新着情報更新中! 詳しくはこちら

2020年 ホンダ CBR400R 新型 スペック 価格など最新情報です!

2020年新型モデルのCBR400Rの基本情報、中古やカスタム情報をお伝えします

ホンダ CBR400Rはレーサーレプリカモデルブームの中、1986年に初登場しました。
カムギアチェーンの水冷DOHC4気筒エンジンを搭載し、フルカウル&フルカバードエアロのスタイルが特徴的で、ストリートスポーツが意識されたSSバイクとして注目を浴びました。

その後、CBR400RRが登場したことで一度去ることとなりましたが、25年以上経った2013年、新しいSSとして生まれ変わり復活登場しました。

それ以後はモデルチェンジを受け続け、2019年モデルはデザインのみならずアシストスリッパークラッチの採用など、装備も一新されフルモデルチェンジを受けました。

そして2020年モデルは、グラフィックのロゴデザイン変更のみでマイナーチェンジとなっています。
新型 CBR400Rのデザインやスペックなどの基本情報中古情報おすすめのカスタムをお伝えします!

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。
そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後にはCBR400Rのことがかなりわかるはずです。

目次

CBR400R カラー

グランプリレッド 継続色


マットアクシスグレーメタリック 継続色


パールグレアホワイト 継続色

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

・カラーは3色とも2019年モデルカラーを引き継いでいますが、「CBR」のロゴがCBR1000RR-Rと共通になりました。

CBR400R 発売日

発売日: 2020年7月31日

CBR400R 価格

価格808,500円(税込)

CBR400R スペック

車種名 / 型式CBR400R / 2BL-NC56
発売年月2020.7.
仕様国内
全長×全幅×全高(mm)2080x755x1145
軸間距離(mm)1410
最低地上高(mm)130
シ-ト高(mm)785
車両重量(kg)192
乗車定員(名)2
エンジン種類水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒
総排気量(cm³)399
最高出力34kW[46PS]/9000rpm
最大トルク38N・m[3.9kgf・m]/7500rpm
始動方式セルフ式
点火装置形式フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)17
変速機形式常時噛合式6段リターン
タイヤ 前120/70ZR17M/C 58W
タイヤ 後160/60ZR17M/C 69W
ブレーキ形式 前油圧式ディスク
ブレーキ形式 後油圧式ディスク
フレーム形式ダイヤモンド
燃費
(60km/h定地燃費値)
41.0km/L (2名乗車時)
スポンサーリンク

CBR400R 気になる部分

デザインとライト部分

左:2020年モデルのロゴ, 右:2019年モデルのロゴ

デザイン & ライト類

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

2020年モデルの「CBR」ロゴデザインCBR1000RR-Rと同じロゴ仕様となり、CBRシリーズとしての存在感を引き継いでいます。

・フロントマスクの白黒ラインのデザインに沿った、鋭い目つきのヘッドライトはアグレッシブで戦闘的なイメージを演出しています。

ヘッドライト、前後ウィンカー、テールランプはすべてLEDを採用。

・タイトなテールエンドに収まったテールランプは、コンパクトでも視認性がしっかり確保されています。

ハンドルまわりとメーター

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

ハンドルがトップブリッジの下に配置されたことで、ライディングポジションは前傾姿勢が深くなり、よりスポーティな走りに対応しています。

・スポーツライディングに適したウィンドスクリーンとダクトが設けられ、優れた整風効果を発揮し、安定した軽快な走行をアシストしています。

好みのレバー位置に設定可能5段階調節機構のアジャスター付きブレーキレバーを採用。

・φ41mmの正立式フロントフォーク、プリロード調整機構が採用され、ブルーアルマイト処理を施したフォークキャップを装備。

イージーなクラッチ操作に大きく貢献してくれるアシストスリッパ-クラッチの採用により、シフトチェンジもストレスなくでき、低速でも安定した走りを楽しめます。

・急ブレーキ時にいち早く後続車に伝える、エマージェンシーストップシグナルを備えています。

デジタル表示のメーターは、燃料計、時計、平均燃費、燃料消費量表示機能等のほか、ギアポジション、シフトアップ、エンジン回転数に合わせてシフトタイミングを知らせるシフトアップインジケータータコメーターピークホールド機能など、多機能型のメーターになっています。

エンジン, シャシー と足まわり



引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

399cm3水冷DOHC直列2気筒エンジンを搭載。400Xと同様に最高出力は46psでトルクがUPしています。

・インジェクションシステムの最適化により、低・中速域での扱いやすさとともにトルク性能が向上しているため、低速から高速域へとレッドゾーンのはじまる10000rpmまで、ストレスのないスムーズで伸びのある走りを実現しています。

・テールパイプに二管構造を採用し異型断面のショートマフラーが特徴的。二気筒エンジン特有のパルス感、高回転域へといざなうサウンドはワクワクさせてくれます。

フレームは軽量で強剛性のダイヤモンドタイプ。プリロード調整機構が付いたリアサスペンションは分離加圧式シングルチューブタイプを装備し、しなやかにあらゆる路面状況に対応できるレスポンスの良さと路面追従性、軽快なハンドリング性に貢献しています。

ABSは標準装備され、ブレーキにはフロントにφ320mmシングルディスクと片押し式2ピストンキャリパーリアはφ240mmのウェーブディスクを採用しています。

CBR400Rのここが良い
・無理のない前傾姿勢が自然にとれ、スポーツライディングをイージーに楽しめます。
・低・中速域での安定した走りとハンドリングの良さ、力強いトルクで高速域までの伸びのある走り、高速走行での防風性や安心感のあるブレーキングなどトータルバランスが良い。
・街乗りからツーリングを中心に、ワインディング走行まで身近にSSを楽しみたい人が満足できるバイクです。

CBR400R 燃費

燃費は走り方にもよりますが実燃費で約25~35㎞/L走ります。タンク容量は17Lなので、単純計算になりますが、満タンにして走った場合は400~590㎞走ることになります。ツーリング使用には十分な燃費です。

CBR400R 足つき

ツイッター上での情報になります。シート高は785mmです。身長175㎝以上の方の足つきはおおむねいいようです。

CBR400R 最高速度

CBR400Rの同エンジンの400X(前モデル)の海外動画になります。最高速度はメータ読みで160㎞/hぐらいです。参考程度に観てください。

CBR400R 中古情報

中古は2016~2019年モデルの走行距離5000㎞以内で総支払額75~80万ぐらいです。(2020.9月 グーバイクさんでの検索情報です)

👇グーバイクさんの検索リンクになります。
https://www.goobike.com/index.html?_ga=2.228935964.1020477933.1594561294-1700473822.1594561294

新車だと808,500円(税込)+αです。

バイクは買った後のメンテナンスをしっかりしてくれるところを選びましょう。ネットでしっかり調べてバイク屋さんをのぞいてみるのもいいと思いますよ。

※グーバイクさんのリンクは許可を得て貼っております(アフィリエイトリンクではありません)

バイク買取情報に興味あるかたはこちらへどうぞ👇
https://scrambler-life.com/2021-bike-king/

CBR400R カスタムマフラー

おすすめカスタムマフラーは以上になります。ご購入されるときは型番を確認してくださいね。

まとめ

CBR250RRのABSより、CBR400Rの方が価格的には安くなります。いろいろな意見があると思いますが、車検という壁がなければ、私はCBR400Rを選ぶでしょう。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる