新着情報更新中! 詳しくはこちら

カワサキ Ninja250 新型 スペックや最高速などの情報です

Ninja250 & KRT editionの新型カラー、スペック、最高速などの基本情報からおすすめのカスタムをお伝えします!

2020年11月7日更新!2021年のNinja250新型2020年12月1日に発売になります。カラー&グラフィックの変更のマイナーチェンジになります。

2021年のNinja250新型の情報はこちらになります👇

Ninja250の2020年新型モデルが発売されました。Ninja250は2018年に性能や装備が一新されています。

2020年モデルはカラー、グラフィックのマイナーチェンジですが、2019年にはなかった、カワサキレーシングチームカラーのKRT Editionが追加されました。Ninja250らしいカラーリングが復活です!

2020年新型 Ninja250のカラー、価格などの基本情報中古情報おすすめのカスタムをお伝えいたします!

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後にはNinja250のことがかなりわかるはずです。

目次

Ninja250 カラー

メタリックスパークブラック×メタリックマットグラファイトグレー


パールブリザードホワイト×メタリックスパークブラック


KRT EDITION ライムグリーン×エボニー

引用元 カワサキ モータースジャパン URL https://www.kawasaki-motors.com/

カラーは以上の3色になります。

*KRT EDITION ライムグリーン×エボニー

2019年のコカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース(第42回大会)で26年ぶりの優勝した、カワサキレーシングチームのカラーをバイクに施したのがKRTエディションです。

グラフィックもジョナサン・レイ選手とレオン・ハスラム選手が走らせたNinja ZX-10RRと同様の赤い差し色が入っています!

Ninja250 発売日

発売日2019年9月1日

Ninja250 価格

価格654,500円(税込)

Ninja250 スペック

カラーデザインも同じで、同時発売となったNinja400のスペックものせてみましたので参考にしてみてください。

車種名 (型式)Ninja250/Ninja 250
KRT EDITION (2BK-EX250P)
Ninja400/Ninja 400
KRT EDITION
(2BL-EX400G)
発売年月2019.9.2019.9.
仕様国内国内
全長×全幅×全高(mm)1990x710x11251990x710x1120
軸間距離(mm)13701370
最低地上高(mm)145140
シ-ト高(mm)795785
車両重量(kg)166167
乗車定員(名)22
エンジン種類水冷4ストローク並列
DOHC 4バルブ2気筒
水冷4ストローク並列
DOHC 4バルブ2気筒
総排気量(cm³)248398
最高出力
(kW[PS]/rpm)
27kW[37PS]/12500rpm35kW[48PS]/10000rpm
最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
23N・m[2.3kgf・m]/10000rpm38N・m[3.9kgf・m]/8000rpm
始動方式セルフ式セルフ式
点火装置形式トランジスタ式トランジスタ式
燃料タンク容量(L)1414
変速機形式常噛6段リターン常噛6段リターン
タイヤ 前110/70-17M/C 54H 110/70R17M/C 54H
タイヤ 後140/70-17M/C 66H 150/60R17M/C 66H
ブレーキ形式 前シングルディスクシングルディスク
ブレーキ形式 後シングルディスクシングルディスク
フレーム形式トレリストレリス
燃費
(60km/h定地燃費値)
37.0km/L (2名乗車時)32.0km/L (2名乗車時)

・タイヤの扁平の違いで、Ninja400のほうが、全高と地上高が5mm、シート高が1cm低くなっています
・車格に差はなくとも、排気量の違いによりエンジン出力、トルクに違いが出ています

スポンサーリンク

Ninja250 気になる部分

フロントカウルとテール部分

引用元 カワサキ モータースジャパン URL https://www.kawasaki-motors.com/

コンパクトなフロントフェンダーシャープに入っているヘッドライトがNinjaらしい顔つきです。
ロービーム、ハイビーム、LEDポジションランプをそれぞれ2灯ずつ内蔵しています。

フロントテールランプLEDでクリアレンズを採用です。

ハンドルまわりとメーター

引用元 カワサキ モータースジャパン URL https://www.kawasaki-motors.com/

・視野性に優れたミラーステー。ミラー位置は従来よりも高くワイドになっています。

・デザイン性のあるメーターパネルは、中心にアナログのタコメーター、右側にはデジタルのギヤポジションインジケーター多機能液晶スクリーン左側のワーニングランプが合体しています。

エンジンと足まわり


引用元 カワサキ モータースジャパン URL https://www.kawasaki-motors.com/

水冷4ストローク並列DOHC 4バルブ2気筒エンジンを搭載。発進からスムーズにトルクが上昇し、3000回転も回せば低中速域でも安定した走り街乗りでも十分楽しめます

・セパレートタイプのシートは低反発ウレタンを使用しており、クッション性が確保されています。

ABSが標準装備です。フロントブレーキは310mmセミフローティングペタルディスクデュアルピストンキャリパーとの組み合わせ、リヤブレーキにはø220mmのペタルディスクデュアルピストンキャリパーを装備し、十分な制動性を発揮します。

Ninja250 燃費

燃費は走り方にもよりますが実燃費で約25~30㎞/L走ります。タンク容量は14Lなります。

単純計算になりますが、満タンにして走った場合約350~400㎞走ることになります。普段使用からツーリングまで十分な燃費です。

私が以前乗っていたバイクは2018年のヴェルシスX250です。Ninja250のエンジンを搭載していますが、かなり回してもメーター上の燃費で30㎞/Lを切ることはなかったです

ヴェルシスX250の詳しい情報はこちらへどうぞ👇

Ninja250 足つき

👆ツイッター上でのNinja250の足つき情報になります。シート高は795mmです。

引用元 MOTOZIP URL https://motozip.jp/

👆写真のライダーの身長は161cmです。

スポンサーリンク

Ninja250 最高速

海外動画で、ちょっと見ずらいですが最高速度メータ読みで175㎞/hぐらいです。動画開始から2分10秒付近で到達しています。参考程度に観てください

Ninja250Ninja250Rの中古情報

Ninja250中古は2018~2020年モデルの走行距離5000㎞以内で総支払額63~73万ぐらいです。(2020.11月 グーバイクさんでの検索情報です)

新車だと643,500円(税込)+αです。(通常モデルで定価購入の場合)

Ninja250Rは旧モデルなので、中古で総支払額がだいぶ安く収まります。型落ちが気にならない方はねらい目だと思います。2010~2012年モデルの走行距離5000㎞以内で総支払額35~43万ぐらいです。(2020.11月 グーバイクさんでの検索情報です)

👇グーバイクさんの検索リンクになります。
https://www.goobike.com/index.html?_ga=2.228935964.1020477933.1594561294-1700473822.1594561294
※グーバイクさんのリンクは許可を得て貼っております(アフィリエイトリンクではありません)

バイク買取情報に興味あるかたはこちらへどうぞ👇
https://scrambler-life.com/2021-bike-king/

Ninja250 おすすめカスタム

Ninja250 カスタムパーツ

おすすめのカスタムパーツは以上(バイクカバー含む)になります。汎用の商品もありますので購入するときは確認してくださいね。

Ninja250 カスタムマフラー

おすすめのマフラーは以上になります。ご購入されるときは型番を確認してくださいね。

まとめ

新型Ninja250はNinja ZX-25R(250㏄4気筒エンジン)になると言われていますが、まだ完全な発表がされてないのでどうなるかですね。

250㏄の4気筒エンジンは、カワサキでは30年近い時を経て復活なので、期待しかありません。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる