新着情報更新中! 詳しくはこちら

スズキ ジクサー250の試乗レビュー!

スポンサーリンク

弟分のジクサー150に続き、2020年に発売となった新型ジクサー250の試乗レビューになります

目次

2020 ジクサー250の試乗レビュー

ジクサー150との違いは?

車名ジクサー250ジクサー150
全長×全幅×全高(mm)2010x805x10352020x800x1035
軸間距離(mm)13451335
最低地上高(mm)165160
シ-ト高(mm)800795
車両重量(kg)154139
エンジン種類油冷4サイクル
SOHC4バルブ単気筒
空冷4サイクル
SOHC2バルブ単気筒
ボアxストローク(mm)76×54.956×62.9
最高出力19kW[26PS]/9000rpm10kW[14PS]/8000rpm
最大トルク22N・m[2.2kgf・m]
/7300rpm
14N・m[1.4kgf・m]
/6000rpm
タイヤ 前110/70R17M/C 54H100/80-17M/C 52S
タイヤ 後150/60R17M/C 66H140/60R17M/C 63H
ブレーキ形式 前油圧式シングルディスク
(ABS)
油圧式シングルディスク(ABS)
ブレーキ形式 後油圧式シングルディスク
(ABS)
油圧式シングルディスク

車格には大差はないものの、エンジンには大きな違いとそれに付随するフレーム剛性や足まわりがエンジンパワーに見合うよう最適化されています。


①ジクサー150の150cc空冷4サイクルSOHC2バルブ単気筒エンジンに対し、ジクサー250は250cc油冷4サイクルSOHC4バルブ単気筒エンジン
→スズキで新しく開発された”SOCS“(スズキ・オイル・クーリング・システム)の冷却フィン付きのオイルクーラーを利用しエンジンを冷やすシステムが採用

ジクサー250の最高出力は26PSで、ジクサー150の14PSよりも190%アップ。ボアxストロークはジクサー150よりも短めになり、高回転型のスポーティなエンジン特性

フレームはパイプの肉厚を0.3mmアップし、ねじれ剛性を12%アップスイングアームは新設計とし、角断面パイプの太さをアップしてねじれ剛性を30%アップが図られている。

タイヤサイズは、17インチながらも150に対して太さをワンサイズアップ。前後のサスペンションやブレーキも見直され、ジクサー250は前後ともABS標準装備

ジクサー250の走りは?

・アップライトでストリートファイター的なライディンポジション。
・エンジンスタートは静かな走り出しながらも、低速に粘りがありパワフル。
・新型の油冷エンジンは吹け上りが非常にスムーズで振動も少なく、4000~6000回転程度で非常に小気味いい走りができる。
・市街地での切り返しなどやUターンもしやすく、混雑する道路でのストレスや疲労が少ない。
・タンク下のカバーはニーグリップがしやすく、前後サスペンションの動きの良さと衝撃吸収性のおかげで中高速のコーナリングは軽快にスポーティにこなせる。
・高速道路でも振動が少なく、100km/hあたりでは快適でゆとりのある走行。

まとめ

ジクサー250は、ジクサー150とほぼ変わらないコンパクトな車格なのに、エンジンパワーにゆとりがあるためタウンユースはもちろん、ワインディングでのコーナリング走行、高速走行まで幅広く楽しめるバイクといえますね。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

詳しいレビューはこちらへどうぞ👇

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる