新着情報更新中! 詳しくはこちら

2021 ホンダ CB125R新型 エンジンが新しくなって欧州で発表!

スポンサーリンク

2021年4月4日更新!CB125Rの2021年国内モデルが発表となりました!詳しい情報はこちらへどうぞ👇

ホンダ欧州で、CB125Rの2021年モデルが発表されました!
原付二種125ccとは思えない軽快でパワフルな走りを楽しめるネイキッドスポーツバイクとして、2018年に登場して以来、国内では二度目のモデルチェンジとなります。

2021年モデルは、一見すると前年モデルと大きな変更がないようにみえますが、新しいエンジンと大幅に改良されたサスペンションの採用大きくグレードアップされています。

目次

2021年 新型 CB125R カラー

キャンディクロモスフィアレッド


マットガンパウダーブラックメタリック


マットジーンズブルーメタリック


パールスモーキーグレー

引用元:Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.uk/motorcycles.html

2021年 新型 CB125R スペック

現行の国内モデル(2018年モデル)と比較してみました。

車種名CB125R 2021年CB125R (2BJ-JC79) 2018年
仕様海外国内
発売年月2020.?2018.3.
全長×全幅×全高(mm)2,015x820x10552,040x820x1055
軸間距離(mm)1,3451,345
最低地上高(mm)140141
シ-ト高(mm)816815
車両重量(kg)130127
エンジン種類水冷4ストローク
DOHC4バルブ単気筒
水冷4ストローク
OHC2バルブ単気筒
総排気量(cc)124.99124
最高出力11.0kW/10,000rpm9.8kW/10,000rpm
最大トルク11.6N・m/8,000rpm10N・m/8,000rpm
始動方式セルフ式セルフ式
点火装置形式フルトランジスタ式フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)10.1L10
変速機形式常時噛合式6段リターン常時噛合式6段リターン
タイヤ 前110/70R17M/C 54H110/70R17M/C 54H
タイヤ 後150/60R17M/C 66H150/60R17M/C 66H
ブレーキ形式 前油圧式ディスク油圧式ディスク
ブレーキ形式 後油圧式ディスク油圧式ディスク
フレーム形式ダイヤモンドダイヤモンド
燃費53.0km/L

2021年 新型 CB125R 変更点

従来モデルと変わったところは?

・EURO5に適合した新エンジンは、従来モデルのSOHC2バルブエンジンからDOHC4バルブエンジンに変更。⇒これにより吸気・排気効率が上がり、トルク・出力性能がアップ
ボアxストロークは58×47.2mm⇒57.3×48.4mm、最大出力は9.8kW⇒11kW、最大トルクは10N・m⇒11.6N・m 
数字的には小さな差ですが、従来モデルよりもパワーは15%、トルクは16%もアップしています。

φ41mm倒立フロントフォークは、2021年モデルのCBR650R、CB650Rにも同様に装備されているSFF-BP(ショーワ・セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)125ccクラスで世界初の採用

このエンジンとサスペンションの変更により、よりアグレッシブでパワフルな走行が期待できます。最高速度は101km/hから105km/hと4km/hアップになっています。

まとめ

新エンジンになったことにより、出力、トルクともアップされています。サスペンションの改良により走りや乗り心地もアップしていると思われます。日本での発表は未定ですが、現状モデルがあるので2021年モデルの国内販売は期待が持てそうです。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる