新着情報更新中!詳しくはこちら

【XSR125レガシー】2022 XSR125 バリエーションモデル ヤマハ欧州発表!

  • URLをコピーしました!

ヤマハ 欧州より、スポーツヘリテイジモデル125cc”XSR125レガシー“が発表されました!

XSRシリーズは、スタイリッシュで”より自由に楽しめる”バイクとして、国内でも人気のネオクラシックモデルです。

125ccクラスは日本には導入されていませんが、XSR125のバリエーションモデル、”XSR125 Legacy”が欧州で誕生しました。

国内での発表は未定ですが、XSR125レガシーのXSR125との違いや特長をお伝えします。

目次

2022 XSR125 レガシー カラー | スタイリング

Historic Black

引用元:Yamaha Motor  EU URL:https://www.yamaha-motor.eu/gb/en/#/

✔ブラック&ゴールドカラーで、クラシカルでレトロ感がアップされた印象です。

1982年RZ250と比較してみました👇

2022 XSR125 レガシー スペック

車種名XSR125Legacy
発売年月2022.6.
仕様海外
全長×全幅×全高(mm)1,960×800×1,065
軸間距離(mm)1,330
シ-ト高(mm)815
最低地上高(mm)160
車両重量(kg)140
エンジン型式・種類水冷4ストローク
SOHC4バルブ単気筒
総排気量(cc)124
ボア x ストローク(mm)52.0 x 58.6
最高出力11.0kW[14.96PS]/10,000rpm
最大トルク11.5N・m[1.17kgf・m]/8,000rpm
燃料タンク容量(L)11
変速機形式6段変速
タイヤ 前110/70-17
タイヤ 後140/70-17
ブレーキ形式 前Φ267 mm油圧式シングルディスク
ブレーキ形式 後Φ220 mm油圧式シングルディスク
フレーム形式ダイヤモンド
燃費47.62km/L
スポンサーリンク

2022 XSR125 レガシー とXSR125 違いポイント

✔レガシー専用のカラーとグラフィック。

✔2ピースのアルミ製マフラーカバーの採用。

✔XSR125の10本アルミキャスト製スポークホイールから、ゴールドリム(アルミ合金製)に軽量なワイヤースポークホイールに変更。

✔タイヤは、オフロードテイストのブロックタイヤ(メッツラー製カルーストリート)を採用。

*XSR125レガシー(左)と2021年モデルXSR125(右)の比較

2022 XSR125 レガシー 特長

2021年モデル XSR125の仕様を引き継いでいます。

✔丸目のヘッドライトとテールランプはLED、円形のLCDメーターを採用。レトロ&モダンを象徴するパーツです。


VVT(可変バルブシステム)を採用した、ユーロ5適合124cc水冷4ストローク単気筒エンジン

力強い加速性でありながら、燃費の良さを実現しています。


✔軽量で高剛性のデルタボックスツインスパーフレーム、Φ37mm倒立フロントフォークを採用。

軽快なハンドリングと安定感のある走りに貢献しています。


✔スポーツヘリテージデザインのタックロールタイプのシートを採用。

まとめ

XSR125レガシーは、正統なネオクラの品格とスポーティーな走り・軽快さをもち合わせた、魅力あるスポーツヘリテイジです。

海外でも人気のネオクラシックモデルが次々と発表されていますが、国内のXSRシリーズにぜひ導入していほしいのが125cc、250ccクラスですね。

国内モデル発表を期待しましょう!

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。


この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

関連記事

目次
閉じる