新着情報更新中! 詳しくはこちら

2020年!ホンダ CB250R 新型 スペックや最高速などの情報です

新型CB250Rのカラー、価格、スペック、最高速などの基本情報、カスタムから中古情報をお伝えします

2017年に生産を終了していたCB250F、VTR250の後継モデルとなるCB250Rは、CB250Fをベースにした249cc水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒エンジンを搭載し、ネイキッドロードスポーツバイクとして2018年に初登場しました。

開発のコンセプトは日常の移動を遊びに変えるスーパーロードスター!CB250Fより更に走行性能をアップし、軽量でコンパクトながらも力強い走りへと進化したのがCB250Rです。

2019年モデル(2020年現行モデル)は、新色追加やサスペンションの見直し足つき性の向上などマイナーチェンジをしています。CB250R新型基本情報中古情報からおすすめのカスタムまでご紹介します。

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後にはCB250Rのことがかなりわかるはずです。

目次

CB250R カラー

マットパールアジャイルブルー


ブラック


キャンディークロモスフィアレッド


マットクリプトンシルバーメタリック

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/

CB250Rのカラーは以上の4色になります。

CB250R 発売日

発売日2019年4月19日

CB250R 価格

価格564,300円(税込)

CB250R スペック

車種名 (型式)CB250R (2BK-MC52)
発売年月2019.4.
仕様国内
全長×全幅×全高(mm)2020x805x1045
軸間距離(mm)1355
最低地上高(mm)147
シ-ト高(mm)795
車両重量(kg)144
乗車定員(名)2
エンジン種類水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
総排気量(cm³)249
最高出力(kW[PS]/rpm)20kW[27PS]/9000rpm
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)23N・m[2.3kgf・m]/8000rpm
始動方式セルフ式
点火装置形式フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)10
変速機形式常時噛合式6段リターン
タイヤ 前110/70R17M/C 54H
タイヤ 後150/60R17M/C 66H
ブレーキ形式 前油圧式ディスク
ブレーキ形式 後油圧式ディスク
フレーム形式ダイヤモンド
燃費
(60km/h定地燃費値)
44.5km/L (2名乗車時)
スポンサーリンク

CB250R 気になる部分

ランプ類

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

ライトガイドを配した二重構造の薄型LEDヘッドライトはフロントフォークに埋め込まれるようにマスの集中化が意識された配置になっています。

テールランプはシートに合わせてコンパクトでタイトに装備され、レンズは二重構造でLEDが採用されています。ヘッドライト、テールランプともに立体的な光で明るく、視認性・被視認性を十分に確保しています。

ハンドルまわりとフロントフォーク

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

・ハンドルはテーパーハンドルで、アップライトで自然なライディングポジションがとれます。

・ゴールドカラーのバネ下重量の低減を両立させたφ41mmの倒立フロントフォークの採用により、前輪の路面追従性の良さとともに、快適でゆとりのある乗り心地とハンドリングに貢献しています。

メーター

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

メーター多機能のフルデジタル液晶表示です。中央には大文字表示のスピードメーター、エンジン回転数ごとに点滅周期が可変するシフトアップインジケータータコメーターなど、コンパクトながらも必要な情報をクリアに表示してくれます。

エンジンとマフラー


引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

249cc水冷4ストロークDOHC水冷単気筒250ccエンジンを搭載。前後に長いエアクリーナーの採用により、吸気の流れのストレート化と吸気抵抗を低減したことで、スロットル操作に対するリニアなレスポンスを実現しています。

2室構造のマフラー排気抵抗を低く押さえ込み、歯切れよいサウンドを響かせます。

新型CB250Rでは、高速道路を走っているときでも、トップを使わずに5速で走っていた……なんてことがありました。それくらい、エンジンが回っていて嫌な感じがないんですよね。逆に、市街地でシフトダウンしているときに2速のままで、え? まだローギアがあるの? と感じるくらい、各ギアの守備範囲がプラスマイナス1速くらいカバーできる感じです。単気筒250ccですが、これくらい仕上がりが良いのならば400ccはいらない、と思えるくらい新型CB250Rのエンジンは好印象でした。

webオートバイ URL https://www.autoby.jp/

上記のインプレからも、エンジンスタートから低・中速域でも粘りのある強さ扱いやすいエンジン特性なので、街乗りから高速道路までストリートユースでの満足度が高いバイクです。

足まわり

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

高剛性としなやかさを兼ね備えたスイングアーム前後サスペンションの柔らかい動きは、足つきの良さに貢献しています。

フロントには、φ296mmのウェーブ形状ハブレスフローティングディスクと対向4ポッドラジアルマウントキャリパー、リアにはφ220mmのウェーブ形状ディスクを使用しています。

急制動時の後輪の浮き上がりを抑制する「IMU」(車体姿勢推定システム)付ABSが標準装備されており、安定したコントロール性と制動性の高さを発揮します。

CB250R 燃費

燃費は走り方にもよりますが実燃費で約30~40㎞/L走ります。タンク容量は10Lになります。

単純計算になりますが、満タンにして走った場合約300~400㎞走ることになります。普段使用からツーリングまで十分な燃費です。

スポンサーリンク

CB250R 足つき

👆ツイッター上でのCB250Rの足つき情報になります。シート高は795mmです。

引用元: Honda The Power of Dreams URL https://www.honda.co.jp/motor/

👆画像の女性ライダーの身長は165cmです。

CB250R 最高速度

海外動画ですが最高速度はメータ読みで164㎞/hぐらいです。動画開始から2分19秒付近で到達しています。参考程度に観てください

CB250R の中古情報

中古は2018~2020年モデルの走行距離5000㎞以内で総支払額46~55万ぐらいです。(2020.12月 グーバイクさんでの検索情報です)

新車だと564,300円(税込)+αです。(定価購入の場合)

👇グーバイクさんの検索リンクになります。
https://www.goobike.com/index.html?_ga=2.228935964.1020477933.1594561294-1700473822.1594561294
※グーバイクさんのリンクは許可を得て貼っております(アフィリエイトリンクではありません)

バイク買取情報に興味あるかたはこちらへどうぞ👇
https://scrambler-life.com/2021-bike-king/

CB250R のおすすめのカスタム

CB250Rカスタムパーツ

おすすめのカスタムパーツは以上(バイクカバー含む)になります。汎用の商品もありますので、購入される場合は再度確認してくださいね。

CB250R カスタムマフラー

おすすめカスタムマフラーは以上になります。購入される場合は再度確認してくださいね。

まとめ

2018年に新しくなったホンダのCBネイキッドシリーズには、CB125RとCB1000Rが存在しており、ホンダのCBシリーズの長い歴史も感じられます。
ネイキッドならCBシリーズかなって思わせる良さがあり、今後のさらなる進化に期待が持てます。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる