新着情報更新中! 詳しくはこちら

2021 ヤマハ 新型 TRACER9とTRACER9 GTの最新情報です!

TRACER900がモデルチェンジされ、2021年モデルはTRACER9となって新登場!

TRACER9TRACER9GTは”スポーツマルチツールバイク”をコンセプトに、ネイキッド&アドベンチャースタイルとしてMT-09TRACERが2015年に登場したのをはじまりに、TRACERシリーズはこれまでにはない、スーパーモタードxネイキッドのそれぞれの特性をかけ合わせた多様性あふれるツアラーバイクです。

その後はスタイリング・装備のマイナーチェンジを繰り返し、2018年モデルからはTRACER900にモデル名を変え登場し、上級グランドツアラーのTRACER900GTも設定されました。

そして2021年モデルは、大きく変わったスタイリングに新しいエンジン、電子制御システムも搭載されるなど、更に進化をとげたTRACER9TRACER9GT欧州より新登場します。

国内仕様がいつ発売になるかはまだ発表がありませんが、2021年春以降になる予定です。
2021年新型のTRACER9とTRACER9GTのカラーやスペックなどの基本情報TRACER9、TRACER900の中古情報おすすめのカスタムなどをお伝えします。(新モデルでわからないことは旧モデルで予想して載せています。国内モデルが発表された時点で更新していきます)

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後にはTRACER9/TRACER9GTのことがかなりわかるはずです。

目次

2021 TRACER9 TRACER9GT カラー

TRACER9
レッドライン


テックカモ

引用元 Yamaha UK URL https://www.yamaha-motor.eu/gb/en/

TRACER9 GT
アイコンパフォーマンス


レッドライン


テックカモ

引用元 Yamaha UK URL https://www.yamaha-motor.eu/gb/en/

2021年モデルのTRACER92色展開、TRACER9GTはアイコンパフォーマンスが加わり3色展開になっています。

2021 TRACER9 TRACER9GT 発売日

発売日:2021年?月?日

2021 TRACER9 TRACER9GT 価格

価格:?円
[参考価格(Yamaha US)TRACER9GT :$14,899(約1,555,600円 $1=104.41円換算)]

2021 TRACER9 TRACER9GT スペック

2020年国内モデルのTRACER900/TRACER900GTと比較してみました。

車種名 (型式)TRACER9 /TRACER9 GTTRACER900 / TRACER900 GT
(2BL-RN51J)
発売年月2021.?2020.2.
仕様海外国内
全長×全幅×全高(mm)2,175x850x1,430-1,4702,160x850x1,375
軸間距離(mm)1,5001,500
最低地上高(mm)135135
シ-ト高(mm)810-825850-865
車両重量(kg)213
GT: 215
214
GT: 215
エンジン型式・種類水冷4ストローク
DOHC4バルブ直列3気筒
水冷4ストローク
DOHC4バルブ直列3気筒
総排気量(cc)890845
ボア×ストローク(mm)78×62.178×59
最高出力87.5kW[119PS]/10,000rpm85kW[116PS]/10,000r/min
最大トルク93.0N・m[9.56kg・m]/7,000rpm87N・m[8.9kgf・m]/8,500r/min
燃料タンク容量(L)1818
変速機形式6速リターン常時噛合式6速リターン
タイヤ 前120/70Z R17 M/C(58W)120/70ZR17M/C (58W)(チューブレス)
タイヤ 後180/55Z R17 M/C(73W)180/55ZR17M/C (73W)(チューブレス)
ブレーキ形式 前φ298mm 油圧ダブルディスク油圧式ダブルディスク
ブレーキ形式 後φ245mm 油圧シングルディスク油圧式シングルディスク
フレーム形式ダイアモンドダイアモンド
燃費20km/L19.7km/L (WMTCモード値)

2021TRACER TRACER9GT 気になる部分

フロント、テール部分とランプ類

・スポーティでダイナミックなスタイリング。軽量なフェアリングとウィンドプロテクションは防風効果が高く長距離走行でも快適なライディングをもたらします。

TRACER9

点灯しているのはLEDポジションランプ。コンパクトに収まるテールランプもLEDを採用。

TRACER9GT

バンク角に連動してコーナリングランプが点灯します。上の写真では、ウィンドプロテクション下の向かって左側のポジションランプの内側が光っているのがコーナリングランプ。鋭い切れ長の片目が全灯となっています。

・その下には明るいヘッドライトが点灯。ヘッドライトは、ハイ/ローにわかれたモノフォーカスのLEDランプになっているのが特徴で、TRACERらしいユニークでダイナミックなデザインになっています。

TRACER9GTは、パニアケースを標準装備しています。TRACER9はオプションで3つのケースを装着可能です。各ケースはフルフェイスのヘルメットを収納でき空中に浮くフローティングシステムのおかげで、自然な乗り心地でタンデム走行もできます。
またオプションのトップケースも装着可能で総耐荷重能力は7%アップしています。

メーターとハンドルまわり

3.5インチのカラーTFTツインメーター。まるでゴーグルのようなデザインで、左右にわかれたスクリーンはダイレクトに必要な情報をみやすく表示してくれます。

・左スクリーンは、スピードメーター、タコメーター、ギアインジケーター、ライディングモード、右スクリーンはオド、水温計、トリップ1/2メーターなどを表示します。

・天候や路面状況によって、信頼のできるコントロール性をサポートしてくれる電子制御機能が装備されています。
TRACER9とGT両車とも、6軸のIMUが3レベルのトラクションコントロールシステム(TCS)スライドコントロールシステム(SCS)、前輪リフトコントロールシステム(LIF)、ブレーキコントロールシステム(BC)を制御します。

・TRACER9GTには、グリップヒーターが標準装備されています。10段階のグリップヒーターは、ハンドルバーのスクロールウィールで設定しメーター内で確認できます。特殊形状のハンドルバーには、効率的に熱を伝達できるよう薄いラバーが採用されています。

エンジン、シャーシと電子制御システム

・889cc CP3エンジンは、低回転域でも優れたトルク性を発揮するように改良され、さらにスポーティな走りを実現するように加速性とコーナーでの出口速度を極めています。

・最適化されたギア比にアシスト&スリッパ―クラッチが、よりスムーズなパフォーマンスに貢献し、新しいツインテールの排気システムと再設計された吸気システムによってパワフルな走りを実現しています。

TRACER9GTの装備
KYB セミアクティブサスペンション (上左写真)
KYB製の電子制御サスペンションが装備されています。路面状況やライディング状況に応じて、ダンピング設定を2つのモード(スポーツモードと快適モード)からTFT内で設定可能です。

アップ/ダウンクイックシフトシステム(QSS)
クラッチ操作をせずにより早くスムーズにギアチェンジができる、アップ/ダウン両用のクイックシフターが装備されています。

新設計となったCF ダイキャストアルミニウムデルタボックスフレーム軽量で剛性がさらにアップし、確かな安定性とキビキビとした走行に貢献しています。

再設計されたアルミニウムのスウィングアームはこれまでより64mm長くなり、軽快なハンドリングとともに優れた高速での安定性を実現しています。

シート

・新しくなったシートは、ライディングスタイルやライダーの体格に合わせてカスタムできるよう、工具も使わずに2つのポジションから高さを調整できるようになっています。

足まわり

・φ41mmの倒立フロントフォークは、ライディングのたびにソロやタンデムでも簡単にベストな調整ができます。コンパクトなリアショックも路面状況やライディング状況に応じて、適切な調整が可能です。

・新しいスピン鍛造ホイールはばね下重量を減らし、優れたサスペンション感覚と乗り心地、パフォーマンス性を発揮すると同時に、従来モデルより700g軽い213kgの車重への軽量化や燃焼効率向上にも貢献しています。

2021 TRACER9 TRACER9GT 燃費

国内モデルのTRACER900 / TRACER900 GTの燃費になります。走り方にもよりますが実燃費で約20~25㎞/L走ります。タンク容量は18Lになります。

単純計算になりますが、満タンにして走った場合約360~450㎞走ることになります。ツーリング使用に十分な燃費です。

2021 TRACER9 TRACER9GT 足つき

👆国内モデルのTRACER900 / TRACER900 GTのツイッター上での足つき情報になります。RACER900のシート高は850~865mmです。TRACER9のシート高は810~825mmになります。参考にしてください。

2021TRACER9 TRACER9GT 最高速度

旧モデルとなるTRACER900 GTの海外動画になります。最高速度はメータ読みで223㎞/hぐらいです。動画開始から1分39秒付近で到達しています。参考程度にみてください

TRACER900 TRACER900GT 中古情報

TRACER900の中古は2018~2020年モデルの走行距離5000㎞以内で総支払額90~100万ぐらいです。(2020.12月 グーバイクさんでの検索情報です)

新車だと1,221,000円+αです。(定価購入の場合)

TRACER900GTの中古は2018~2020年モデルの走行距離5000㎞以内で総支払額93~115万ぐらいです。(2020.12月 グーバイクさんでの検索情報です)

新車だと1,133,000円+αです。(定価購入の場合)

👇グーバイクさんの検索リンクになります。
https://www.goobike.com/index.html?_ga=2.228935964.1020477933.1594561294-1700473822.1594561294
※グーバイクさんのリンクは許可を得て貼っております(アフィリエイトリンクではありません)

バイク買取情報に興味あるかたはこちらへどうぞ👇
https://scrambler-life.com/2021-bike-king/

2021TRACER9 TRACER9GT カスタム

おすすめのカスタムパーツ(バイクカバー含む)は以上になります。汎用の商品もありますのでご購入するときは再度確認してくださいね。

まとめ

TRACER9とTRACER9GTは、これまで以上にダイナミックなスタイリング、パワフルなエンジンと最新装備を搭載した、次世代をけん引するのにふさわしいツアラーバイクとなっています。
国内販売が春以降ということですが、なるべく早い登場を期待して待ちましょう!

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。質問や疑問がありましたらコメントしてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる