新着情報更新中! 詳しくはこちら

ホンダ CBR250RR 2022年モデル インドネシアより新色発表!最新情報です

スポンサーリンク

ホンダ CBR250RRは軽量で41PSの最高出力を誇る、250ccクラスのスーパースポーツバイクの筆頭格です。
国内現行モデルが2020年9月に発表されてから約1年が経ちますが、ホンダ インドネシアより2022年モデルのニューカラーが発表されました!
STD(スタンダード)タイプ、SP(ABS付)タイプ、SP QS(ABS・クイックシフター付)タイプの、3タイプがグレードごとにラインナップ。各モデルにオリジナルカラーを配し、 SP QSタイプには、侍とガルーダが左右非対称に描かれたスペシャルエディションも2020年に続き登場します。

目次

2022年 新型 CBR250RR カラー

*2022年インドネシアモデル

STD / SP / SP QS :スタンダードタイプ(ABSなし) / ABS付タイプ / ABS・クイックシフター付タイプ

Bravery Red Black (ブレイブリーレッドブラック)


SP / SP QS :ABS付タイプ / ABS・クイックシフター付タイプ

Honda Racing Red (ホンダレーシングレッド)


SP QS : ABS・クイックシフター付タイプ

Honda Tricolor (ホンダ トリコロール)


SP QS Garuda X Samurai
Special Edition (スペシャルエディション)


STD / SP :スタンダードタイプ(ABSなし) / ABS付タイプ

Mat Gunpowder Black Metallic (マットガンパウダーブラックメタリック)


STD :スタンダードタイプ(ABSなし)
Black Freedom (ブラックフリーダム)

引用元:PT Astra Honda Motor URL: https://www.astra-honda.com/

Special Edition (スペシャルエディション) の左右非対称の侍とガルーダ模様

海外モデルならではのカラーリング! 2020年に続きラインナップされています。

*2021年国内現行モデルとの比較
マットガンパウダーブラックメタリック

ブレイブリーレッドブラック(左)とグランプリレッド(右)

ホンダトリコロール(左)とグランプリレッド(ストライプ)(右)

2022年 新型 CBR250RR 価格

*2022年インドネシアモデル
価格:61,700,000~77,800,000ルピア (469,000円~591,000円)[1ルピア=0.0076円で換算]

*2021年国内現行モデル
・グランプリレッド(ストライプ)
価格854,700円(税込)

・マットガンパウダーブラックメタリック
・パールグレアホワイト
・グランプリレッド
価格821,700円(税込)

スポンサーリンク

2022年 新型 CBR250RR スペック

2021年国内現行モデルと比べてみました。

車種名 (型式)CBR250RR CBR250RR  (2BK-MC51)
発表/発売年月2021.8.発表2020.9.
全長×全幅×全高(mm)2,060x724x1,098 2,065x725x1,095
軸間距離(mm)1,3891,390
最低地上高(mm)145145
シ-ト高(mm)790790
車両重量(kg)168168
乗車定員(名)22
エンジン種類水冷4ストロークDOHC
4バルブ直列2気筒
水冷4ストロークDOHC
4バルブ直列2気筒
総排気量249.7cc249cm³
最高出力30kW[41PS]/13,000rpm 30kW[41PS]/13,000rpm
最大トルク25N・m[2.5kgf・m]/11,000rpm 25N・m[2.5kgf・m]/11,000rpm
始動方式セルフ式セルフ式
点火装置形式フルトランジスタ式フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)14.514
変速機形式常時噛合式6段リターン常時噛合式6段リターン
タイヤ 前110/70-17 54S (チューブレス)110/70R17M/C 54H
タイヤ 後140/70-17 66S (チューブレス) 140/70R17M/C 66H
ブレーキ形式 前 油圧式ディスク 油圧式ディスク
ブレーキ形式 後 油圧式ディスク 油圧式ディスク
フレーム形式 ダイヤモンド ダイヤモンド
燃費
(WMTCモード値)
27.1km/L
燃費
(60km/h定地燃費値)
40.1km/L (2名乗車時)

2022年 新型 CBR250RR 気になる部分

*クイックシフター

より迅速にシフトチェンジを可能にするシフトアップ/ダウン対応クイックシフター。国内モデルはオプションで取り付け可能ですが、インドネシアモデルはSP QSタイプに設定されています。

*アシストスリッパークラッチ

2つのカムを使用したアシスト&スリッパークラッチの採用により、バックトルクを制限しクラッチレバーの操作を軽くしてくれます。

*3つのライディングモードとスロットルバイワイヤシステム

スロットルグリップの開度を機械式ワイヤー構造ではなく、電気信号を介して伝達するスロットルバイワイヤシステム。
電子制御のスロットルバイワイヤシステムを活かし、好みに合わせて選べる3つのライディングモードが設定できます。

3つのライディングモードとは?
①Sportモードオールラウンドにリニアな加速・スポーツ走行を楽しめる標準モード
②Sport +モードレスポンス重視の力強いよりパワフルな加速が楽しめるモード
③Comfortモードタンデム時などに適したリラックスした走行が楽しめる快適性・乗り心地を重視したモード

走行モード各モードへの切替えは、左ハンドルの”モードスイッチ”で操作。モードの切替えは走行中でもスロットルグリップを全閉にすることで可能。選択されたモードはメーターの液晶パネル右側に表示されます。

まとめ

インドネシア発表のCBR250RRはカラーバリエーションに富み、スペシャルエディションのオリジナル性の高いデザインも魅力的です。
2022年モデルの国内モデルに導入されるカラーやグラフィックなど、発表が楽しみですね。
期待して待ちましょう!

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる