自のパワーがあります。アクセルを開けるとダイレクトに加速するので、ほかのスクーターにはない感覚を味わえることができ、スタイリッシュな外観も魅力です。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

2位 スズキ アドレス125

キャンディパトリシアンレッド
価格225,500円(税込)
[フラットシート仕様:231,000円(税込)]

引用元:ウェビック バイク・スクーターURL https://www.webike.net/

・軽さと乗りやすさ、燃費の良さに定評があり、低価格なことからも街乗り・通勤スクーターのナンバー1といっても過言ではないのがアドレス125です。

・パワーを落とさずに低燃費を実現するSEP(スズキ・エコ・パフォーマンス)エンジンを搭載。シート高は755mm(フラットシート仕様は760mm)で125ccクラスでも一番の足つきの良さと、長さのあるシート(656mm)とゆとりあるフロアボードのおかげで、足元の自由度が高く快適な乗り心地も確保しています。

全長×全幅×全高(mm)1,845x665x1,095
シ-ト高(mm)755 (フラットシート:760)
車重(kg)109
エンジン強制空冷4サイクル SOHC2バルブ単気筒
総排気量(cm³)124
タンク(L)6.0
燃費
(WMTCモード値)
51.0km/L

アドレス125の評価 (5点満点評価)
*スタイリング:3
*取りまわし:5
*ツーリング:3
*燃費:5
*コスパ:5 

125ccクラスのなかでも、20万円台前半の低価格を実現しています。街乗りや通勤、通学に特化しており、非常に乗りやすく取り回しも良いです。セカンドバイクとしても活躍できる1台です。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

1位 ホンダ PCX (2021年新型モデル)

マットディムグレーメタリック
価格357,500円(税込)

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

PCXは2010年に初登場して以来モデルチェンジやマイナーチェンジを繰り返し、スタイリングや実用性・快適性を進化させ、国内外で人気が高いスクーターの代表格です。

・2021年モデルはカラーやスタイリングだけではなく、パワーアップしたeSPエンジンや”Hondaセレクタブルトルクコントロールシステム“の採用など、装備も新しくなりトータル的にグレードアップしています。

全長×全幅×全高(mm)1,935×740×1,105
シ-ト高(mm)764
車重(kg)132
エンジン水冷4ストSOHC4バルブ単気筒
総排気量(cm³)124
タンク(L)8.1
燃費
(WMTCモード値)
47.4km/L

PCXの評価 (5点満点評価)
*スタイリング:5
*取りまわし:3
*ツーリング:5
*燃費:4
*コスパ:5 

ツーリングから通勤まで幅広く活躍でき、国内で最も売れているスクーターです。2021年新型も発表され、さらに進化しています。今年もNo1の座はPCXになりそうです。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

まとめ

使用目的はさまざまだと思いますが、110~250ccスクーターはいつでも乗れる手軽さと生活密着度の高いバイクです。
そのため使用頻度は多くなりますので、最適なメンテナンスをしながら長く乗っていきたいものです。

今回は勝手ながら10台をセレクトしてみましたがそれぞれに個性があり、これ以外にも魅力あるスクーターはまだありますので、じっくり探してみてください。

気に入ったバイクや興味のわくバイクがありましたら、バイク屋さんにGOですね!

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる