新着情報更新中! 詳しくはこちら

2021 ホンダ 新型 PCX と ヤマハ シグナスX それぞれの魅力を比較してみました!

125ccスクーター上級モデルのホンダ PCXとヤマハ シグナスX、スペックや機能性、走りの違いや両車の魅力をくらべてみました

原付二種免許で乗れる、街乗りに最適な125ccスクーター人気はここ数年上昇中です。そのなかでも特に人気モデルは、ホンダ PCXです。

PCXの2021年モデルは装備やエンジンがアップグレードされ、このクラスのトップモデルであることは間違いありませんが、ライバルになるのがヤマハの上級モデル NMAXとシグナスXになります。

PCXとNMAXの比較情報はこちらになります👇

ヤマハのシグナスXの特徴は、その”走り”につきます。またスタイリッシュでスポーティなスタイリングは、PCXとは違う魅力があります。

シグナスXの2021年モデルの発表はありませんが、2021年モデルのPCXと現行モデルのシグナスXのそれぞれの特徴や違いなど、個人的見解も含みますが比較してみました。

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後にはPCXとシグナスXのちがいがかなりわかるはずです。

目次

2021 ホンダ PCX & ヤマハ シグナスX カラーとスタイリング

PCX & シグナスX カラー

PCX (2021年モデル)

左からマットディムグレーメタリックキャンディラスターレッド

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

左から
ポセイドンブラックメタリックパールジャスミンホワイト,
マットコスモシルバーメタリック(下)

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

シグナスX(2020年モデル)

左からディープパープリッシュブルーメタリックC,
ブルーイッシュホワイトカクテル1


左からブラックメタリックX, ビビッドレッドメタリック5 

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

PCXとシグナスXのカラーの違いは?
・2021年モデルのPCXは、125cc専用色の明るくフレッシュな印象のマットコスモシルバーメタリックをはじめ、他のクールで落ち着きのある上質感と優美さを感じさせるカラーと合わせ、全5色展開となっています。

シグナスXは、ビビッドなレッドとクールな印象のブラックを継続色として、2020年モデルは新色のブルーとホワイトが加わり、クリアでシャープさが際立つスポーティなカラーリング全4色展開です。

👇シグナスXは、2020年10月20日800台限定の”Monster Energy Yamaha MotoGP Edition“カラーも発売しています! 

PCX & シグナスX スタイリング

PCX(2021年モデル) & 右シグナスX(現行モデル)

PCXとシグナスXのスタイリングの違いは?
PCXは、大胆なエッジラインが施された流麗で伸びやかなフォルムと、光の演出が美しいヘッドライト・ウィンドスクリーンを装備したゴージャスなフロントフェイスが特徴で、先進性と上質感あふれるデザインになっています。フットスペースも前にも足が伸ばせ、長距離走行でも快適なリラックスした走行ができます。

シグナスXは、エッジの効いたシャープなボディーラインに、ハンドルカウルとLED3灯ヘッドランプを備えた精悍なフロントフェイスが特徴的先進的でアグレッシブな印象のスポーティなスタイリングになっています。
足元は、荷物が置けるゆとりあるフラットボード仕様になっています。

2021 ホンダ PCX & ヤマハ シグナスX 発売日

*PCX
発売日: 2021年1月28日

*シグナスX
発売日2020年4月10日

2021 ホンダ PCX & ヤマハ シグナスX 価格

*PCX
価格357,500円(税込)

シグナスX
価格335,500円(税込)

2021 ホンダ PCX & ヤマハ シグナスX スペック

車種名 (型式)PCX125 (2BJ-JK05)シグナスX(2BJ-SED8J)
発売年月2021.1.2020.4.
仕様国内国内
全長×全幅×全高(mm)1,935×740×1,1051,890x690x1,120
軸間距離(mm)1,3151,305
最低地上高(mm)135115
シ-ト高(mm)764775
車両重量(kg)132119
乗車定員(名)22
エンジン型式・種類水冷4ストローク
SOHC4バルブ単気筒
空冷4ストローク
SOHC4バルブ単気筒
総排気量(cm³)124.8124
ボア x ストローク(mm)53.5×55.552.4×57.9
最高出力9.2kW[12.5ps]/8,750rpm7.2kW[9.8ps]/7,500rpm
最大トルク12N・m[1.2kgf・m]
/6,500rpm
9.9 N・m[1.0kgf・m]
/6,000rpm
燃料タンク容量(L)8.16.5
変速機形式無段変速式VマチックVベルト式無段変速オートマチック
タイヤ 前110/70-14M/C 50P110/70-12 47L(チューブレス)
タイヤ 後130/70-13M/C 63P120/70-12 51L(チューブレス)
ブレーキ形式 前220mm油圧式ディスク
+2ピストンキャリパー
油圧式シングルディスク
ブレーキ形式 後220mm油圧式ディスク油圧式シングルディスク
フレーム形式アンダーボーンバックボーン
燃費
(WMTCモード値)
47.4km/L37.3km/L
燃費
(60km/h定地燃費値)
55.0km/L (2名乗車時)43.3km/L (2名乗車時)
スポンサーリンク

2021 ホンダ PCX & ヤマハ シグナスX 気になる部分の違いは?

フロント部分とライト類

PCXは、ロービームとハイビームが横並びに配されたヘッドライトを中心に、一体化したシャープ形状のウィンカーとポジションランプが上方に伸びています。5本の光ラインのポジションランプと新パネルで防風性の高いウィンドスクリーンを装備した、美しく重厚感のあるフロントフェイスです。

立体的に光るX字型のテールランプとともにすべてLEDの採用で、視認性・被視認性も十分に確保されています。

シグナスXは、エッジの効いたシャープ形状のハンドルカウルにはウィンカーを配し、精悍な顔つきのフロントマスクには左右独立したリフレクタータイプのロービームと、ハイビーム時にはセンターのランプと合わせてLED3灯が点灯するヘッドライトが装備されています。カウルのサイドには縦型のポジションランプとともに、明るさと視認性を十分に発揮します。

導光タイプのテールランプセンターのストップランプもともにLED採用で、被視認性も確保されています。

PCXはライトがすべて一体化され、ウィンドスクリーンとともに重厚感のあるフロントフェイスですが、シグナスXも少し幅広のフロント形状で、アグレッシブで堂々としたスポーツバイクの風格があります。

メーターとハンドルまわり

*メーター
PCX、シグナスXともにブルーのバックライトに白文字表示の反転液晶デジタル表示メーターです。

PCXは、ワイドな液晶画面に大きなフォントのスピードメーター、その下にはバーグラフのタコメーター、走行距離やトリップメーター、燃料計など必要な情報を見やすく表示します。緑ラインのウィンカー表示が目だつので、消し忘れ防止になります。

シグナスXダイヤモンドカットデザインのメーターは、液晶マルチファンクションメーターパネルに幅の広いバーグラフのタコメーター大文字サイズのスピードメーターがわかりやすく、時計、ツイントリップ、燃料計など必要な情報をクリアに表示してくれます。

PCXのハンドルまわり
・右ハンドルのスイッチでシステム稼働のON/OFF切り替えができるアイドリングストップ機能を装備アイドリングストップモードの停車時からでも静かでスムーズな発進が可能です。

・クロムメッキのハンドルバーには、ラバーマウントされたハンドルホルダーを採用手に伝わる振動を軽減してくれます。

シグナスXのハンドルまわりはシンプルですが、PCXは長距離走行での快適性・環境性を考慮された装備がなされていますね。

シート & ラゲッジボックス、そのほかの装備

*シートとラゲッジボックス
PCXのシート長時間の走行に対応できるように、座面の自由度とクッション性があります。シート下のラゲッジボックス30Lを確保し、ヘルメットホルダーが2か所ついています。

シグナスXのシート幅もあり少し硬めで、シート高は775mm。PCXよりも11mm高く、足つきはあまり良いとはいえませんが、PCXよりも13kg軽く119kgの軽量なため、取り回しはイージーです。

シート下のラゲッジボックスは29Lを確保。ヘルメット以外の荷物を収納できるゆとりもあります。(*フルフェイスは大きさや形状によっては収納がきびしいこともあるので、事前チェックは必要です。)

シグナスXのグラブバーは左右セパレートタイプで、握りやすさとデザイン性もかねそそろえています。

*その他の装備
PCX
フューエルタンクの容量は8.1Lで、タンクふたには給油時にタンクキャップを固定できるような便利なスペースがもうけられています。

・バイクに近づくとイグニッションとシート、およびオプションの35Lトップボックスのロックが解除され、離れると再びロックされるスマートキーを装備しています。

・500mlのペットボトルが収まるハンドル左下のフロントインナーボックスには、USBType-C充電器を内蔵。スマホに直接充電ができ、ほかの機器への給電にも利用可能です。

シグナスX
・メーター下の中央には、可倒式の1.0kgまでの荷物が提げられるコンビニフックを装備し、足元のフラットボードにも荷物を置けるのは普段使用に便利な装備です。

フロント左サイドに給油口が設けられているので給油がしやすく、右サイドには鍵穴へのイタズラや盗難を抑止するシャッター付キーシリンダーが装備されています。

・オープンタイプのフロントポケットの上部にはスマホ充電に便利な12VのDCジャックを装備し、ポケットには500mlのペットボトルと小物が入るスペースを確保しています。

エンジン

*PCXのeSP+エンジン
・PCXは、4バルブヘッド水冷単気筒eSP+エンジンを搭載。これまで以上にパワフルでスムーズな走りを実現し、低燃費・環境性が向上しています。ボア径を拡大しストロークをショート化され、最大トルク回転数が上がっています。

そのため発進から鋭い立ち上がりで、メリハリのあるキビキビとしたスポーティーな走りと、軽量で高剛性の新フレーム採用により乗り心地も改善され、日常からロングツーリングでも快適な走行を楽しめます。

*シグナスXのエンジン
・シグナスXは、4バルブヘッド空冷4ストロークSOHC単気筒エンジンを搭載。空冷らしい鼓動感とともに、元気のよい走り出しから低速トルクの力強さとパワフルな加速性を発揮し、6000rpm以上の高回転域でもその加速力をキープし余裕のある走りを実現しています。

サスは硬めのセッティングで、アクセルレスポンスの良さからキビキビとしたスポーティな走りを可能にしています。剛性としなやかさが最適化されたフレームにより、軽快なハンドリングとともに直進安定性・衝撃吸収に優れているので乗り心地も良好です。

足まわり

PCXの足まわり
フロントは14インチ、リア13インチのタイヤを採用し、剛性バランスの取れたサスペンションとともに凸凹路面での衝撃吸収性のよさと安定した走りを実現しています。

ブレーキディスクがリアにも採用され、1チャンネルのフロントにABSを装備ホンダ セレクタブルトルクコントロールシステム(HSTC)を新たに採用したことで、十分な制動性と安全性が高くなっています。

*シグナスXの足まわり
フロント・リアともに12インチホイールの採用により安定した走行で、市街地の狭い場所での切り返しや小回りが楽にできます。

ブレーキは、フロントにはΦ245mmウェーブディスクリアにはΦ200mmディスクを装備。ストップ&ゴーの多い市街地走行でも、加減速から停止までメリハリのある小気味よい走り確かな制動性を発揮します。

・フロントフォークには飛び石などから守ってくれるフォークガードが装備され、スポーティなデザイン性・機能性を両立しています。

PCXとシグナスXのここがポイント👆
PCX
新フレームにeSP+エンジンを搭載し、ウィンドスクリーン、ヘッドライト、メーターなど細部にいたるまで新しい装備となり、またABSトルクコントロールシステムの導入など万全の足まわりをもち合わせ、125ccスクーターの最高級モデルになっています。

・パワフルでありながら颯爽としたスマートな走りで、日常の”足”からロングツーリングまで幅広く楽しめるのがPCXの魅力です。トータル的にバランスのとれたコスパの良さで、メインバイクとしてもおすすめできるスクーターです。

シグナスX
・デイリーユースには不足のない実用的な装備と、スポーティなスタイリングパワフルな走りで、他のスクーターにはないバイク感を味わえるのがシグナスXの魅力です。

・直進からコーナーまで、重心が高いことで倒しこみやすく、キレのあるアグレッシブなコーナリングも可能にし、毎日の街乗りでも“走り”そのものを純粋に楽しみたいかたにおすすめのスクーターです

2021 ホンダ PCX & ヤマハ シグナスX 足つき

ホンダ PCX 足つき

👆ツイッター上でのPCX(旧モデル)の足つき情報になります。シート高は764mm(旧モデルも同じ)です。

ヤマハ シグナスX 足つき

身長:158㎝/股下:73cm

👆ツイッター上でのシグナスX(旧モデルも含む)の足つき情報になります。シート高は775mm(旧モデルも同じ)です。

2021 ホンダ PCX & ヤマハ シグナスX 燃費

ホンダ PCX 燃費

新型PCX125の燃費47.6㎞/L(WMTCモード値)とされ、旧モデルより若干落ちています。

タンク容量は8.1Lになります。航続距離をWMTCモード値で計算すると、航続距離は約385㎞になります。

ヤマハ シグナスX 燃費

ヤマハ シグナスXの燃費37.3㎞/L(WMTCモード値)とされています。

タンク容量は6.5Lになります。航続距離をWMTCモード値で計算すると、航続距離は約240㎞になります。

燃費がよくタンク容量のあるPCXのほうが航続距離は長く、パワー系で燃費の悪い(タンク容量も少ない)シグナスXは航続距離が短いですが、両車とも通勤や普段使用、ツーリングまで問題のない燃費です。

スポンサーリンク

2021 ホンダ PCX & ヤマハ シグナスX 最高速度

ホンダ PCX 最高速度

旧モデルのPCX125の海外動画ですが、最高速度メータ読みで67mph(107km/h)ぐらいです。動画開始から21秒付近で到達しています。

新モデルも同程度と思われます。参考程度に観てください

ヤマハ シグナスX 最高速度

旧モデルのシグナスXの海外動画ですが、最高速度メータ読みで100km/hぐらいです。動画開始から1分5秒付近で到達しています。

新モデルも同程度と思われます。参考程度に観てください

2021 ホンダ PCX & ヤマハ シグナスX おすすめカスタム

おすすめのカスタムパーツ(バイクカバー含む)は以上になります。汎用の商品もありますので、購入される場合は再度確認してくださいね。

まとめ

ホンダのPCXは充実した装備と機能性により、走りにも快適性がさらにアップされています。
一方、シグナスXはヤマハらしいパワフルな走りが継承され、スクーターでもスポーティな走りを楽しめる仕様になってます。

実際の走りが気になるかたは、バイク屋さんで試乗してみてくださいね。

シグナスXの更なる進化があるのか、新モデルの発表に期待したいです!
また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。



この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる