新着情報更新中! 詳しくはこちら

ホンダ 欧州 2022年新型 CBR500R CB500X CB500F 足回り強化! 最新情報です

スポンサーリンク

ホンダ スーパースポーツモデルのCBR500R、クロスオーバーアドベンチャーモデルのCB500X、ストリートファイター系ネイキッドモデルのCB500Fは、出力はいずれも35kWに設定された水冷4ストロークDOHC4バルブ2気筒エンジンを搭載し、欧州の免許制度(A2ライセンス)に対応した3兄弟モデルです。
(日本国内向けは、CBR400R, 400X, CB400F(2013年モデルまで)の3モデルが販売されています。)

2021年9月1日、2022年モデルのCBR500R, CB500X, CB500Fが同様のマイナーチェンジを受けて、ホンダ欧州より発表されました!
カラー・グラフィック変更や足回りがアップグレードされ、コントロール・ハンドリング性能が高まり、これまで以上に軽快な走りへと進化しています。

目次

2022年 CBR500R CB500X CB500F カラー

CBR500R

*2022年モデルと2021年モデル

Matte Gunpowder Black Metallic
マットガンパウダーブラックメタリック 新色


Grand Prix Red
グランプリレッド 新色

引用元:Honda The Power of Dreams URL: https://www.honda.co.uk/motorcycles.html

・2022年モデルは、従来モデルのマットアクシスグレーメタリックからマットガンパウダーブラックメタリックへと変わり、グランプリレッドと合わせて2色展開グラフィックも変更されています。

CB500X

*2022年モデルと2021年モデル

Matte Gunpowder Black Metallic
マットガンパウダーブラックメタリック 新色


Pearl Organic Green
パールオーガニックグリーン 新色


Grand Prix Red
グランプリレッド 新色

引用元:Honda The Power of Dreams URL: https://www.honda.co.uk/motorcycles.html

・2022年モデルは、従来モデルのパールメタロイドホワイトの代わりにパールオーガニックグリーンが新たに加わり、 マットガンパウダーブラックメタリックグランプリレッド3色展開です。

CB500F

*2022年モデルと2021年モデル

Matte Axis Gray Metallic
マットアクシスグレーメタリック 新色


Pearl Dusk Yellow
パールダスクイエロー 新色


Pearl Smoky Gray
パールスモーキーグレー 新色


Grand Prix Red
グランプリレッド 新色

引用元:Honda The Power of Dreams URL: https://www.honda.co.uk/motorcycles.html

・ 2022年モデルは、従来モデルのマットガンパウダーブラックメタリックからマットアクシスグレーメタリックへ、明るめのキャンディームーングローイエローからパールダスクイエローへ、キャンディーカリビアンブルーシーの代わりにパールスモーキーグレーとなり、グランプリレッドを加えた4色展開となりました。

スポンサーリンク

2022年 CBR500R CB500X CB500F スペック

CBR500R

車種名CBR500R
2022年モデル
CBR500R
2021年モデル
仕様海外海外
全長×全幅×全高(mm)2,080x760x1,145 2,080x755x1,145
軸間距離(mm)1,4101,140
最低地上高(mm)130130
シ-ト高(mm)785785
車両重量(kg)192192
エンジン種類水冷4ストロークDOHC
4バルブ並列2気筒
水冷4ストロークDOHC
4バルブ並列2気筒
総排気量(cc)471471
最高出力35kW/8,600rpm35kW/8,600rpm
最大トルク43N・m/6,500rpm43N・m/6,500rpm
始動方式セルフ式セルフ式
点火装置形式フルトランジスタ式フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)17.117.1
変速機形式6段変速リターン式6段変速リターン式
タイヤ 前120/70ZR17M/C (58W)120/70ZR17M/C (58W)
タイヤ 後160/60ZR17M/C (69W)160/60ZR17M/C (69W)
ブレーキ形式 前Φ296mmデュアルディスク
+2ピストンキャリパー
Φ320mmシングルディスク
+2ピストンキャリパー
ブレーキ形式 後Φ240mmシングルディスク
+シングルピストンキャリパー
Φ240mmシングルディスク
+シングルピストンキャリパー
フレーム形式スチールダイヤモンドスチールダイヤモンド
燃費28.6km/L

CB500X

車種名 CB500X
2022年モデル
CB500X
2021年モデル
仕様 海外海外
全長×全幅×全高(mm) 2,155x830x1,4102,155x825x1,410
軸間距離(mm) 1,4451,445
最低地上高(mm) 180181
シ-ト高(mm) 830830
車両重量(kg) 199197
エンジン種類 水冷4ストロークDOHC
4バルブ並列2気筒
水冷4ストロークDOHC
4バルブ並列2気筒
総排気量(cc) 471471
最高出力 35kW/8,600rpm 35kW/8,600rpm
最大トルク 43N・m/6,500rpm 43N・m/6,500rpm
始動方式 セルフ式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式 フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L) 17.717.7
変速機形式 6段変速リターン式 6段変速リターン式
タイヤ 前 110/80R19M/C (59H)110/80R19M/C (59H)
タイヤ 後 160/60R17M/C (69H)160/60R17M/C (69H)
ブレーキ形式 前 Φ296mmデュアルディスク
+2ピストンキャリパー
Φ310mmシングルディスク
ブレーキ形式 後 Φ240mmシングルディスク
+シングルピストンキャリパー
Φ240mmシングルディスク
フレーム形式 スチールダイヤモンド スチールダイヤモンド
燃費 28.6km/L

CB500F

車種名 CB500F
(2022年モデル)
CB500F
(2021年モデル)
仕様 海外海外
全長×全幅×全高(mm) 2,080x800x1,060 2,080x790x1,060
軸間距離(mm) 1,4101,410
最低地上高(mm) 145145
シ-ト高(mm) 789785
車両重量(kg) 189189
エンジン種類 水冷4ストロークDOHC
4バルブ並列2気筒
水冷4ストロークDOHC
4バルブ並列2気筒
総排気量(cc) 471471
最高出力 35kW/8,600rpm 35kW/8,600rpm
最大トルク 43N・m/6,500rpm 43N・m/6,500rpm
始動方式 セルフ式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式 フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L) 17.117.1
変速機形式 6段変速リターン式 6段変速リターン式
タイヤ 前 120/70ZR17M/C (58W)120/70ZR17M/C (58W)
タイヤ 後 160/60ZR17M/C (69W)160/60ZR17M/C (69W)
ブレーキ形式 前 Φ296mmデュアルディスク
+2ピストンキャリパー
Φ320mmシングルディスク
+2ピストンキャリパー
ブレーキ形式 後 Φ240mmシングルディスク
+シングルピストンキャリパー
Φ240mmシングルディスク
+シングルピストンキャリパー
フレーム形式 スチールダイヤモンド スチールダイヤモンド
燃費 28.6km/L
スポンサーリンク

2022年 CBR500R CB500X CB500F 変更パーツは?

1.サスペンション

3モデルともフロントフォークに、Φ41mmのSHOWA製SFF-BP USD(倒立式)フォークが採用。5段階プリロード調整できるリアショックもそれに合わせてダンピングが修正されています。

・CBR500Rは、新しいフロントフォーク採用に伴い、フロントフェンダーも変更されています。
・CB500Xはアドベンチャーセッティングで、サスペンションストロークは長めになっています。

2.ブレーキ
フロントブレーキは、従来モデルのΦ320mm(CB500XはΦ310mm)のウェーブローターシングルディスクからΦ296mmのダブルディスクに2ピストンキャリパーの組み合わせに変更されました。

3.ホイール
CBR500RとCB500Fのホイールは、軽量な5本Y字スポークホイールが採用。CB500Xのホイールはマルチスポークホイールで、フロントタイヤは従来モデルと変わらず、大径19インチタイヤの採用です。
スイングアームも最薄部の板厚が2mm(従来モデル:2.3mm)へと軽量化されています。

3モデルとも足まわりが強化されたことでフロント荷重がアップ良好な接地感と優れたコントロール性より軽快なハンドリング性とともに反応のよい確実なブレーキ力を発揮します。

4.エンジン
エンジンは従来モデルと変わりませんが、PGM-FIのセッティングが変更されたことで、中速域での力強さとトルクフィーリングがアップしています。

アシストスリッパークラッチの装備やユーロ5適合は変更はありません。

5.メーター

3モデル共通のLCDメーターは、デジタルスピードメーター、バーグラフタイプのタコメーター、デュアルトリップメーター、燃料レベル/燃費ゲージ、時計、水温計、ギアポジションインジケーターを備えています。

6.CB500Xのヘッドライト

CB500XのヘッドライトにLEDポジションライトが追加されました。4つ目のロービーム、またはフル発光のハイビームでヘッドライトの光量がアップし、夜間でも十分な明るさを発揮しシャープなフロントフェイスになっています。

まとめ

3モデルともエンジンは同じでも、足まわりが強化されたことで乗り味は大きく変わっているとおもわれます。

国内ではCBR400RとCB400Xが同様の変更を受けて、新型モデルが発表されるかもしれません。
期待して待ちましょう!

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる