新着情報更新中!詳しくはこちら

ヤマハ 欧州 XSR900 2022年新型 フルモデルチェンジで新登場! 最新情報です

スポンサーリンク

ヤマハ XSR900はネオレトロスポーツモデルとして、2016年に国内で初登場しました。
MT-09をベースに845cc水冷直列3気筒エンジンを搭載、レトロなスタイリングでありながらも鋭くリニアなスロットルレスポンスを発揮し、アグレッシブな走りを特徴としています。

そして、MT-09のフルモデルチェンジした2021年モデルの登場を受け、XSR900の2022年モデルが欧州より発表されました。

MT-09と同様に、889ccまで排気量をアップした3気筒エンジン、アルミデルタボックスフレームの採用と最新の装備を搭載しています。スタイリングは、80年代のスポーツバイクの美しさを継承しながらも先進性を感じさせるボディーワークで、究極のスポーツヘリテイジモデル XSR900へと生まれ変わっています。

目次

2022年 欧州 XSR900 カラーとスタイリング

Legend Blue 新色


Midnight Black 新色

引用元:Yamaha Motor  EU URL:https://www.yamaha-motor.eu/gb/en/#/

*カラー
・2022年欧州モデルのXSR900のカラーは、80年代ヤマハレーシングの伝説カラー「ゴロワーズ」を現代風にアレンジされた”レジェンドブルー”として復活し、新色の”ミッドナイトブラック“とあわせて2色展開です。

レジェンドブルーの青と黄色のカラーリングやグラフィックスは、80年代のヤマハレーシングマシンの歴史への敬意と伝説の継承を表しています。

*スタイリング
・ 伝説的なデルタボックスシャーシをはじめ、サブフレームと長いスイングアームが80年代のレーシングマシンのような低く長いイメージのスタイリングを生みだしています。

・カフェスタイルのコブのあるシートとレーサーにインスパイアされた燃料タンク形状とのギャップ、ミニマリストのサイドパネルや隠れた位置のリアライトなど、時代を超越したスポーツスタイリングのユニークな組み合わせは、究極のFasterSonの象徴となっています。

・新型XSR900には、コックピットのディテール、ドリルドフォークキャップ、鍛造アルミニウムフットコントロール、デュアルカラーとデュアルステッチシート、クイックリリースファスナーや折りたたみ式パッセンジャーペグなどレーサー風のディテールまで、各パーツに高品質のプレミアム素材が採用されています。

2022年 欧州 XSR900 発売日

発売日:2022年2月?日
[国内発売日:2022年春以降予定]

2022年 欧州 XSR900 価格

価格:未発表

2022年 欧州 XSR900 スペック

現行の国内モデルと比較してみました。

車種名 (型式)XSR900
(2022年モデル)
XSR900
(2020年モデル)
発売年月2022.2.2020.2.
仕様欧州国内
全長×全幅×全高(mm)2,155x860x1,1552,075x815x1,140
軸間距離(mm)1,4951,440
最低地上高(mm)140135
シ-ト高(mm)810830
車両重量(kg)193195
乗車定員(名)22
エンジン型式・種類水冷4ストローク
DOHC4バルブ直列3気筒
水冷4ストローク
DOHC4バルブ直列3気筒
総排気量(cm³)889845
ボア x ストローク(mm)78.0×62.1 78.0×59.0
最高出力87.5kw[119ps]/10,000rpm 85kw[116ps]/10,000rpm
最大トルク93N・m[9.5kgf・m]/7,000rpm 87N・m[8.9kgf・m]/8,500rpm
始動方式セルフ式 セルフ式
点火装置形式フルトランジスタ式 フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)1514
変速機形式 常時噛合式6段リターン 常時噛合式6段リターン
タイヤ 前120/70ZR17M/C (58W) (チューブレス) 120/70ZR17M/C (58W)(チューブレス)
タイヤ 後180/55ZR17M/C (73W) (チューブレス) 180/55ZR17M/C (73W)(チューブレス)
ブレーキ形式 前298mm油圧式ダブルディスク 油圧式ダブルディスク
ブレーキ形式 後245mm油圧式シングルディスク 油圧式シングルディスク
フレーム形式 ダイヤモンド ダイヤモンド
燃費
(WMTCモード値)
19.7km/L
燃費
(60km/h定地燃費値)
29.4km/L (2名乗車時)
スポンサーリンク

気になる部分

ライト類

・ シグネチャーラウンドヘッドランプ は、 スプリットプロジェクターとハーフラウンドポジションランプを備え 、テールランプとともに全てLEDを採用。

シート後端下に隠れるように位置したコンパクトなテールランプも新型XSR900の特徴のひとつ。スポーツヘリテイジモデルのイメージを強調しています。

ハンドルまわりとメーター

*ハンドルまわり
・バーハンドルバーには、カフェレーサーをイメージさせるバーエンドミラーが初採用されました。

・幅広でコントロールしやすいハンドルバーと少し後傾となるライディングポジションは、純粋なロードスターのフィーリングでリラックスのできる乗り心地です。
狭い曲がりくねった路地裏からワインディング、市街地でのリラックスしたクルージングまで幅広いシーンを楽しめます。

アシスト&スリッパークラッチ、リラックス走行に便利なクルーズコントロールシステムも標準装備されています。

*メーター
メーターは、3.5インチのTFTフルカラーディスプレイを採用。バータイプ表示のスピードメーター、ギアポジション、燃料系、ツイントリップ、時計などを表示します。

フューエルタンク

・レーススタイルのフィラーキャップ、つなぎ目のない美しい質感の塗装が施されたタンク形状も大きなポイントです。

フレームとエンジン, 電子制御システム

*フレーム
・80年代にヤマハのレースバイク用に最初に開発されたヤマハのデルタボックスフレームは、軽性で強度の高さを誇り、 新型XSR900は、軽量CFアルミダイキャスト製デルタボックスフレームを搭載しています。

・XSR900固有の薄型サブフレームには折りたたみ式パッセンジャーフットレストを備えています。

・30mm低くなったヘッドパイプと長いスイングアームは、安定した直進性を発揮し、ピボットまわりや機械加工されたトップブリッジなど厚みの違いにより最適化された剛性により、スポーティで軽快なハンドリングを提供します。

エンジン
EURO5に適合した889ccCP3エンジンを搭載。従来モデルよりも1,500rpm低い7,000rpmでトルクピークに到達し、高いトルク性能で扱いやすいのが特徴です。

*電子制御システム
電子制御システムは 6軸IMUを採用リーンセンシティブトラクションコントロールスライドコントロールシステムウィリーコントロールコーナリングABSを制御します。

・MT-09と同様に、3つのトラクションコントロールモード3つのスライドコントロール設定があり、システムを完全にオフにするオプションもあります。

・上下両方のクラッチレスギアチェンジを可能にする、双方向クイックシフター4つのエンジン出力モードが装備されています。クルーズコントロールを含め、すべてのテクノロジーはハンドルバースイッチボックスとメーターディスプレイを介して制御されます。

足まわり

・サスペンションは、調節可能なKYB製倒立フロントフォークリンク式のリアサスペンションを装備しています。

・ホイールは従来モデルよりも前後で700g軽い、ヤマハ最新の超軽量スピンフォージドホイールを採用。バネ下重量を最小限に抑えて応答性の高いハンドリング性能を実現します。

・ブレーキは、 ブレンボのラジアルマスターシリンダー付きのΦ298mmのデュアルフロントディスクリヤはΦ245mmのシングルディスク、ABSを標準装備し、確実な制動性を発揮します。

おすすめ バイクヘルメット

おすすめバイクヘルメットになります。

※ 購入される場合はサイズなどを確認してくださいね。

まとめ

2022年モデルのXSR900は80年代伝説のレーシングマシンを継承し、先進的な最新装備を搭載した、究極のヘリテイジモデルとして誕生しました。

国内モデルは2022年春以降の発表となりそうですが、登場が待ち遠しいです!

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。


この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる