新着情報更新中! 詳しくはこちら

2022年 カワサキ Z125 PRO カワサキUSより発表! 北米モデルの最新情報です

スポンサーリンク

カワサキ 原付二種の Z125 PROは2016年に登場して以来、コンパクトな車格であるにもかかわらず、倒立フォーク、前後ペタルブレーキディスクなどZシリーズと同等の装備とパワフルな加速性で、スポーティな走りが人気のネイキッドスポーツバイクです。

国内モデルは2021年モデルが2020年10月に発売となり、残念なことにその後は国内導入の見込みがないようですが、海外では早くも2022年モデルが北米市場より発表がありました!

2022年新型のZ125 PROは、ビビットなイエローカラーとスポーティなホワイト&ブルーカラーが新たに追加され、ますますスポーティでZ125 PROらしいカラーリングとなっています。

2021年国内現行モデルの情報はこちらになります👇

目次

2022年 新型 Z125 PRO カラー

PEARL SHINING YELLOW パールシャイニングイエロー 新色


PEARL ROBOTIC WHITE/CANDY PLASMA BLUE
パールロボティックホワイト/キャンディプラズマブルー
新色



METALLIC FLAT SPARK BLACK
メタリックフラットスパークブラック
継続色

引用元:Kawasaki US: https://www.kawasaki.com/en-us/

・2022年モデルのニューカラーは、ビビットなパールシャイニングイエローとスポーティな印象のパールロボティックホワイト/キャンディプラズマブルー。継続色となるメタリックフラットスパークブラックを加えて全3色展開です。

国内現行モデルカラーはパールナイトシェードティール(左)とメタリックフラットスパークブラック(右)です。

2022年 新型 Z125 PRO 価格

価格US$3,299 [約37万円]

2022年 新型 Z125 PRO スペック

2021年国内現行モデルと比較してみました。

車種名 (型式)Z125 PROZ125 PRO
(2BJ-BR125H)
発売年月2021.?2020.10.
仕様海外国内
全長×全幅×全高(mm)1,700x750x1,0051,700x750x1,005
軸間距離(mm)1,1761,175
最低地上高(mm)155155
シ-ト高(mm)805780
車両重量(kg)102102
乗車定員(名)22
エンジン型式・種類空冷4ストローク
SOHC 2バルブ単気筒
空冷4ストローク
SOHC 2バルブ単気筒
総排気量(cc)125125
ボア x ストローク(mm)56.0 x 50.656.0 x 50.6
最高出力7.1kW[9.7PW]/8000rpm
最大トルク9.6N・m/6,000rpm9.6N・m[0.98kgf・m]/6000rpm
燃料タンク容量(L)7.57.4
変速機形式常噛4段リターン常噛4段リターン
タイヤ 前100/90-12100/90-12 49J
タイヤ 後120/70-12120/70-12 51L
ブレーキ形式 前Φ200mmシングルペタルディスクシングルディスク
ブレーキ形式 後Φ184mmシングルペタルディスクシングルディスク
フレーム形式バックボーンバックボーン
燃費
(WMTCモード値)
50.0km/L (2名乗車時)
燃費
(60km/h定地燃費値)
54.2㎞/L

国内現行モデルとの大きな違いはシート高で、海外モデルは25mm高くなっています。

スポンサーリンク

2022年 新型 Z125 PRO 気になる部分

フロント部分とヘッドライト

2022年新型海外モデル(左)と2021年国内現行モデル(右)

国内現行モデルと比較すると、フロントカウル、ヘッドライト形状、ウィンカーの位置に違いがあります。国内モデルはシャープでエッジの効いたスタイリングです。

エンジンと足まわり

124cm³空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒エンジンを搭載。エンジンスタートから高回転域までスムーズな吹け上がりで、パワフルな加速性4速ギア機敏でスポーティな走りを楽しめるとともに、優れた燃費性を発揮します。

ゴールドのΦ30mm倒立フロントフォークの採用、オフセットレイダウンのリヤサスペンションモノショックで4段階のプリロード調整が可能です。前後12インチの軽量アルミニウム製キャストホイールは軽快なハンドリング性に貢献しています。

コンパクトで車重も軽いため、狭いところでの切り返しも得意で、取り回しの良さ・扱いやすさもポイントです。

・ブレーキはフロントにΦ200mm、リヤにΦ184mmのペタルディスクを装備し、高い制動性も確保しています。

まとめ

Z125 PROはZシリーズのSugomiデザインとともに、エンジンをはじめ各装備の機能性の高さはそのまま引き継がれた、完成度の高いネイキッドスポーツバイクです。

そして2022年新型モデルは、よりスポーティさが強調されたカラーリングです。
日本に導入されないのは残念でなりませんが、続報があることを期待したいです!

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる