新着情報更新中! 詳しくはこちら

カワサキ 欧州 Z900 2022年新型 オプションモデルともに新色発表! 最新情報です

スポンサーリンク

2021年10月2日更新! Z900の2022年国内モデルが発表されました。新型情報はこちらになります👇

カワサキ Z900は欧州で2017年に欧州で発表された、ストリートファイター系のスーパーネイキッドモデルです。
948cc水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒エンジンを搭載し、日本国内モデルは2018年に初登場しました。

2020年の欧州モデルは欧州の排ガス規制EURO5に適合するとともに、トラクションコントロールとライディングモード機能、TFTカラー液晶メーターの搭載、灯火類は全てLED採用などマイナーチェンジを受け、Zシリーズの代表としてアグレッシブな”Sugomi”デザインとともに進化をつづけています。

そしてZ900の2022年欧州モデルが、オプションモデルの”Z900 Performance”とともに、カラー&グラフィックが変更されて発表されました!

目次

2022年 欧州 Z900 カラー

Pearl Robotic White / Metallic Matte Graphenesteel Gray
パールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレー



Candy Lime Green / Metallic Spark Black
キャンディーライムグリーン×メタリックスパークブラック



Metallic Spark Black / Metallic Flat Spark Black
メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック

引用元:Kawasaki EU URL:https://www.kawasaki.eu/en/products

・2022年欧州モデルのカラー全3色展開です。パールブリザードホワイトの代わりにパールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレーと、カワサキらしい緑のキャンディーライムグリーン×メタリックスパークブラックが新たなカラーとして加わりました。

メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラックは継続色となりますが、2021年モデルのレッドの差し色はなくなりグリーンカラーのみで、サイドパネルのグラフィックが少し変わっています。

*2021年欧州モデル

左からPearl Blizzard White / Metallic Spark Black, Metallic Spark Black / Metallic Flat Spark Black

2021年モデルとの違い👇

サイドパネルのグラフィックが変わっています。

2022年 欧州 Z900 Performance

Pearl Robotic White / Metallic Matte Graphenesteel Gray


Candy Lime Green / Metallic Spark Black
Metallic Spark Black / Metallic Flat Spark Black

引用元:Kawasaki EU URL:https://www.kawasaki.eu/en/products

・欧州モデルには、スタンダードモデルにオプションアクセサリーが装備された”Z900 Performance“が設定されています。
2022年モデルのZ900 PerformanceのカラーはZ900と同様ですが、以下の装備が追加装備されています。

ラージスモークメーターカバー:スタイリッシュなデザインの大き目のスモークメーターカバーは、防風効果が強化されています。

タンクパッド:カワサキのロゴが入った、ブラックとクロームのゲル樹脂のタンクパッド。

シングルシートカバー:スポーティでスタイリッシュなシングルシートへと、パッセンジャーシートを交換して取り付けられるシングルシートカウルです。

アクラポヴィッチ製マフラー:アクラポビッチのスリップオンエキゾーストを装備し、よりスポーティな印象とともに、軽量カーボンスリップオンシステムにより優れたパフォーマンスを発揮します。
カーボン仕上げまたはチタン仕上げの以下2つから選択でき、どちらにもアクラポビッチ カーボンヒートシールドが付属しています。

2022年 欧州 Z900 価格

*Z900
価格1,404,150円 (£9,299~) [ 1£=\151で換算 ]

*Z900 Performance
価格1,540,050円 (£10,199~) [ 1£=\151で換算 ]

スポンサーリンク

2022年 欧州 Z900 スペック

2021年国内モデルと比較してみました。

車種名(型式)Z900
2022年モデル
Z900 (2BL-ZR900B)
2021年モデル
発売年月2021. ?2021.1.
仕様海外国内
全長×全幅×全高(mm)2,070 x 825 x 1,080  2,070 x 825 x 1,080 
軸間距離(mm)1,4551,455
最低地上高(mm)145145
シ-ト高(mm)820800
車両重量(kg)212213
乗車定員(名)22
エンジン種類水冷4ストロークDOHC 4バルブ
並列4気筒
水冷4ストロークDOHC 4バルブ
並列4気筒
総排気量(cm³)948948
ボア X ストローク (mm)73.4 x 56.073.4 x 56.0
最高出力92.2kW[125PS]/9,500rpm92kW[125PS]/9,500rpm
最大トルク98.6N・m[10.1kgf・m]/7,700rpm98N・m[10kgf・m]/7,700rpm
始動方式セルフ式セルフ式
点火装置形式フルトランジスタ式フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)1717
変速機形式常噛6段リターン常噛6段リターン
タイヤ 前120/70ZR17M/C (58W)120/70ZR17M/C (58W)
タイヤ 後180/55ZR17M/C (73W)180/55ZR17M/C (73W)
ブレーキ形式 前Φ300mmデュアルディスク Φ300mmデュアルディスク
ブレーキ形式 後Φ250mmシングルディスク Φ250mmシングルディスク
フレーム形式トレリス トレリス
燃費17.54km/L18.4km/L (WMTCモード値)

2022年 欧州 Z900の主な特徴

2022年欧州新型モデルのZ900はカラー・グラフィックの変更となりましたが、そのほかの機能や装備は2021年モデルを継承しています。

Z900 2022年欧州モデルの主な特徴は?
1. 最新の進化を遂げたZシリーズの“Sugomi”スタイリング
Z900の特徴的なSugomiデザイン要素のクラウチングスタンス、低く構えたヘッドライトフェイス、跳ね上がったテールなどシャープに見せる数多くのパーツにより、さらに軽快さとアグレッシブでスポーティーな印象へとアップデートされています。

2. すべての灯火類にLED採用
新しいLEDヘッドランプ、ポジションランプ、ナンバープレートランプ、ターンシグナルが、明るさとよりシャープなスタイリングに貢献しています。

3. EURO5の排ガス規制に適合した948ccの4気筒エンジン
スロットルレスポンスが良好でリニアに反応するエンジン特性で、中速域での扱いやすさと機敏性、スムーズな加速性とともに一気に高回転域へと吹けあがり、全回転域での優れたパフォーマンス発揮します。

EURO5の排ガス規制に適合し、優れた環境性能を実現しています。


4. TFTカラーメーター
フルデジタルTFTカラー液晶スクリーンをインストゥルメントパネルに採用。ハイテクで高級感のあるコックピットになっています。
スピードメーター、デジタルバースタイルタコメーター、ギヤポジションインジケーター、シフトアップインジケーターランプのほか、インストゥルメントパネルにBluetoothを内蔵し、スマートフォンとの相互通信が可能になっています。


5. 電子制御システム
3つのモード選択ができるKTRC(カワサキのトラクションコントロールシステム)と、フルパワーとローパワーの2つの出力特性から選択できるパワーモードを連携する包括的なモードセレクト機能、インテグレーテッドライディングモードを搭載。ライダーは3つの設定(スポーツ、ロード、レイン)または手動設定(ライダー)から選択できます。 手動のライダーモードでは、各システムを個別に設定できます。

また、バックトルクを制限するとともに、より軽いクラッチレバーの操作を可能にするアシスト&スリパークラッチも搭載。

6. 新タイヤの採用
ダンロップ社のSPORTMAX Roadsport 2タイヤの採用により、Z900の優れたハンドリング特性に貢献しています。

まとめ

スーパーチャージドエンジンZ H2を頂点とした、Zシリーズ代表格の迫力のあるSugomiデザインを継承したZ900。

貫禄のある風格は変わらずとも、2022年モデルはカワサキらしいライムグリーンや赤の差し色が新鮮なホワイトカラーを採用し、よりスタイリッシュでスポーティなZ900になっています。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる