新着情報更新中! 詳しくはこちら

2021 カワサキ KLX300 & KLX300SM 米国発表! 最新情報です

スポンサーリンク

2021年の新型 KLX300とKLX300SMカワサキ米国より発表されました!

カワサキの国内のオフロードトレイルは、現行モデル(2020年モデル)のKLX230がラインナップされていますが、フルサイズのオフロードモデルの”KLX250 Final Edition“とスーパーモタードの”D-TRACKER X Final Edition“は、2016年モデルを最後に生産終了となっています。

このたびアメリカより発表されたKLXは、このKLX250とD-TRACKERの後継モデルともいえる、300ccクラス”KLX300″と”KLX300SM”のオフロードバイクとなります。

日本国内で250ccクラスとして再び登場するのか?今のところ発表はありませんが、米国で発表された2021年モデルの”KLX300″と”KLX300SM”の特徴をおしらせします!

目次

2021年 KLX300 / KLX300SM カラー

KLX300

左よりライムグリーンフラグメントカモグレー

引用元 Kawasaki US URL: https://www.kawasaki.com/en-us/

KLX250 Final Edition (国内2016年モデル)

引用元 web オートバイ URL: https://www.autoby.jp/

KLX300SM

左よりライムグリーンxエボニーオリエンタルブルーxエボニー

引用元 Kawasaki US URL: https://www.kawasaki.com/en-us/

D-TRACKER X Final Edition (国内2016年モデル)

引用元 web オートバイ URL: https://www.autoby.jp/

2021年 KLX300 / KLX300SM 価格

*KLX300:US$5,599~5,799(584,700~605,590円)希望小売価格 (1ドル=104.43円換算)
*KLX300SM:US$5,599 (584,700円)希望小売価格 (1ドル=104.43円換算)

2021年 KLX300 / KLX300SM スペック

車種名KLX300KLX300SM
仕様米国米国
発売年月日
全長×全幅×全高(mm)2,200×820×12042,195x790x1146
軸間距離(mm)1,4401,438
最低地上高(mm)249216
シ-ト高(mm)894861
車両重量(kg)137138
エンジン種類水冷4ストローク
DOHC単気筒
水冷4ストローク
DOHC単気筒
総排気量(cc)292292
最高出力
最大トルク
ボア x ストローク(mm)78.0 x 61.278.0 x 61.2
燃料タンク容量(L)7.577.57
変速機形式6段変速リターン式6段変速リターン式
キャスター角26.7°25.0°
タイヤ 前3.0 x 21in110/70-17in
タイヤ 後4.6 x 18in130/70-17in
ブレーキ形式 前250mmシングルディスク
x デュアルピストンキャリパー
300mmシングルディスク
x デュアルピストンキャリパー
ブレーキ形式 後240mmシングルディスク
x シングルピストンキャリパー
240mmシングルディスク
x シングルピストンキャリパー
フレーム形式
燃費
スポンサーリンク

2021年 KLX300 / KLX300SM 特徴と両車の違いは?

KLX300 / KLX300SM の特徴
・アグレッシブなスタイリング。

・低~中速域でのパワフルな出力性。スロットルレスポンスが良好で街乗りから、ツーリング、オフロードまで幅広いシーンに対応。

・燃料噴射装置により最適な燃料供給がなされ、常に高いパフォーマンス性を発揮するとともに、低燃費で良好な環境性能も実現。

・スリムで軽量、高剛性のフレームの採用、キャスター角はKLX300は26.7°、KLX300SMは25°で、両車ともクイックなハンドリングで直進でも安定した走行。

・φ43mm倒立フロントフォークは、調整可能な圧縮ダンピング、リアサスペンションには積載重量やライダーの好みにより調整可能なプリロードを装備。

・アップライトなライディングポジションと、バイクの中心線状に設けられたフットペグなどにより、より自然で快適な乗り心地。

・厚めのシートとKLX300SMは861mmのシート高、熱を遮断してくれるラジエターファンのおかげで、交通量の多い街乗りでのストップ&ゴーでも快適な走行を実現。

KLX300 / KLX300SM の違いは?
KLX300は、フロントが21インチ、リアが18インチのブロックタイヤとφ250mmのフロントディスクブレーキを装備しており、フルサイズのオフロードモデルの足まわりになっています。

KLX300SMは、前後とも17インチのオンロードタイヤとφ300mmのフロントディスクブレーキを装備しており、スーパーモタードとしてオンロードでの走りに焦点があてられたモデルになっています。

まとめ

KLX230が現行で発売されていますので、日本には入ってこないと思われますが、スタイルはKLX300の方がカッコイイ!250㏄での発売を期待せずにはいられません。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる