新着情報更新中! 詳しくはこちら

2020年 スクーター125 新型 おすすめ 5選! 比較分析してみました

2021年 最新 おすすめスクーター125 ランキング10選でご紹介!はこちら👇

街乗り、コミューターバイクとして人気なのがスクーターですね!

とくに125ccクラスのスクーターは、通勤でもツーリングでも幅広く活躍できるバイクなので人気です。

2020年新型モデルもつぎつぎと発売となってます。

そこで、「おすすめ5選」ということで、個人的見解も含みますが、総合的な分析をもとにベスト5をご紹介いたします!
また、各スクーターの良いところなぜこの5選なのか?さらにもう2台、おすすめのスクーターカスタム情報もお伝えします。

スポンサーリンク

この記事を書いている私はバイク歴20年ほど。普通2輪免許しかありませんが乗り継いだバイクは9台になります。
そこそこのバイク乗りです。

※3分ほどで記事は読み終わります。
3分後には自分にあったスクーターがわかるはずです。

目次

2020年 スクーター125 新型 おすすめ 5選はこれです

1位 ヤマハ シグナスX(2020年新型モデル)

ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
価格335,500円(税込)

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

ヤマハ シグナスXのよいところ

シグナスXの良いところは、簡単に言うとバイク感が強いところです。

加速力があり、エンジンは静かではないです。

バイク感を味わえるスクーターなんです。

足元がフラットなところも好印象で、乗り降りが簡単です。

燃費はよくありませんが、僕的には1位のバイクになります。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

2位 ホンダ PCX(2020年新型モデル)

マットイオンブルーメタリック (受注期間限定モデル)
価格352,000円(税込)
[価格348,700円(税込)(継続色)]

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

PCXのよいところ

PCX燃費スタイル

足を前に出して乗れるので、ポジショニングが楽なところもいいですね。

スタイルよし、ツーリングにも使えます

加速など物足りなさ感はありますが、悪いところが見つからないバイクですね。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

3位 スズキアドレス125

パールノベルティブラック
価格225,500円(税込)
[スズキアドレス125 フラットシート価格231,000円(税込)]

引用元: SUZUKI URL  https://www.suzuki.co.jp/

スズキアドレス125のよいところ

アドレス価格が安いです!

更にアドレスは車重が軽いので非常に取り回しが楽なところです。

僕の地元では教習車に使われています。

通勤や普段使いには最高のスクーターでしょう。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

4位 ヤマハNMAX ABS(2020年新型モデル)

マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー)新色
価格357,500円(税込)

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

NMAXのよいところ

NMAXカッコいい

ひとクラス上の上質感があります。

PCXと同様に足が伸ばせるので、長距離の通勤やツーリングでもストレスなく走れます

洗礼されたスタイルと、ツーリングもこなせる大柄な車体は魅力ですね。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

5位 ホンダリード125

マットギャラクシーブラックメタリック (受注期間限定モデル)
価格319,000円(税込)
[パールダークアッシュブルー(他ツートーンカラー)価格319,000円(税込)
キャンディラスターレッド(他3色)価格315,700円(税込)]

引用元: Honda The Power of Dreams URL  https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header

ホンダリード125のよいところ

リード125PCXと同じエンジンを積み、更に使いやすさを追求したモデルです。

燃費と普段使いなら問題のない安定感です。

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

各スクーターのスペック比較

車種シグナスXPCXアドレスNMAXリード125
発売2020.4.102020.2.28
2019.9.262020.4.2520201.17
仕様国内国内国内国内国内
全長×全幅×全高(mm)1890x690x
1120
1925x745x
1105
1900x685x
1135
1955x740x
1115
1840x680x
1130
最低地上高(mm)115137120135140
シ-ト高(mm)775764745765760
車両重量(kg)119130109127114
エンジン型式空冷4
ストローク
SOHC4バルブ単気筒
水冷4
ストローク
OHC単気筒
空冷4
サイクル
SOHC2
バルブ単気筒
水冷4
ストローク
SOHC
4バルブ 単気筒
水冷4
ストローク
OHC単気筒
総排気量124124124124124
最高出力7.2 kW [9.8ps]/
7500r/min
9.0 kW [12ps]/
8500r/min
6.9kW
[9.4ps] / 7000rpm
9.0 kW [12ps]/
7500r/min
8.3kW
[11ps]/
8500rpm
最大トルク9.9 N・m[1.0kgf・m]/
6000r/min
12N・m[1.2kgf・m]/
5000r/min
10N・m[1.0kgf・
m]/ 6,000rpm
12N・m[1.2kgf・m]/
7250r/min
11N・m[1.1kgf・m]/
5000rpm
始動方式セルフ式セルフ式キック/セルフ式セルフ式セルフ式
点火装置形式TCI (トランジスタ方式)フルトランジスタ式トランジスタ式フルトランジスタ式
燃料タンク容量(L)6.58.06.06.66.0
変速機形式Vベルト式無段変速
無段変速式VマチックVベルト無段変速無段変速式Vマチック無段変速式Vマチック
タイヤ 前110/70-12 47L
100/80-14M/C 48P90/90-12 44J 110/70-13M/C 48P
90/90-12 44J
タイヤ 後120/70-12 51L
120/70-14M/C 55P100/90-10 56J130/70-13M/C 57P
100/90-10 56J
フレーム形式バックボーンダブルクレードルアンダーボーンバックボーンアンダーボーン
燃費
(60km/h定地燃費値)
43.3km/L54.6km/L52.0km/L50.5km/L52.2km/L
スポンサーリンク

なぜこの5選なのか?

どのスクーターも甲乙つけがたいですが、それぞれ良いところがあります。

人により良いところも悪いところに感じるかもしれませんが、僕が1位に選んだシグナスは走りだしや乗り心地がバイクに近いですよね。

だから好きなんです。

人によっては、燃費のいいツーリングにも使えるPCXが1位だろうと言う人もいるとおもいます。

短い距離を通勤にしか使わない人はアドレスでしょうね。値段は安いし通勤最速の名をかつては持っていましたからね。

チョット大柄だけどNMAXも魅力だし、意外とリード125も使いやすいと思いますよ。

おすすめのスクーターをあと2台紹介します

ヤマハ BW’S (ビーウィズ) 2020年新型モデル

ダークブルーイッシュグレーソリッドC(グレー)
価格335,500円(税込)

引用元:YAMAHA バイク・スクーターURL https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

スズキ スウィッシュ

トリトンブルーメタリック
価格324,500円(税込)

引用元: SUZUKI URL  https://www.suzuki.co.jp/

詳しい情報はこちらへどうぞ👇

スペック比較

車種ビーウィズ125スウィッシュ
発売2020.4.252018.6.26
仕様国内国内
全長×全幅×全高(mm)1910x765x11251830x690x1095
軸間距離(mm)13051250
最低地上高(mm)145120
シ-ト高(mm)780760
車両重量(kg)119114
乗車定員(名)22
エンジン型式・種類空冷4ストローク
SOHC4バルブ単気筒
空冷4サイクル
SOHC2バルブ単気筒
総排気量(cm³)124124
最高出力7.2kW [9.8ps]/7500r/min6.9kW [9.4ps]/7000rpm
最大トルク9.9N・m[1.0kgf・m]/
6,000r/min
10N・m[1.0kgf・m]/
6000rpm
始動方式セルフ式セルフ式
点火装置形式TCI (トランジスタ方式)
燃料タンク容量(L)6.55.5
変速機形式Vベルト式無段変速
オートマチック
Vベルト無段変速
タイヤ 前120/70-12 51L100/90-10 56J
タイヤ 後130/70-12 56L100/90-10 56J
ブレーキ形式 前油圧式シングルディスク油圧式シングルディスク
ブレーキ形式 後油圧式シングルディスク機械式リーディング・
トレーリング
フレーム形式アンダーボーンアンダーボーン
燃費
(60km/h定地燃費値)
40.4km/L51.0km/L

ヤマハ BW’S (ビーウィズ)の16年モデルは僕も乗っているバイクです。

オフスタイルよりなので、なんとなく林道を行きたくなってしまい実際に緩い林道に行っています。

初速のパワーはシグナスXと同じです。

妻がメインで乗っておりますが、気にいってるようです。

スズキスウィッシュはスタイルがシグナスに似ており、スペックもちょっと小ぶりな感じですが、実際にシグナスXと並べてみるとあまり変わらない感じでしたね。

値段はスズキスウィッシュの方が若干安めです。

スポンサーリンク

スクーター125 おすすめカスタム

おすすめのカスタムパーツ(バイクカバー含む)は以上になります。汎用の商品もありますので、購入される場合は再度確認してくださいね。

まとめ

僕が勝手にベスト5を付けてしまいましたが、意見はいろいろあると思います。

スペックなどをみていろいろ研究してみてくださいね。

実際に見に行くと意外と大きかったり、感じがあれ?なんてこともあるので、気にいったバイクは必ず見に行きましょう。

興味のあるバイクがありましたらバイク屋さんにGOですね。

また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。

質問や疑問がありましたらコメントしてね。

ツイッターもしていますので見てくださいね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる