新着情報更新中!詳しくはこちら

ホンダ Dio110 スペックや最高速、おすすめカスタムなど最新情報!

  • URLをコピーしました!

ホンダ Dio110は2011年の発売当初より、スタイリッシュな外観と取り回しの良さ、燃費の良さからも人気が高く、

毎日の通勤・通学など街乗りに最適な110ccスクーターです。

2021年モデル情報
2021年モデルのDio110はカラーやスタイリング、装備が新しくなりました!

2019年モデルから約1年半ぶりに発売になりますが、カラーリングのみならず、新設計のフレームやエンジン特性、新デザインのメーターやスマートキーの装備など新しく生まれ変わって登場です。


2021年新型のDio110のカラーやスペックほか変更した箇所の基本情報、Dio110の中古情報やおすすめのカスタムもお伝えします!

目次

2021 Dio110 カラー|スタイリング

2021 Dio110 カラー

マットスターリーブルーメタリック


マットギャラクシーブラックメタリック


パールジャスミンホワイト


ディセントシルバーメタリック

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

2021年モデルと2019年モデルのスタイリングのちがい

2019年モデルと2021年モデルの外観を比較してみました👇

2021年のスタイリングは、フロントカウルの形状など丸みをおびたボディーライン!

さらにエレガントで上質なフォルムになっています。

2019年モデルのカラー展開と価格

左上フォギーブルーメタリック、右上パールアイスバーグホワイト
左下ランベントシルバーメタリック、右下ポセイドンブラックメタリック
価格235,400円(税込)

マットギャラクシーブラックメタリック
パールジャスミンホワイト受注期間限定モデル (受注期間:2019年5月30日~8月31日)
価格:238,700円(税込)

2021 Dio110 発売日と価格

発売日2021年2月25日

マットスターリーブルーメタリック
マットギャラクシーブラックメタリック
価格245,300円(税込)

パールジャスミンホワイト
ディセントシルバーメタリック

価格242,000円(税込)

2019年モデルよりも、マットギャラクシーブラックメタリックは6,600円、パールジャスミンホワイトは3,300円アップしてます。

2021 Dio110 スペック 2019年モデルと比べてみました

車種名 (型式)Dio110 (2BJ-JK03)Dio110 (2BJ-JF58)
発売年月2021.22019.2.
受注期間限定モデル:2019.7.
仕様国内国内
全長×全幅×全高(mm)1,870x685x1,1001,870x690x1085
軸間距離(mm)1,2551,255
最低地上高(mm)150130
シ-ト高(mm)760750
車両重量(kg)96100
乗車定員(名)22
エンジン種類空冷4ストロークOHC単気筒空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm³)109108
ボアxストローク(mm)47.0×63.150.0×55.1
最高出力6.4kW[8.7PS]/7,500rpm6.6kW[9.0PS]/7500rpm
最大トルク9.0N・m[0.92kgf・m]/
5,750rpm
9.3N・m[0.95kgf・m]/
5,500rpm
始動方式セルフ式セルフ/キック
点火装置形式フルトランジスタ式フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)4.95.2
変速機形式無段変速式Vマチック無段変速式Vマチック
タイヤ 前80/90-14M/C 40P80/90-14M/C 40P
タイヤ 後90/90-14M/C 46P90/90-14M/C 46P
ブレーキ形式 前油圧式ディスク油圧式ディスク
ブレーキ形式 後機械式リーディング・トレーリング機械式リーディング・トレーリング
フレーム形式アンダーボーンアンダーボーン
燃費
(WMTCモード値)
54.9km/L54.0km/L
燃費
(60km/h定地燃費値)
59.4km/L (2名乗車時)57.9km/L (2名乗車時)

2019年モデルよりも、車重が4kgも軽くなっています!

ロングストローク化され、燃費もアップしています。

スポンサーリンク

2021 Dio110 気になるポイントと変更箇所

フロント部分とテールライト

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

上質な質感で丸みのある形状のフロントカウルには、ポジションランプとビルトインされたウィンカーが一体となっており、ライトのシャープさが際立っています。

モダンな光を放つ新デザインとなったテールランプ。

コンパクトながらもフロントとリアのウィンカーはクリアレンズを使用しているので、視認性・被視認性は良好です。

メーター

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

新デザインの液晶ディスプレー付きメーター。

上部に低燃費走行をサポートするECOインジケーター、中央にはアナログ式のスピードメーター、下部の液晶画面には走行距離、燃料残量を表示。

必要な情報を見やすく表示してくれます。

2019年モデルのメーターです👇

エンジンとフレーム

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

空冷4ストロークOHC単気筒eSPエンジンを搭載。
総排気量が108ccから109ccにアップし、環境・燃料性能が追及されたeSPエンジンは新設計されています。

圧縮比を高めたコンパクトな燃焼室となり、従来モデルよりもピストンストロークがアップしたことで燃焼効率が高まり、低燃費でありながら低・中速域での力強い走りを実現しています。


最高出力と最高トルクは従来モデルよりもわずかながらダウンしていますが、新設計されたフレームにより車重が96kgになったことで、取り回しやハンドリングはさらにイージーで軽快な走りを楽しめそうです。


アイドリングストップ・システムも装備。信号待ちの停車時の排気ガス、燃費消費を抑えてくれます。


フレームは、”eSAF”フレームを新たに採用。

剛性の高さと軽量化の向上がされるとともに、サスペンションがうける衝撃吸収性が高まり安定感をもたらします。

eSAFフレーム(Enhanced Smart Architecture Frame)とは?

高張力鋼板を使用し、プレス成形した骨格をレーザーで溶接することで部品数を減らし、軽量化と優れた耐久性、縦方向の剛性が最適化された新フレームです。

シートとラゲッジボックス、その他新装備

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

グレーステッチがアクセントのシート。

なめらかな座面で自由度の高いライディングポジションをとることができます。

“Dio”のロゴエンブレムも立体化され高級感がありますね。

これまで同様にタンデム時のグラブバーにもなっているキャリアは標準装備です。

シート下ラゲッジボックスの容量は18Lを確保

カバンや小物など、フルフェイスヘルメットの収納も可能です。2019年モデル同様に、もしもの時のちょっとした工具もついています。
*ヘルメットの形状や大きさによっては収まらないこともあるので、事前にチェックは必要です。

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

Honda SMART Keyシステムが新たに採用されました。

ポケットなどからキーを取り出さなくても、イグニションのON/OFF、ハンドルロックの施錠/解錠、シートとフューエルリッドの解錠操作が可能なスマートキーはとても便利です。

500mlのペットボトルが収納できるフロントポケットも蓋つきになった新デザイン。

雨の日は中身が濡れる心配がなく、飛び出し防止にもなりますね。

赤丸部分のフックは、軽めのカバンや買い物袋がさげられて便利!

足まわり

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

発売当初から変わらないのが、14インチの大径ホイールです。

軽快な印象の新設計のキャストホイールとなりましたが、安定した直進性とコーナリングでの安定感はこれまで通り、信頼のもてる足まわりをキープしています。


ブレーキはフロントはディスクで、Honda独自のブレーキシステム”コンビブレーキ”を搭載。安心感のある制動性も確保されています。

コンビブレーキ

左レバー(後輪ブレーキ)を握ると、前輪にもほどよく制動力を配分し、バランスよくブレーキングをサポートするホンダのブレーキシステム。


スタンドはセンターとサイドの両方を装備。

メンテナンス時や普段使いで使い分けできるのが便利です。

Dio110 燃費

燃費は走り方にもよりますが実燃費約40~50㎞/L走ります。(旧モデル)タンク容量は4.9Lになります。

単純計算で、航続距離は約190~240㎞。通勤や普段使用まで十分な燃費といえそうです。

スポンサーリンク

Dio110 足つき


引用元:タンデムスタイル URL https://www.tandem-style.com/

👆画像は旧モデルのDio110の足つきになります。ライダーの身長は178㎝です(旧モデルのシート高は750mm)。

新モデルはシート高は760mmです。

Dio110 最高速度

インドホンダの旧モデルDio110の海外動画ですが、最高速度はメータ読みで90㎞/hぐらいです。

動画開始から2分24秒付近で到達しています。

2021年モデルのDio110も同程度の最高速と思われます

参考程度に観てください。

Dio110 中古情報

中古は2017~2021年モデルの走行距離10000㎞以内で総支払額18~24万ぐらいです。

現時点の最安値は2019年モデル、走行距離4102㎞で18.3万円になります(2022.1月 グーバイクさんでの検索情報です)

(※最安値バイクは時期によって変動しまのでご了承ください。)

👇グーバイクさんの検索リンクになります。
https://www.goobike.com/index.html?_ga=2.228935964.1020477933.1594561294-1700473822.1594561294
※グーバイクさんのリンクは許可を得て貼っておりますが、グーバイクさんの中古トップページに飛ぶようになっており、そこで見たいバイクを検索するかたちになります(アフィリエイトリンクではありません)

バイク買取情報に興味あるかたはこちらへどうぞ👇
https://scrambler-life.com/2021-bike-king/

Dio110 おすすめのカスタムはこちら

Dio110 カスタムパーツ

Dio110 カスタムマフラー

おすすめのカスタムパーツは以上になります。購入される場合は再度確認してくださいね。

Dio110 まとめ

2021年モデルのDio110はこれまで以上にスタイリッシュで、新フレームの採用や燃費性能が高まったエンジンになり、

軽くて丈夫、力強い走りへと進化しています。

ますますフットワークが軽くなり、街乗りが楽しくなりそうですね。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

関連記事

目次
閉じる