新着情報更新中! 詳しくはこちら

2021 ホンダ GB350とGB350S ついに新登場! カラーやスペックなど新型情報です

GBシリーズが復活!空冷単気筒エンジンを搭載した新しいGB350とGB350Sが登場です

一歩先にホンダ・インドより発表となっていたハイネスCB350が”GB350“、スポーツタイプのCB350RSが”GB350S“として、ついに国内発売となりました。

1980年代の”GB”シリーズが復活!と話題になりましたが、往年のクラシカルスタイルをひきつぎつつも、LEDヘッドライト、HSTCトラクションコントロールやABSなど最新装備を搭載した、新世代の新しい”GB”として誕生しました。

“日常から遠出まで”をコンセプトにしたGB350とGB350Sは、幅広い年齢層のビギナーからベテランライダーまで、だれしもが普段の街乗りからツーリングまでオールラウンドに楽しめるロードスポーツモデルです。

2021年新誕生のGB350とGB350Sのカラーやスペックなどの基本情報、両車の違いやカスタム情報など最新情報をおつたえします!

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後にはGB350とGB350Sのことがかなりわかるはずです。

目次

2021 GB350 / GB350S カラー

GB350 カラー

マットジーンズブルーメタリック


キャンディークロモスフィアレッド


マットパールモリオンブラック

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

CB350のカラーは、当初発表されていたブルーのマットジーンズブルーメタリックに、レッドとブラックが加わり全3色展開です。ブラウンシートは共通、タンクカバーとサイドカバーは各色のメインカラーになっています。

・足まわりはフェンダーとホイールがブラックアウトされ、ひきしまった落ち着きのある印象に。クラシカルなフォルムとスポーティなスタイリングとの融合でネオクラシカルな仕上がりです。

GB350S カラー

パールディープマットグレー


ガンメタルブラックメタリック

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

GB350Sのカラーは、グレーとブラックの全2色展開です。CB350とは異なり、フロントフォークブーツ、コンパクトでシャープなフェンダータックロールタイプのシート黒のマフラーやリアショックスプリングなど、さらにスポーティでタフな仕上がりになっています。

シートのサイドステッチとサイドカバーの”S”のロゴがレッドになっているのもポイントです。

2021 GB350 / GB350S 発売日

*GB350
発売日2021年4月22日

*GB350S
発売日2021年7月15日

2021 GB350 / GB350S 価格

*GB350
価格550,000円(税込)

*GB350S
価格594,000円(税込)

ホンダドリームネットワークより「U39割キャンペーン」のお知らせです!
2021年3月30日~9月30日の期間中にGB350シリーズ(GB350 または GB350S)の新車を成約した39歳以下のユーザーを対象に、車両購入費用として使える5万円(税込)のクーポンをプレゼント!

購入を考えている39歳以下のかたには朗報です!CB350を50万円でゲットできるチャンスですね。

詳しくはこちらへ👇

2021 GB350 / GB350S 販売台数

年間計画販売台数シリーズ合計4,500台

2021 GB350 / GB350S スペック

車種名 / 型式GB350/
2BL-NC59
GB350S/
2BL-NC59
発売年月2021.4.2021.7.
仕様国内国内
全長×全幅×全高(mm)2,180x800x1,1052,175x800x1,100
軸間距離(mm)1,4401,440
最低地上高(mm)166168
シ-ト高(mm)800800
車両重量(kg)180178
乗車定員(名)22
エンジン種類空冷4ストロークOHC単気筒空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm³)348348
ボア x ストローク(mm)70 x 90.570 x 90.5
最高出力15kW[20PS]/5,500rpm15kW[20PS]/5,500rpm
最大トルク29N・m[3.0kgf・m]/3000rpm29N・m[3.0kgf・m]/3000rpm
始動方式セルフ式セルフ式
点火装置形式フルトランジスタ式フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)1515
変速機形式常時噛合式5段リターン常時噛合式5段リターン
タイヤ 前100/90-19M/C 57H100/90-19M/C 57H
タイヤ 後130/70-18M/C 63H150/70R17M/C 69H
ブレーキ形式 前Φ310mmディスク+2ポットキャリパーΦ310mmディスク+2ポットキャリパー
ブレーキ形式 後Φ240mmディスク+1ポットキャリパーΦ240mmディスク+1ポットキャリパー
フレーム形式セミダブルクレードルセミダブルクレードル
燃費
(WMTCモード値)
41.1km/L 41.1km/L
燃費
(60km/h定地燃費値)
49.5km/L (2名乗車時)47.0km/L (2名乗車時)

2021 GB350 / GB350S 気になる部分

ヘッドライトとテールランプ


引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

ヘッドライト、テールランプ、ウィンカーはすべてLED採用です。丸型のヘッドライトは、ロービーム時には上部3つと下部中央のLED、さらに上下端のレンズが発光し、個性的で存在感のあるフロントフェイスになっています。

BG350とGB350Sの違い
その1.ウィンカーとリアビュー
GB350のウィンカー形状は丸目フェンダーに取り付けられたテールランプの中央も丸型で放射状に光ります。リアフェンダーの形状とともにクラシカルな印象です。

・一方、GB350Sのウィンカーはシャープなスクエア型。フェンダーもスリムでショートです。シート下にコンパクトに収まるテールランプと、リアフェンダー先端の独立したウィンカーとともにシャープなスタイリングになっています。

GB350Sの前後フェンダーはショートで樹脂製。コンパクトなライト類や面構成のサイドカバーなど、軽量化された装備によりGB350の車重よりも2kg軽くなっています。

ハンドルまわりとメーター

*ハンドルまわり
・クラッチレバー操作の負担や疲労を軽減してくれるとともに、シフトダウン時の急激なエンジンブレーキによる後輪ホッピングを軽減するアシストスリッパークラッチを搭載。特に加減速を繰り返す市街地での走行のストレス・疲労軽減に貢献します。

Hondaセレクタブルトラクションコントロール(HSTC)を採用。前後輪の速度差を感知してリアタイヤの駆動力を制御し、後輪スリップを緩和します。スイッチでON/OFFが選択でき、雨で濡れた路面などさまざまな路面状況に対応します。

*ハンドル位置とライディングポジション

GB350(左)とGB350S(右)

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

BG350とGB350Sの違い
その2.ハンドル位置とライディングポジション
GB350のハンドルはライダー側手前に位置し、手を伸ばせば自然とハンドルにとどくアップライトなライディングポジションです。そのため視野も広く余裕のあるリラックスした走りができ、取り回しの良さにつながっています。

BG350SのハンドルはGB350よりも少し前側に位置し、やや前傾のライディングポジションです。メインステップもそれに合わせてやや後方に位置し、よりスポーティに積極的な走りを可能にします。

*メーター

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

・160km/hまでの表示がある丸目アナログ式のスピードメーターに一部液晶デジタル表示パネルを組み合わせた斬新なデザインのメーター。

・平均走行距離、リアルタイム走行距離、ギアポジションインジケーター、燃料タンク残量、時計など必要な情報をシンプルにみやすく表示します。

エンジンとシャシー

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

348cm³ 空冷4ストロークOHC単気筒エンジンを搭載し、GBのシンボルともいえる直立シリンダーの存在感が特徴的

エンジンスタートから立ち上がりもよく、低回転域での力強く粘りのあるトルク性能と加速のよさが持ち味で、街中での小気味よい走りとツーリングでは心地よい鼓動感とともにゆったりとしたクルージングを楽しめます。

2つのバランサーをクランクシャフト前方とメインシャフトに装備することで不快な振動を抑え、ボア x ストロークを70 x 90.5(mm)としたロングストローク化による力強い鼓動感がクリアに伝わり、心地よい乗り心地を実現しています。

・オフセットシリンダーや非対称コンロッドの採用により、フリクション低減と良好な燃費に貢献しています。

マフラーは大径テールパイプの採用でマフラー容量とのバランスの最適化がなされ、歯切れのいいサウンドで力強いパルス感を生み出します。

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

・新設計のフレームには鋼管セミダブルクレードル式フレームを採用。縦・横・ねじれの剛性としなやかさのバランスが最適化され、安定した快適なハンドリング性を実現します。

高剛性のスイングアームも無駄のない駆動力を路面に伝えるとともに、路面からの衝撃を吸収し、フレームとサスペンションとのバランスのよさを発揮します。

GB350のオリジナル装備
GB350のシフトペダルには、シーソー式のチェンジペダルが採用
カブのロータリー式チェンジペダルのようですが、シフトアップはかかとで、シフトダウンはつま先で行います。
通常はつま先でペダルを引き上げてのシフトアップですが、かかと操作なので靴の汚れや傷みを気にせずにライディングできるのが利点です👇

シート

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

BG350とGB350Sの違い
その3.シート
GB350のブラウンシートは、クラシカルな印象のパーツのひとつ。ライダーだけではなくタンデムパッセンジャーの座面積も確保され、厚みのあるクッションでツーリングでの快適性が追及されています。

GB350Sのタックロールタイプのワディングシートは、レッドステッチの効いたスウェード調が高級感を感じさせます。ライダーの座面積が長く前後の自由度が確保されています。

GB350にはパッセンジャーのためのグラブバーが装着され、リアサスペンション上とグラブバー後方に左右2つの荷掛けフックがついているのもポイントです!
GB350Sにもリアサスペンション上とリアフェンダー下に左右2か所荷掛けフックがついています。

サスペンションと足まわり

*サスペンション

引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

・大径Φ41mmのフロントフォークは、高剛性で路面からの衝撃によるしなりを低減し、リアサスペンションはダンパー内部に窒素ガスを加圧封入することで、応答性の高いダンピング性能を発揮します。

CB350Sにはフロントフォークブーツを装備しています。


*足まわり


引用先: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

ブレーキは、フロントにΦ310mmリアにはΦ240mm大径シングルディスクブレーキを採用し、”GB”専用セッティングの前後独立制御ABSを標準装備

BG350とGB350Sの違い
その4.リヤタイヤとホイール
GB350には、しなやかなフレーム特性に対して剛性バランスが最適化された、14本Y字型スポークホイールの採用フロント19インチリア18インチを装備しています。

GB350Sにはリアホイールを17インチに小径化し、リヤタイヤにはグリップ性・安定性のある150mm幅広のラジアルタイヤを採用してます。

これにより、路面接地感・衝撃吸収性がアップされ、安定した乗り心地の良さバンク角が増した設定によりコーナリングでもスポーティな積極的な走りが可能です。

GB350Sのマフラーも、バンク角を深めるためにGB350よりも上にはねあがっています

2021 GB350 / GB350S 燃費

燃費はWMTCモードで41.0㎞/Lになります。走り方にもよると思いますが実燃費だと約30~40㎞ぐらいを予想しています。

タンク容量は15L。単純計算で、航続距離は約450㎞前後を予想しています。普段使用からツーリングまで十分な燃費といえそうです。

2021 GB350 / GB350S 足つき

👆画像は身長160㎝の女性ライダーの足つきになります。参考程度に見てください。

2021 GB350 / GB350S 最高速度

インド発売ハイネスCB350(日本だとGB350)の最高速度になります。メータ読みで130㎞/hぐらいです。動画開始から1分50秒付近で到達しております。参考程度に見てください。

2021 GB350 / GB350S おすすめのカスタム

おすすめのカスタムパーツ(バイクカバー含む)は以上になります。汎用の商品もありますので、購入される場合は再度確認してくださいね。

まとめ

GB350とGB350Sともにエンジンは同じでも、それぞれ特色ある装備と乗り味に違いがあり、期待以上の魅力あるバイクとなっています。

購入されるかたは、どちらにするか迷うところですね!
U39キャンペーンの企画もあり、注目度・人気度もさらにアップしていくと思いますので、早めに検討するほうがよさそうです。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてくださいね。


この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる