新着情報更新中! 詳しくはこちら

ホンダ フォルツァ250!スペックや燃費、最高速など最新情報です

フォルツア250の現行モデルの基本情報、カスタム&中古情報をお伝えします

2021年3月14日更新!2021年新型フォルツァの最新情報はこちらです👇

250ccビックスクーターが人気となっていた2000年、「M06型」として初登場したのがフォルツァです。

フォルツァはその後、フォルツァZ、フォルツァX、フォルツァSiと次々とモデルを経てきました。
そして2018年に、ヨーロッパで販売されていたフォルツァ300が日本国内向けモデルとして、再び「フォルツァ」のモデル名で新発売されました。

FORZA(フォルツァ)は、イタリア語で「力強さ」「パワー」などの意味があります。その名のごとく、2018年モデル(現行モデル)は、ゴージャスな装備とパワフルな走りの新しいフォルツァととなっています。

現行モデルのフォルツァ250のカラーやスペックなどの基本情報中古情報おすすめのカスタムをお伝えします。

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後にはフォルツァ250のことがかなりわかるはずです。

目次

フォルツァ カラー

パールホライゾンホワイト


マットガンパウダーブラックメタリック


アステロイドブラックメタリック

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

フォルツァ 発売日

発売日2018年7月20日

フォルツァ 価格

価格658,900円 (税込)

フォルツァ スペック

車種名 (型式)フォルツァ (2BK-MF13)
発売年月2018.7.
仕様国内
全長×全幅×全高(mm)2140x750x1355
軸間距離(mm)1510
最低地上高(mm)145
シ-ト高(mm)780
車両重量(kg)184
乗車定員(名)2
エンジン種類水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量(cm³)248
最高出力(kW[PS]/rpm)17kW[23PS]/7500rpm
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)24N・m[2.4kgf・m]/6250rpm
始動方式セルフ式
点火装置形式フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)11
変速機形式無段変速式Vマチック
タイヤ 前120/70-15M/C 56P
タイヤ 後140/70-14M/C 62P
ブレーキ形式 前油圧式ディスク
ブレーキ形式 後油圧式ディスク
フレーム形式アンダーボーン
燃費
(60km/h定地燃費値)
41.0km/L (2名乗車時)
スポンサーリンク

フォルツァ 気になる部分

ランプ類とスクリーン


引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

・フロントカウルに収まったヘッドライト、ウィンカー、テールランプともにLEDが採用されています。

・ライト形状がシャープになり、フォルツァの上質で存在感のあるフロントマスクになっています。

・スクリーンは、電動式可動スクリーンになっています。ローポジションからハイポジションの可動範囲は140mm。走行状況に応じて、任意に無段階で設定できるのが魅力です。

ハンドルとメーター


引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

・右ハンドルのスイッチボタンはシンプルなつくりですが、走行中に操作しやすいように、左ハンドルには電動式可動スクリーンの調整やデジタルメーターの表示切替があります。

・左ハンドルのスイッチボックス上には、ホンダのスクーターでは初となる、セレクタブル トルク コントロール(HSTC)が装備されています。滑りやすい路面状況でも、安定した走行をたもてるようにアシストしてくれます。

セレクタブル トルク コントロール(HSTC)とは?
前後ホイールに設置した車速センサーで、後輪のスリップ率を算出。そのスリップ率の状況に応じて、燃料噴射にてエンジントルクを制御し、後輪のスリップをコントロールします。
メーター内インジケーターの点滅によりシステムの作動をライダーに知らせてくれます。

・メーターは、各情報を見やすく表示してくれるデジタル液晶ディスプレイを中央にはさみ、アナログ式のタコメーターとスピードメーターが左右に配置されています。
機能性と先進性が両立された、スタイリッシュなコックピットです。

キーシステムとラゲッジボックス


引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

Honda SMART Keyシステムの採用。車体にキーをささなくても、イグニションのON/OFF、ハンドルロック操作ができます。給油口やシート下のロックは横のスイッチで解除できます。ツマミの周囲はブルーのLEDが光って、暗いところでも見えるのはうれしい機能です。

・フロント左側のインナーボックスはペットボトルや小物が収納でき、スマホの充電ができる12V 2Aの電源ソケットを備えています。

・シート下のラゲッジボックスは、フルフェイスのヘルメットが2個(形状や大きさによっては収まらないものもあるので確認しましょう)、小物からA4のビジネスバックも入る大容量です。セパレートになっているので、濡れたものなども分けて収納できます。

エンジンと足まわり


引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

248cc水冷4ストローク単気筒エンジン搭載。発進から良好な加速性で、低速から高速域までパワフルで安定した走りをストレスなく楽しめます。

スリム形状のシートと前後に広いフットスペースのおかげで、足元の自由度が高くゆとりのあるライディングポジションがとれるため、市街地からツーリング、ワインディングまで様々なライディングシーンを快適に走行できます。

・ホイールのフロントは15インチ、リアは14インチと大径化され、剛性の高いフレームと路面追従性に貢献する前後サスペンションの採用で、軽快で安定した走行を実現しています。

・ブレーキはフロントにφ256mmリアにφ240mmのシングルディスクが採用され、ABSが標準装備されています。

フォルツァ 燃費

燃費は走り方にもよりますが実燃費で約30~40㎞/L走ります。タンク容量は11Lになります。

単純計算になりますが、満タンにして走った場合は約330~440㎞走ることになります。普段使用からツーリングまで十分な燃費です。

スポンサーリンク

フォルツァ 足つき

👆ツイッター上でのフォルツァの足つき情報になります。シート高は780mmです。

引用元:ウェビック URL https://www.webike.net/

👆画像はライダー173㎝の足つきになります。

フォルツァ 最高速

海外動画ですが、最高速度はメータ読みで140㎞/hぐらいです。動画開始から33秒付近で到達しています。参考程度に観てください

フォルツァ 中古情報

中古は2018~2020年モデルの走行距離5000㎞以内で総支払額56~65万ぐらいです。(2020.12月 グーバイクさんでの検索情報です)

新車だと658,900円 (税込)+αです。(定価購入の場合)

👇グーバイクさんの検索リンクになります。https://www.goobike.com/index.html?_ga=2.228935964.1020477933.1594561294-1700473822.1594561294
※グーバイクさんのリンクは許可を得て貼っております(アフィリエイトリンクではありません)

バイク買取情報に興味あるかたはこちらへどうぞ👇
https://scrambler-life.com/2021-bike-king/

フォルツァ おすすめのカスタム

フォルツァ カスタムパーツ

おすすめのカスタムパーツは以上(バイクカバー含む)になります。汎用品もありますので、ご購入するときは再度確認してくださいね。

フォルツァ カスタムマフラー

おすすめカスタムマフラーは以上になります。ご購入されるときは再度確認してくださいね。

まとめ

スタイリングも装備も新しくなったフォルツァは、かつてのビッグスクーターのイメージが変わるほど、”FORZA”の名のごとくパワフル&スポーティー、クオリティの高いスクーターに進化しています。

ヨーロッパでは、2021年モデルのフォルツァ350の発売が正式に発表されました。日本での新型フォルツァ250の発売も近いかもしれません。
また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる