新着情報更新中! 詳しくはこちら

2021年 最新 おすすめ 250cc スポーツバイク ランキング6選でご紹介!

近年の250ccクラスのバイクはコンパクトな車格であつかいやすく、峠のワインディングを攻めるにしても十分な威力を発揮し、加速性・パフォーマンス性の高いモデルがふえてきています。2020年には、4気筒のカワサキのZX-25Rが復活し話題となりました。

パワフルな加速性とともに電子制御によるライディングモードが選択ができるなど、乗りやすさや快適性にもフォーカスされスポーツバイクは日々進化しています。

そこで2020年につづき、2021年現行のSS、ロードスポーツなど注目の250ccスポーツバイクを個人的見解も含みますが、総合的な分析をもとに”おすすめ250ccスポーツバイクランキング6選“として、それぞれの評価や特徴などをご紹介いたします!

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。
そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
自分にベストな250cc スポーツバイクをみつける参考にしていただければ幸いです!

目次

2021年 新型 おすすめ 250cc スポーツバイク ランキング6選です

6位 スズキ GSX250R

クリスタルブルーメタリック/パールネブラーブラック(BY7)
[他パールグレッシャーホワイトNo.2/パールネブラーブラック(BHM),
パールネブラーブラック(YAY)]
(売日:2020年12月25日)
価格536,800円(税込) [ABSモデル:569,800円(税込)]


トリトンブルーメタリックNo.2
(売日:2020年12月25日)
価格548,900円(税込) [ABSモデル:581,900円(税込)]

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

・スズキ GSX250Rは、低中速域に強い軽快な走りを楽しめるのが魅力です。最高出力は8000回転で低・中速トルクに強いため、パワフルでありながら扱いやすく、低速域から徐々にスピードがのっていきどの回転域でも安定したトルク感とパワーフィールが持ち味です。

ライダーのイメージ通りの走りができるので、市街地でのリラックス走行からワインディングでのスポーツ走行までビギナーでも自信をもって楽しめます。

全長×全幅×全高(mm)2,085x740x1,110
シ-ト高(mm)790
車重(kg)178 (ABS:181)
エンジン水冷4サイクルSOHC2バルブ2気筒
総排気量(cm³)248
タンク(L)15
最高出力18kW[24PS]/8000rpm
最高トルク22N・m[2.2kgf・m]/6500rpm
燃費
(WMTCモード値)
32.5km/L

GSX250Rの評価 (5点満点評価)
*スタイリング:4
*取りまわし:4
*ツーリング:4
*燃費:5
*コスパ:4
*最高速度:3 [最高速:海外動画でメータ読みで約141㎞/h]
*話題性:2

総合評価 3.71

GSX250RはヤマハYZF-R25と比べると重さがありますが、穏やかなハンドリング性能安定したコーナリング走行を可能にしています。ジクサーSF250と同様にふかふかシートは快適な乗り心地で、ジクサーに次ぐ燃費の良さもポイントです!

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

5位 ヤマハ YZF-R25

シアンメタリック6 (シアン) [他マットダークグレーメタリック8 (マットダークグレー),
ディープパープリッシュブルーメタリックC (ブルー)]
(発売日:2021年1月15日)
価格654,500円(税込)

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURLhttps://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

・MotoGPマシンの最高峰、YZF-R1を彷彿とさせるフロントフェイスが印象的なYZF-R25は、”毎日乗れるスポーツバイク“をテーマにパワフルな加速性とあつかいやすさにフォーカスされたスポーツバイクです。

・2021年モデルは、320ccのYZF-R3とともに斬新なスポーティカラーのシアンとマットダークグレーが新色として加わりました。

・ほど良い前傾姿勢が保てる自然で楽なライディングポジションで、低~中速域での走行での扱いやすさと快適性優れたハンドリング性能が特徴です。

全長×全幅×全高(mm)2,090x730x1,140
シ-ト高(mm)780
車重(kg)170
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒
総排気量(cm³)249
タンク(L)14
最高出力26kW[35PS]/12,000r/min
最高トルク23N・m[2.3kgf・m]/10,000r/min
燃費
(WMTCモード値)
27.2km/L

YZF-R25の評価 (5点満点評価)
*スタイリング:4
*取りまわし:4
*ツーリング:5
*燃費:4
*最高速度:4 [国内動画(サーキット走行)メーター読みで約177㎞/h。実速度は164㎞/h]
*コスパ:3
*話題性:3

総合評価 3.85

CBR250RRに次ぐ170kgの軽さで、軽快なハンドリングでキビキビとした走りを得意としています。CBR250RRの直進でのパワフルな加速力には劣るものの高回転域ではパワフルな加速性があり、低~中速域での快適で安定した走り燃費のよさが魅力です!SSビギナーにとってもあつかいやすいバイクです。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

4位 カワサキ Ninja250

Ninja 250 KRT EDITION:ライムグリーン×エボニー
(発売日:2020年12月1日)
価格654,500円(税込)


Ninja250:メタリックカーボングレー
(発売日:2020年12月1日)
価格643,500円(税込)

引用元 カワサキ モータースジャパン URL https://www.kawasaki-motors.com/

・2018年に装備が一新されフルモデルチェンジを果たしたカワサキ Ninja250は、最高出力37PSの水冷パラレルツインエンジンを搭載しています。

8000回転からトップエンドまでのパワーと伸びのある走りはトップクラスで、ニンジャシリーズを代表する高回転型エンジンスポーツ性能の高さを継承しつつも、ジクサーSF250に次ぐ166kgの軽量ボディのためハンドリングは軽快です。切り返し・とりまわしも良好で、街乗りでも快適な走りを楽しめます。

・前後サスペンションの設定、グリップ性の高い足周りにより、良好な路面接地感と安定感・コントロール性を発揮し、アシスト&スリッパークラッチの採用によりクラッチ操作がイージーにできます。

・2021年モデルは、KRT Editionとともにカラー・グラフィックが変更となっており、KRT Editionの車体デザインにはスーパーバイク世界選手権で戦うカワキレーシングチームのNinja ZX-10RRをイメージしたカラーリングが採用されてます。

全長×全幅×全高(mm)1,990×710×1,125
シ-ト高(mm)795
車重(kg)166
エンジン水冷4ストロークDOHC 4バルブ並列2気筒
総排気量(cm³)248
タンク(L)14
最高出力27kW[37PS]/12,500rpm
最高トルク23N・m[2.3kgf・m]/10,000rpm
燃費
(WMTCモード値)
26.2㎞/L

Ninja250の評価 (5点満点評価)
*スタイリング:5
*取りまわし:5
*ツーリング:4
*燃費:4
*コスパ:3
*最高速度:4 [海外動画のメータ読みで約170㎞/hぐらい]
*話題性:3

総合評価 4.0

新しいニンジャ250は高回転型のハイパフォーマンスのエンジン特性は変わらず、エキサイティングな走りを楽しめるのと同時に、軽量化や新装備により街乗り・ツーリングでの快適性ももちわせています。
快適な街乗りとワインディング走行での積極的なスポーツ走行も楽しみたいライダーにとっては、この250ccクラスでは中間に位置したベストなモデルといえそうです。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

スポンサーリンク

3位 スズキ ジクサーSF250

トリトンブルーメタリック(YSF)
(発売日:2021年4月20日)

価格481,800円(税込)


マットブラックメタリックNo.2 (YKV)
(発売日:2021年4月20日)
価格481,800円(税込)

引用元:スズキ バイク・スクーターURL https://www.suzuki.co.jp/

・2020年に初登場したスズキ ジクサーSF250は、250ccクラスで初の油冷エンジンが採用されているのが最大の特徴です。
スズキの最新技術 オイル冷却システムSOCSを搭載し、冷却効率を高めることで燃焼効率がアップ、優れた低燃費を実現しています。

250ccスポーツバイクの中では最軽量の158kgのコンパクトな車格のため、軽快なハンドリング俊敏な走りを得意とし、粘りのある低速トルクと中高速域への軽やかでスムーズな加速フィーリングで、日常の街乗りでの快適性・あつかいやすさにフォーカスされた実用性の高いモデルです。

また、低めに設定されたハンドル位置でフロント荷重がしやすく、フロントフォーク、調整可能なリヤサスペンションにより、コーナーでもしっかりとした路面接地感とともに安定した乗り心地、快適な走りを楽しめます。

・2021年モデルカラーは前年度モデルのシルバーがなくなり全2色展開、グラフィックも変更となっています。

全長×全幅×全高(mm)2,010x740x1,035
シ-ト高(mm)800
車重(kg)158
エンジン油冷4サイクルSOHC4バルブ単気筒
総排気量(cm³)249
タンク(L)12
最高出力19kW[26PS]/9,000rpm
最高トルク22N・m[2.2kgf・m]/7,300rpm
燃費
(WMTCモード値)
37.7km/L

ジクサーSF250の評価 (5点満点評価)
*スタイリング:4
*取りまわし:5
*ツーリング:4
*燃費:5
*最高速度:3 [国内動画(サーキット走行)メーター読み不明。実速度は141㎞/h]
*コスパ:5
話題性:3

総合評価 4.14

ほかの250ccのスポーツバイクのパワフルな加速性よりも、街乗りやツーリングでの乗りやすさと快適性が重視されているのがジクサーのコンセプト。スポーツバイクビギナーにとっては最も親しみやすいバイクです。ふかふかのシートの乗り心地のよさも◎。このクラス一番の燃費の良さもポジティブポイントです!

油冷単気筒エンジンというのもスズキならではです!実用的な機能性とオリジナリティ性も加味し、3位とさせていただきました~

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

2位 カワサキ Ninja ZX-25R

Ninja ZX-25R :メタリックスパークブラック
(発売日:2020年9月10日)
価格825,000円(税込)



Ninja ZX-25R SE KRT Edition:ライムグリーン×エボニー
(発売日:2020年9月10日)
価格913,000円(税込)


Ninja ZX-25R SE:メタリックスパークブラック×パールフラットスターダストホワイト
(発売日:2020年9月10日)
価格913,000円(税込)

引用元 カワサキ モータースジャパン URL https://www.kawasaki-motors.com/

・ついに250ccクラスに並列4気筒エンジンの復活を遂げたNinjaZX-25Rは、これまでのNinjaスタイルを継承しつつも登場前からの期待通りにクラス最高出力の45馬力を発揮し、エンジンに見合う先進的な装備を搭載したスーパースポーツモデルです。

33kW(45PS)(ラムエア加圧時:34kW[46PS])の最高出力を発揮し、10,000rpm~17,000rpmの範囲でエキサイティングな走行を可能としています。Ninja H2と同様の吸排気バルブの設定やダクトレイアウトを採用することにより、全回転域でのエンジン性能が向上し、とくに高回転域での高いパフォーマンスを実現しています。

カワサキトラクションコントロールシステムによる3つのライディングモード、2つのパワーモードを選択できます。

・スペシャルエディションのSE/SE KRT Editionには、クイックシフターフレームスライダーUSB電源ソケットウィンドシールド(スモーク)、ホイールテープを標準装備したスペシャルモデルです。

全長×全幅×全高(mm)1,980×750×1,110
シ-ト高(mm)785
車重(kg)184kg (Ninja ZX-25R: 183kg)
エンジン水冷4ストロークDOHC 4バルブ並列4気筒
総排気量(cm³)249
タンク(L)15
最高出力33kW[45PS]/15,500rpm
*ラムエア加圧時:34kW[46PS]/15,500rpm
最高トルク21N・m[2.1kgf・m]/13,000rpm
燃費
(WMTCモード値)
18.9km/L

Ninja ZX-25Rの評価 (5点満点評価)
*スタイリング:5
*取りまわし:4
*ツーリング:5
*燃費:3
*最高速度:5 [国内サーキット場でメーター読み189km/hを確認。実測なら約180km/h]
*コスパ:2
*話題性:5

総合評価 4.14

サーキットでの走行性能・パフォーマンスの高さを発揮するだけではなく、普段の街乗りでのあつかいやすさと快適性も追及されています。しかし4気筒の本領発揮となるのは中~高速回転域で、このクラスでは間違いなくトップの伸びのある走りと安定感を発揮できるのが大きな魅力です。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

1位 ホンダ CBR250RR

マットガンパウダーブラックメタリック[他パールグレアホワイト、グランプリレッド]
(発売日:2020年9月18日)
価格821,700円(税込)


グランプリレッド(ストライプ)
価格854,700円(税込)

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

・2020年現行モデルのCBR250RRは前年度からマイナーチェンジをうけ、どのカラータイプもホイール、倒立フォークがゴールドとなり、機能性の高いレイヤードカウル、眼光鋭いデュアルヘッドライトとともにさらにシャープでアグレッシブな印象になっています。

大きく変わった点パワーユニットです。新形状のピストンの採用などにより徹底した低フリクション化、ダウンドラフト式吸気レイアウトの採用とマフラー内部構造を変更したことで、前年度モデルよりも3PSアップの41PSの最高出力2N・mアップの25N・mの最高トルクを実現しています。

スロットルバイワイヤシステムによる3パターンから選択できるライディングモードは引き継がれ、バックトルクを制限しクラッチレバーの操作を軽くしてくれるアシスト&スリッパークラッチが新たに採用されています。また、純正オプションとしてクイックシフターも取り付け可能です。

全長×全幅×全高(mm)2,065x725x1,095
シ-ト高(mm)790
車重(kg)168
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒
総排気量(cm³)249
タンク(L)14
最高出力30kW[41PS]/13000rpm
最高トルク25N・m[2.5kgf・m]/11000rpm
燃費
(WMTCモード値)
27.1km/L

CBR250RRの評価 (5点満点評価)
*スタイリング:5
*取りまわし:
4
*ツーリング:
5
*燃費:
4
*最高速度:5 [国内サーキット場計測でメーター読みで約173㎞/h、実測値158km/h]
*コスパ:
3
*話題性:5

総合評価 4.28

168kgと軽量であつかいやすくハンドリングも良好です。サスペンション・足まわりのバランス感のよさもあり、ワインディングでも積極的に攻められるのが魅力。ビギナーからベテランライダーまで、純粋にスポーツバイクの走りを楽しめるバイクです!

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

まとめ

今回は勝手ながらランキング形式でご紹介しましたが、ライダーの好みや目的によって順位は異なるとおもいます。

2021年の250ccスポーツバイクは、話題となった四気筒エンジンのハイスペックなNinja ZX-25R、トータルバランスのとれたCBR250RRのポテンシャルの高さ、日常の街乗りが楽しく、乗りやすさが重視されたジクサーSF250などそれぞれに個性があり、甲乙つけがたい魅力あるラインナップになっています。

気になるバイクや興味のわくバイクがありましたら、バイク屋さんにGOしましょう!

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる