新着情報更新中! 詳しくはこちら

2021 スズキ GSX-S1000 フルモデルチェンジを受けて新登場!新型情報です

2021年新型モデルのGSX-S1000が欧州より発売となります!新しいGSX-S1000の最新情報をお伝えします

スズキ GSX-S1000は、SSの”GSX-R1000″をベースにしたストリート系スーパーネイキッドバイクで、国内では2016年モデルが初登場となっています。

一眼の鋭い目つきの野獣のようなスタイリングとパワフルな加速性が特徴のストリートファイターモデルです。

2021年モデルが欧州より発表となりましたが、個性あるヘッドライトをはじめスタイリングが大きく変わり、新しいエンジンと電子制御システムを搭載した”新・GSX-S1000″の登場です。

国内発表はまだありませんが、欧州より発表となった2021年モデル GSX-S1000のカラーやスペックなどの基本情報や特徴、国内現行モデルの中古情報やおすすめのカスタム情報をお伝えします。(国内モデル発表の際は、随時内容を更新いたします。)

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後にはGSX-S1000のことがかなりわかるはずです。

目次

2021 GSX-S1000 カラーとスタイリング

欧州モデル

トリトンブルーメタリック(YSF)


グラスマットメカニカルグレー(QT7)


グラススパークルブラック(YVB)

引用元:Global Suzuki URL:https://www.globalsuzuki.com/motorcycle/index.html

*カラー
・欧州モデルは、スズキ代表カラーのトリトンブルーをはじめ全3色展開です。トリトンブルーはサイドカウル、タンク、ホイールをブルーとし、初採用のシルバーのウィングレットとマフラー、ゴールドのフロントフォークがタフでアグレッシブなスタイリングを強調しています。

・グレーとブラックは、よりシャープでメカニカルなスタイリングをアピールし、サイドパネルのカモフラージュデザインがアクセントになっています。

*スタイリング
2021年モデル(左)と2020年国内現行モデル(右)

・これまでにない斬新なデザインのヘッドライトは、個性あるGSX-S1000の象徴ともいえます。カミソリのようなシャープでコンパクトなカウルにおさまる2灯縦型のヘッドライト層が特徴的です。

・上方に刀のように切れ上がったウィングレットとマフラーエンドが、切れのある走りと最高のパフォーマンスを予感させます。

2021 GSX-S1000 発売日

*欧州モデル
発売日2021年6月以降
(国内モデル未発表)

2021 GSX-S1000 価格

*欧州モデル
価格:£10,999 (約166万円(1£=\151で換算))

[国内現行モデル 価格:1,152,800円(税込)]

2021 GSX-S1000 スペック

車種名 (型式)GSX-S1000
(欧州モデル)
GSX-S1000
(2BL-GT79B)
発売年月2021.6月以降2020.2.
仕様海外国内
全長×全幅×全高(mm)2,115x810x1,0802,115x795x1,080
軸間距離(mm)1,4601,460
最低地上高(mm)140140
シ-ト高(mm)810810
車両重量(kg)214209
乗車定員(名)22
エンジン種類水冷4サイクルDOHC
4バルブ4気筒
水冷4サイクルDOHC
4バルブ4気筒
総排気量(cm³)999998
最高出力152PS/11,000rpm109kW[148PS]/10,000rpm
最大トルク10.8kg・m/9,250rpm107N・m[10.9kgf・m]/9,500rpm
始動方式セルフ式セルフ式
点火方式フルトランジスタ式フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)1917
変速機形式変速機6段常時噛合式6段リターン
タイヤ 前120/70ZR17M/C (58W)
チューブレス
120/70ZR17M/C(58W)
タイヤ 後190/50ZR17M/C (73W)
チューブレス
190/50ZR17M/C(73W)
ブレーキ形式 前Φ310mmダブルディスク
+4ポットキャリパー
油圧式ダブルディスク(ABS)
ブレーキ形式 後Φ250mmディスク
+1ポットキャリパー
油圧式シングルディスク(ABS)
フレーム形式ダイヤモンド
燃費
WMTCモード値
19.1km/L
燃費
60km/h定地燃費値
24.3km/L (2名乗車時)
スポンサーリンク

2021 GSX-S1000 気になる部分

ヘッドライトとテールランプ

・コンパクトなカウルにおさまる六角形のLEDヘッドライト縦型上下の2灯とし、その上のポジションランプと3段層になっています。鋭い光が闇を貫き照らし、斬新でダイナミックな風格をもたらしています。

・新しくなったステアリングマウントから横に細く伸びるLEDターンシグナルランプ(ウィンカー)、シンプルながらも存在感のあるLEDテールランプは被視認性も十分確保されています。

メーターとハンドルまわり

フル液晶のLCDメーターは、GSX-S1000の専用グラフィックと青色のバックライトを備えたカスタムディスプレイを備えています。

・LCDパネルではスピードメーター、タコメーター、走行距離計、デュアルトリップメーター、ギア、水温、走行距離、平均燃料消費量、瞬時燃料消費量、トラクションコントロールモード、SDMSモード、シフト(ON / OFF)、燃料計、時計、バッテリー電圧、RPMインジケーターなど豊富な情報をわかりやすく表示します。

・LEDインジケーターには、ターンシグナル、ハイビーム、ニュートラル、誤動作、マスター警告、ABS、トラクションコントロールシステム、低電圧警告、冷却水温度、油圧警告が表示されます。

新しいテーパードハンドルバー23mm拡張され、角度もライダー側少し手前に改良されています。アップライトなライディングポジションで、快適で軽快なハンドル操作をもたらし、制御性の向上と疲労の軽減に貢献しています。

スズキイージースタートシステム(下画像部分)の搭載
スターターボタンを1回押すだけで、クラッチレバーを引くことなくエンジンが始動し、トランスミッションがニュートラルのときに作動します。

スズキクラッチアシストシステム(SCAS)の搭載
スリッパークラッチは、シフトダウン時のエンジンブレーキの影響を軽減するため、よりスムーズな減速をするのに役立ちます。 クラッチレバー操作への軽いタッチを実現し、アシスト機能によって渋滞や長時間の走行での左手の疲労を軽減します。

パワーユニット & シャシー, サスペンション

エンジン
999cm³ 水冷4ストロークDOHC直列4気筒エンジンを搭載。MotoGPレースで活躍するスーパーバイクのDNAを引き継ぎ、高度なテクノロジーが活用された新しいエンジンはこれまで以上にパワーアップされています。

・最高出力は現行モデルの148PS/10,000rpmから152PS/11,000rpmへと出力向上、トルク発生回転数は250rpm低い9250rpmとなり、低~中速域での出力アップとともに高回転域へパワフルな加速性とトルク性を発揮し、全回転域でのパワーアップに成功しています。

新しくなった吸排気カムシャフトのプロファイルによりバルブオーバーラップを減少させ、全速度域にわたる性能と制御性のバランスを改善すると同時に、排出ガス性能が向上しています。また、エアクリーナーボックスの内部構造の変更により、出力特性のアップに貢献しています。

再設計された4-2-1エキゾーストシステムは、エキサイティングなサウンドを維持しながらEURO5排出ガス基準を満たし、全体的なパフォーマンスを最大化するように設定されています。

シャシー
アルミ製ツインスパーフレームは軽量コンパクトで、リアフレーム、スイングアームとともに重量と剛性バランスが最適化されています。軽快なハンドリングとコントロール性、優れた路面衝撃吸収性を実現します。

サスペンション
Φ43mmKYB倒立フロントフォークは、スムーズでスポーティな乗り心地を提供します。 120mmのストロークと調整可能なダンピング、リバウンド、コンプレッション、スプリングプリロードの設定が特徴です。

調整可能なリバウンドダンピングスプリングプリロード設定を備えたリンクタイプのリアサスペンションは、さまざまな路面に効率的に反応し最大130mmの後輪移動を可能としながら、俊敏で安定した走行に寄与します。

電子制御システム

・スズキの新しい電子制御システムスズキインテリジェントライドシステム(SIRS)が採用されています。
高度な電子システムにより、ライディングスタイル、経験値、およびライディング条件に応じたパフォーマンス特性を最適化できます。 これにより予測・制御しやすくなり、日常から長距離走行まで疲れを軽減し快適な走行を楽しめます。

1.スズキドライブモードセレクター(S-DMS)
A・B・Cの3つのライディングモードから任意のモードを選択でき、エンジン制御マップの切り替えができます。

モードA(アクティブ):スロットルを開くと、最もシャープなスロットルレスポンスを発揮します。ワインディングでの積極的なスポーツ走行を楽しめるモード。

モードB(スタンダード):スロットルを開くと、よりソフトなスロットルレスポンスと直線的なパワーデリバリーが特徴です。さまざまなライディングスタイルやコンディションに対応できるよう、日常のライディングでより制御しやすい設定にされたモード。

モードC(快適):スロットルが開くとパワーが直線的に増加し、さらにソフトなスロットルレスポンスでより穏やかなトルク特性を提供します。 濡れた路面や滑りやすい路面での走行、リラックス走行に設定されたモード。

2.スズキトラクションコントロールシステム(STCS)
・STCSは、前輪と後輪の速度、エンジンRPM、スロットル位置、ギア位置を継続的に監視するようにプログラムされており、差し迫ったトラクションの喪失を判断すると、スリップを防ぐために出力を制限するように設計されています。これにより安定性が向上し、ストレスや疲労の軽減、より自信を持ってコントロールできるようになります。

5段階の幅広い選択肢を備えたSTCSは、より多様なライディング条件、スタイル、および経験レベルにより最適な選択ができ、 必要に応じてシステムをオフにすることもできます。

3.双方向クイックシフトシステム
・クラッチやスロットルを操作しなくても、すばやく簡単にシフトアップまたはシフトダウンできる双方向クイックシフトシステムを装備。

・シフトダウン時は、スロットルのブリッピングやクラッチ操作をすることなくSDMSと連携して機能します。スピーディでスムーズなシフトダウンを行い、片足操作だけでクラッチ操作がイージーにできます。

4.ライドバイワイヤー電子スロットルシステム
・ECMを活用してスロットルバルブの動作を制御することにより、スロットル動作に関連するエンジン出力を正確に制御します。 システムのより細かい制御により、各SDMSモードに最適に一致するように調整が可能です。

・日常の走行からスポーティな走りまで、ライダーの望むパワーデリバリーやコーナリング中にスロットルを開くときの制御性が向上します。

5.ローRPMアシストシステム
・スズキクラッチアシストシステム(SCAS)と連携することで、エンジンスタートから低回転域へのクラッチのつなぎをよりスムーズにします。 街中でのストップアンドゴーでのストレスを軽減し、快適な走りを実現します。

足まわり

軽量な6本スポークの鋳造アルミホイールダンロップのラジアルタイヤの採用。フロントとリアのサスペンション設定とともに、優れたグリップ性と安定性、軽快なハンドリングを実現します。

・ブレーキは、フロントはΦ310mmダブルディスクにブレンボ製モノブロックキャリパー、リアはΦ250mmシングルディスクに1ポットキャリパーの組み合わせです。

2021 GSX-S1000 燃費

燃費WMTCモード値で19.1㎞/L(旧モデル)になり、実燃費(旧モデル)だと走り方にもよりますが約14~21㎞/L走ります。

タンク容量は19L(旧モデル17L)になります。旧モデルと燃費の差はあまりないと考え、航続距離を実燃費で単純計算すると、航続距離は約260~390㎞になります。

普段使用からツーリングまで十分な燃費といえそうです。

スポンサーリンク

2021 GSX-S1000 足つき

👆ツイッター上でのGSX-S1000(旧モデル)の足つき情報になります。シート高は810mm(新モデルも同じ)です。

2021 GSX-S1000 最高速度

旧モデルの海外動画ですが、最高速度メータ読みで250㎞/hぐらいです。GPSで240㎞/hぐらいです。動画開始から1分32秒付近で到達しています。参考程度に観てください。

GSX-S1000 中古情報

中古(旧モデル)は2018~2020年モデルの走行距離5000㎞以内で総支払額85~105万ぐらいです。

現時点の最安値は2018年モデル、走行距離4157㎞で84.86万円(2021.5月 グーバイクさんでの検索情報です)

新車だと1,152,800円(税込)+αです。(定価購入の場合)

👇グーバイクさんの検索リンクになります。

https://www.goobike.com/index.html?_ga=2.228935964.1020477933.1594561294-1700473822.1594561294
※グーバイクさんのリンクは許可を得て貼っております(アフィリエイトリンクではありません)

GSX-S1000 おすすめカスタム

GSX-S1000 カスタムパーツ

おすすめのカスタムパーツ(旧モデル、バイクカバー含む)は以上になります。汎用の商品もありますので、購入される場合は再度確認してくださいね。

GSX-S1000 カスタムマフラー

おすすめカスタムマフラー(旧モデル)は以上になります。購入される場合は再度確認してくださいね。

まとめ

2021年モデルのGSX-S1000は斬新なヘッドライトをはじめ、迫力のあるスタイリングとともにパワーアップされた新エンジン、電子制御システムを装備した新しいアグレッシブなストリートバイクへと進化しています。

日本国内モデルは少し先になるようですが、早い発表を期待したいですね!

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる