新着情報更新中!詳しくはこちら

2022 カワサキ Z650 新排出ガス規制適合モデル 新色で登場! 新型情報です

2022年新型モデルのZ650は、新鮮なホワイトカラーで登場!

カワサキ Z650は、スーパーネイキッドZシリーズのミドルネイキッドモデルとして、2017年に初登場しました。

Zシリーズ”Sugomi”デザインのコンパクトなボディーワークに、649cm³パラレルツインエンジンを搭載し、低中回転域で力強いトルク性と軽快なハンドリング性を発揮する、スポーツ性の高いモデルです。

2022年国内モデルのZ650が、令和2年排出ガス規制に適合しニューカラーモデルとなって登場します。
先に欧州で発表されたカラーは3色展開ですが、カワサキカラーのグリーン系は採用せず、国内モデルはこれまでにないホワイトカラーのみとなったのも注目ポイントです。

Z650の2022年モデルのカラーやスペックなどの基本情報中古情報やおすすめのカスタム情報をお伝えします。

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。乗り継いだバイクは9台になるそこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後には2022年新型 Z650のことがかなりわかるはずです。

目次

2022 カワサキ Z650 カラー

パールロボティックホワイト

×メタリックマットグラフェンスチールグレー 新色

引用元 カワサキ モータースジャパン URL https://www.kawasaki-motors.com/

・2022年国内モデルZ650のカラーは、先に発表となった欧州モデルのグリーン系カラーを採用せず、Z900と同様にホワイトのパールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレー1色となり、これまでにないスポーティーな印象となっています。

2022 カワサキ Z650 発売日

発売日2021年12月17日

2022 カワサキ Z650 価格

価格858,000円(税込)

2022 カワサキ Z650 スペック

車種名 (型式)Z650
(8BL-ER650H)
発売年月2021.12.
仕様国内
全長×全幅×全高(mm)2,055×765×1,065
軸間距離(mm)1,410
最低地上高(mm)130
シ-ト高(mm)790
車両重量(kg)189
乗車定員(名)2
エンジン型式・種類水冷4ストロークDOHC 4バルブ並列2気筒
総排気量(cm³)649
ボア x ストローク(mm)83.0×60.0
最高出力50kw[68ps]/8,000rpm
最大トルク63N・m[6.4kgf・m]/6,700rpm
始動方式セルフ式
点火装置形式フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)15
変速機形式常時噛合式6段リターン
タイヤ 前120/70ZR17M/C (58W)
タイヤ 後160/60ZR17M/C (69W)
ブレーキ形式 前Φ300mmデュアルディスク
ブレーキ形式 後Φ220mmシングルディスク
フレーム形式ダイヤモンド
燃費
(WMTCモード値)
23.0㎞/L
燃費
(60km/h定地燃費値)
32.1km/L (2名乗車時)
スポンサーリンク

2022 カワサキ Z650 気になる部分

ライト類

引用元 カワサキ モータースジャパン URL https://www.kawasaki-motors.com/

・低く構えたヘッドライト、ヘッドライトカウルに入ったスラントラインなどエッジの効いたシャープで戦闘的な”Sugomi”らしいデザインで、精悍なフロントフェイスになっています。

ヘッドライト、Zパターンに点灯するテールライトはLED採用で、デザイン性とともに明るく、視認性・被視認性も確保されています。

ハンドルまわりとメーター

引用元 カワサキ モータースジャパン URL https://www.kawasaki-motors.com/

*ハンドルまわり
・スーパーネイキッドZらしいワイドでフラットなハンドルバー(ステアリングアングルは35°)は、ストリート走行時の扱いやすさと、スポーツ走行時の優れたコントロール性を両立しています。

・スリムで低めに位置したフューエルタンクはニーグリップしやすく、着座位置を前寄りにした790mmのシート高のおかげで、足つきの良さとともに優れた操作性を発揮します。

5段階の調整ダイヤル付きのクラッチとブレーキレバーは、ライダーの好みに合わせて位置変更が可能です。

引用元 カワサキ モータースジャパン URL https://www.kawasaki-motors.com/

*メーター
4.3インチフルデジタルTFTカラー液晶スクリーンを採用。液晶スクリーンは背景色の選択が可能で、自動調光機能を備えています。

デジタルスピードメーター、デジタルバースタイルタコメーター、ギヤポジションインジケーター、シフトアップインジケーターランプ、燃料計、オドメーター、デュアルトリップメーター、Bluetooth インジケーター、スマートフォン電話着信/メール着信、およびエコノミカルライディングインジケーターなどを表示します。

スマートフォン接続機能
インストゥルメントパネルにBluetoothを内蔵し、スマートフォンとの相互通信が可能です。専用のスマートフォンアプリ「RIDEOLOGY THE APP」を使用することで、以下の機能が使用できます。

・Vehicle Info(車両情報)
・Riding Log(ライディングログ)
・Telephone notices(電話通知)
・Tuning – General Settings(チューニング – 一般設定)

エンジンとフレーム

引用元 カワサキ モータースジャパン URL https://www.kawasaki-motors.com/

*エンジン
・2022年モデルは、新たに令和2年排出ガス規制に適合した649cm³水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒エンジンを搭載。”Sugomi”らしいパワフルな加速性をもちながら低~中回転域では扱いやすく、市街地からワインディング走行まで幅広いシーンを楽しめます。

デュアルスロットルバルブの採用で、吸気量を緻密にコントロールします。スロットルレスポンスの良さとともに、高い燃焼効率を発揮し燃費も良好です。

*フレーム
・15kgの高張力鋼トレリスフレームを採用。単体重量4.8kgのスイングアームとともに、車両の軽量化や軽快な取り回しとハンドリングを実現しています。

足まわり

引用元 カワサキ モータースジャパン URL https://www.kawasaki-motors.com/

・サスペンションは、フロントにはΦ41mmのテレスコピックフロントフォークを装備し、優れた路面追従性を発揮します。リヤにはホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションを採用。リヤショックユニットとリンクをスイングアームの上側にマウントすることでマスの集中化、軽快なハンドリングと快適な乗り心地に貢献しています。

・ブレーキは、フロントにはΦ300mmペタルディスクとデュアルピストンキャリパー、リアにはΦ220mmのペタルディスクとシングルピストンキャリパーの組み合わせで、高い制動性・安定性を実現します。

・ホイールは軽量で高剛性の星形5本スポークホイール、タイヤはダンロップ社製のSPORTMAX Roadsport 2を採用し、軽快なハンドリング性に貢献しています。

そのほかETC2.0車載器キットヘルメットホルダーを標準装備しています。

2022 カワサキ Z650 燃費

燃費WMTCモード値で23.1㎞/Lタンク容量は15Lになります。

航続距離をWMTCモード値で単純計算すると、 Z650の航続距離は346.5㎞になります。

普段使いやツーリングまで十分な燃費といえそうです。

スポンサーリンク

2022 カワサキ Z650 最高速度

海外動画ですが、最高速度メータ読みで198㎞/hGPSで190㎞/hぐらいですね。

動画開始から2分01秒付近で到達しています。参考程度にご覧ください

2022 カワサキ Z650 中古情報

中古は2019~2021年モデルの走行距離10000㎞以内で総支払額68~90万ぐらいです。

現時点の最安値は2019年モデル、走行距離6820㎞で67.4万円(2021.11月 グーバイクさんでの検索情報です)

2022モデルの新車だと858.000円 (税込)+αです。(定価購入の場合)

👇グーバイクさんの検索リンクになります。
https://www.goobike.com/index.html?_ga=2.228935964.1020477933.1594561294-1700473822.1594561294
※グーバイクさんのリンクは許可を得て貼っております(アフィリエイトリンクではありません)

2022 カワサキ Z650 おすすめのカスタム

カワサキ Z650 カスタムパーツ

おすすめのカスタムパーツは以上になります。

購入される場合は再度確認してくださいね。

カワサキ Z650 カスタムパーツ

おすすめカスタムマフラーは以上になります。

購入される場合は再度確認してくださいね。

まとめ

スーパーネイキッドZシリーズのなかでもミドルクラスのZ650は扱いやすいため、大型ビギナーからベテランまで幅広いライダーがスポーツ走行を楽しむのにベストなバイクです。

2022年モデルはZ900と同様に迫力あるSugomiデザインはそのままに、ホワイトカラーでイメージが一新されてさらに注目度が高まりそうです!

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる