新着情報更新中! 詳しくはこちら

カワサキ 欧州 2022年新型 Ninja 1000SX 新色とオプション追加3モデルを発表!

スポンサーリンク

2017年から販売されていたNinja1000の4代目が、新たにスポーツツアラーモデルとなって2020年春に登場したのが、カワサキ Ninja 1000SXです。

ニンジャ1000の左右2本出しマフラーから右側1本マフラーに変わり、吸気ファンネルの変更、全灯LED、ウィンドスクリーン、クルージングコントロールやカワサキクイックシフターなどを装備した”ツアラー”色の濃いモデルです。
そして、その年の9月にはカラーチェンジをうけて、2021年国内モデルが発表となっています。

カワサキ欧州からは、早くもニューカラーの2022年モデルと、オプションのアクセサリーが目的によって追加された3タイプのモデルが合わせて発表されました!

目次

2022年 欧州 Ninja 1000SX カラー

Emerald Blazed Green / Metallic Diablo Black / Metallic Graphite Gray
エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック×
メタリックグラファイトグレー



Metallic Matte Graphenesteel Gray / Metallic Diablo Black 新色
メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックディアブロブラック


Metallic Diablo Black / Pearl Robotic White 新色
メタリックディアブロブラック×パールロボティックホワイト

引用元:Kawasaki EU URL:https://www.kawasaki.eu/en/products

・2022年欧州モデルのNinja 1000SXのカラーは、エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック、赤のさし色が入ったメタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックディアブロブラックと、ホワイトのメタリックディアブロブラック×パールロボティックホワイトとともに、全3色展開となっています。

*2021年国内現行モデル

国内現行モデルは2色展開です!

2021年国内モデルとの違い👇

2022年 欧州 Ninja 1000SX Performance

Emerald Blazed Green / Metallic Diablo Black / Metallic Graphite Gray


他左からMetallic Matte Graphenesteel Gray / Metallic Diablo Black
Metallic Diablo Black / Pearl Robotic White

引用元:Kawasaki EU URL:https://www.kawasaki.eu/en/products

欧州モデルには、スタンダードモデルにオプションアクセサリーが装備され、目的によって選べるよう3タイプのモデルが設定されています。
Ninja 1000SX Performanceは、以下の装備が追加装備されています。


シングルシートカバー:スポーティでスタイリッシュなシングルシートへと、パッセンジャーシートを交換して取り付けられるシングルシートカウルです。

アクラポヴィッチ製マフラー:アクラポビッチのスリップオンエキゾーストを装備し、よりスポーティな印象とともに、軽量カーボンスリップオンシステムにより優れたパフォーマンスを発揮します。

フレームスライダー:Kawasakiのロゴが入ったフレームスライダーを装備し、万が一の転倒の際、ボディを傷から守ってくれます。

タンクパッド:ゲル樹脂自己接着タンクプロテクター。半透明で下のタンクカラーが透けて見えるようになっています。

2022年 欧州 Ninja 1000SX Tourer

Emerald Blazed Green / Metallic Diablo Black / Metallic Graphite Gray


他左からMetallic Matte Graphenesteel Gray / Metallic Diablo Black
Metallic Diablo Black / Pearl Robotic White

引用元:Kawasaki EU URL:https://www.kawasaki.eu/en/products

Ninja 1000SX Tourerには、ツーリングに必須な以下のアイテムが装備したモデルです。

パニアケース:パニアの取り付けシステムは、取り付けと取り外しが非常に簡単で利便性が向上しています。
クリーンマウントシステムにより、バイクの後部とシームレスにパニアケースは統合され、バイクの中心線により近くに配置されています。パニアを外しても見栄えはよく、すっきりとしたデザインです。(パニアケース容量:左右合計56L)

大型のスモークウィンドスクリーン:ライダーの快適性とスタイリングを向上させるように設計されています。標準のウィンドスクリーンよりも約24mm高くなっています。

ヒートグリップ:一体型コントロールボタンと自動バッテリーセーバー機能を備えたスタイリッシュなグリップヒーター。3段階の温度設定(100%, 60%, 20%) とOFF設定が可能です。

2022年 欧州 Ninja 1000SX Performance Tourer

Emerald Blazed Green / Metallic Diablo Black / Metallic Graphite Gray


他左からMetallic Matte Graphenesteel Gray / Metallic Diablo Black
Metallic Diablo Black / Pearl Robotic White

引用元:Kawasaki EU URL:https://www.kawasaki.eu/en/products

Ninja 1000SX Performance Tourerは、上記の全アクセサリー7つが付属した本格的なツアラーモデルです。
シングルシートカバー
アクラポヴィッチ製マフラー
フレームスライダー
タンクパッド
パニアケース
大型のスモークウィンドスクリーン
ヒートグリップ

スポンサーリンク

2022年 欧州 Ninja 1000SX スペック

2022年欧州モデルと2021年国内現行モデルのスペックを比較してみました。

車種名 (型式)Ninja 1000SX
2022年欧州モデル
Ninja 1000SX
2021年国内現行モデル
発売年月2020.9.
仕様海外国内
全長×全幅×全高(mm)2,100x825x1,190(1,225)
(ハイポジション時)
2,100x830x1,190(1,225)
(ハイポジション時)
軸間距離(mm)1,440 1,440
最低地上高(mm)135135
シ-ト高(mm)835820
車両重量(kg)235236
乗車定員(名)22
エンジン種類水冷4ストローク
DOHC 4バルブ並列4気筒
水冷4ストローク
DOHC 4バルブ並列4気筒
総排気量(cm³)1,0431,043
ボア X ストローク (mm)77.0x56.0 77.0x56.0
最高出力104.5kW[142PS]/10,000rpm 104kW[141PS]/10,000rpm
最大トルク111N・m[11.3kgf・m]/8,000rpm 111N・m[11.3kgf・m]/8,000rpm
始動方式セルフ式 セルフ式
点火装置形式フルトランジスタ式 フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)1919
変速機形式常噛6段リターン 常噛6段リターン
タイヤ 前120/70ZR17M/C (58W)120/70ZR17M/C (58W)
タイヤ 後190/50ZR17M/C (73W)190/50ZR17M/C (73W)
ブレーキ形式 前Φ300mmデュアルディスク Φ300mmデュアルディスク
ブレーキ形式 後Φ250mmシングルディスク Φ250mmシングルディスク
フレーム形式ツインチューブ、アルミニウムダイヤモンド
燃費
(WMTCモード値)
17.2 km/L 17.5km/L
燃費
(60km/h定地燃費値)
23.0km/L (2名乗車時)

2022年 欧州 Ninja 1000SXの主な特徴

2022年欧州新型モデルのNinja 1000SXはカラー変更となりましたが、そのほかの機能や装備は2021年モデルを継承しています。

Ninja 1000SX 2022年欧州モデルの主な特徴は?
*スーパースポーツスタイルのフルフェアリングデザインでライトは全てLEDを採用。ダイナミックなライディングフィールツーリングでの快適性を両立した”スポーツツアラー”モデルです。

EURO5の排ガス規制に適合した1043ccの4気筒エンジンと、環境性能が向上されたスポーティなシングルマフラーを搭載。全回転域でのパワフルな出力性と優れたレスポンスを発揮し、加速時の刺激的な吸気サウンドとともに爽快でエキサイティングな走りを体験できます。

*スーパースポーツモデルと比べアップライトなポジションのセパレートハンドルを採用。スポーティでありながらコントロール性・快適性も両立しています。

*電子制御スロットルシステムの採用。ロングツーリングに便利なクルーズコントロールシステムアシスト&スリパークラッチシフトアップ/ダウン両用のカワサキクイックシフターの装備のほか、6軸IMUによる高精度な制御を行います。
電子制御システム

・カワサキトラクションコントロール(KTRC)、カワサキインテリジェントアンチロックブレーキシステム(KIBS)によりコーナリング中のパワーやブレーキ効力を最適な状態にコントロール。加減速時の挙動をスムーズにすることで、ライダーの思い通りのライン取り可能にしてくれます。

フルパワー・ローパワーの2種類のモードから出力特性を設定可能とし、ライディング条件に合わせて出力特性を設定できるスポーツ、ロード、レインの3種類のライディングモードも併せて設定できます。

4.3インチフルデジタル表示のTFTメーターは、2つの表示モード選択機能を搭載。ライディングモードやスマートフォン接続機能も表示します。

高剛性のアルミニウム製フレームマスの集中化を高い次元で実現し、シャープな旋回性能と安定感のあるハンドリングをもたらします。

ø41mmの倒立フロントフォークホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションを採用。

*フロントブレーキには、Φ300mmのデュアルディスクに異径対向4ピストンラジアルマウントモノブロックキャリパー、リヤブレーキにはΦ250mmのディスクとシングルピストン・ピンスライドキャリパーを採用。

*そのほか、4段階の角度調整を手動で可能としたウィンドプロテクションを装備。

Ninja 1000SX 2021年国内モデルには、ETC2.0車載器、グリップヒーター、DC電源ソケット、ヘルメットロックを標準装備しています!

まとめ

Ninja 1000SXは、迫力のあるスポーティでパワフルな走行性能に加えツアラー仕様の最新装備を搭載し、すべてを兼ね揃えた”スポーツツアラー”として国内外で人気モデルとなりました。

欧州2022年モデルのカラー変更をうけて、同様に2022年国内モデルも発表されそうですね。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる